こころとカラダのバランスが整うとカラダは機能的になる。

東京から高知に戻ってきて、自分の中で引っかかっていた何かが解けていった気がしていた。

昔は頑張ってガチガチのウエイトトレーニング(筋トレ)もしていたしプロテインも飲んでいた。

地上何十メートルという場所で、レッスンでグラウンディングについて話もしていた。

仕事で移動するとき時間がなくて、外食で済ますこともしばしばあったし不規則な生活だったと思う。

過去に一度それで椎間板ヘルニアを患い現場を退いたこともあったのに、またそうした状況に陥っていた。

高知に戻って4年、様々なことを経て色んなことが変わった、これからも色んなことが変わるだろう。

だけど、自分の中でこれだけは変わらないと思える軸が定まってきた。それを少しずつ発信していきたいと思う。

 

機能的なカラダって何だろう?

1

アクロバティックな動きができること?それとも高い身体能力を持っていること?

それとも痛みや不調のないカラダで日々を過ごせること?心とカラダが落ち着いていること?

私たちはそれぞれ違った暮らしをしているのだから、ひとことに機能的と言っても人により違う。

テクノロジーが進化して色々と便利になってきたのに、腰痛に悩む人は未だ4000万人を超え

こころの病を患ってしんどい思いをしている人も癒えるどころか増え続けている。

どこか、何かがオカシイ気がする。

もちろん、高い身体能力を持ち観衆をあっと言わせるようなパフォーマンスをすることは素晴らしい。

それと同様にこころとカラダが健全で、カラダに不調なく日々の生活を送れることも同様に素晴らしい。

私は、機能的なカラダというのを“意のままに動くカラダと健やかな精神状態にあること”と定義したい。

 

自然が近くにあるとカラダはみずみずしくフレッシュになる

pre nature trekking

高知に戻ってきて4年、これまで活動してきた場所のどことも異なる場所で戸惑うことも多かったが

これまで活動してきたどの場所よりも気持ち良く暮らすことができ、カラダも生き生きしてきた。

それには色々な理由があると思うけれど、自分が感じたことをピックアップしてみることにする。

  • 空気が美味しい
  • 食材が新鮮で美味しい
  • 生活する場所と自然との距離が近い
  • 自然の中でカラダを動かすチャンスが多い
  • 早く寝て早く起きる

ざくっと例を挙げてみるとこんな感じだろうか。

考えてみると、ひとは食事をしてカラダを動かし休養をとる。

もちろん全ての生物がそうなんだけれども、これが不思議で街で暮らしているとわからなくなる。

改めて考えると4年の歳月を経て感じたことは、リトリートと言われる考え方と同じだなと思う。

 

リトリートとしてのネイチャーウォーク

具体的に言うならリトリートは、そういったストレスに直面する機会の多い日常生活や社会生活から

少し距離を置いた環境の中で、自分自身をゆっくりと内観し、身体に優しいオーガニック食材や

地元のパワーにあふれた自然食品を食べ、無理なく身体を動かし、そこで出会う日常とは違った

全く新しい人々との出会いにより、心と身体を人間本来が持つ健全なバランスを取り戻そうという考え方だ。

th_2014-04-23 14.01.28

ネイチャーウォークは手結山の稜線上標高250mに位置する考える村のフィールドで行っていて

自然の懐に抱かれたこの場所で、気持ち良くカラダを動かしたあと地元食材を使った食事をいただく。

th_IMG_0141

開放的なホールでは時間の流れを忘れるほど、ゆっくりとした時間が流れていて

th_IMG_0006

ゆっくりと物思いにふけたり、読書をしたり、周辺の山道を散歩してみたりと思い思いの時間が過ごせる。

 

人が生きていく上で一番の基本となる動作 “歩く” ことにフォーカスする

  that is wisdom

たくさんの情報があって、色んなことを試したくなるのは凄くわかる。

だけど自分の暮らしの中で基本となる、食事運動(移動)、休養(ケア)を疎かにするのはもったいない。

ということで、ネイチャーウォークではそれらを掘り下げ、自分と向き合うきっかけを大切にしている。

24時間、365日ずっと続いていく日常が豊かにするためのちょっとしたワークショップと言ったところ。

たった数時間でも必ず何かは変わる。何もしなければ変わることはない。

人に話をすることは、自分の知っていることを話す、人の話を聞くことは自分の知らないことを知ることができる。

まだ行ったことのない場所で、知らない人と逢って、見たことのない物に触れ、新しい何かを発見してみませんか?

2015年度のネイチャーウォークは残すところ、11月12日(木)と12月19日(土)の2回となっています。

11月12日は新月も重なって夜は綺麗な星空が見れるかもしれませんね!みなさまとお会いできるのも楽しみにしています。

身長を伸ばす方法は適切な運動・食事・睡眠だと思う。

この夏、全日本中学校バレーボール選手権大会に出場した中村中学校バレー部の

保護者の方から「子供の背を伸ばす方法は?」という質問をいただきましたので

自分自身の体験も含めて記事にしたいと思います。

親の身長が低いと子供も身長が低い。とは限らない。

height

私の両親の身長 母:146cm 父:165cm とわりと小柄ですが、私も弟も 178cmほどに育ちました。

ちなみに両祖父母も身長は低かったと記憶しています。

これは自分自身の経験だけなので、何の参考にもならないかもしれませんし、

もちろん遺伝的なものは作用するとは思いますが、絶対ということはないように感じます。

ちなみに兄弟ともに身長が伸びたのは中学校〜高校時にカルシウムを積極的に摂取したこと

(ご飯とカルシウム錠剤を一緒に炊いていた)そして他のおかずと一緒に食べることで

吸収バランスが良くなったりしたのもあるかと思っています。

もちろんそれだけではないと思いますけどね。

 

骨の構造から考えてみる

fig1

ざっくりですが骨が成長するメカニズムは、骨の端部分にある軟骨組織が増殖することと言われていて

この軟骨組織への栄養供給(カルシウム、コラーゲン、ビタミンD等)が鍵になってくるとされています。

あまり人のカラダを建築構造物に例えたくないのですが、例えるなら鉄筋に当たる部分がコラーゲンで

カルシウムはそれら鉄筋のまわりに着くコンクリートというのがイメージしやすいかと思います。

さらに骨の端は“軟骨”組織なので構成する成分としてはコラーゲンとなります。

他に日光を浴びることでカルシウムの吸収が高まったり、コラーゲンの吸収にビタミンCが必要だったり

といえばきりがないのですが、外部からの十分な栄養供給が大事であることは間違いありませんが

詳しく知りたい方はご自身で詳細をお調べください。ともあれカルシウムだけじゃダメですよ!!

 

重力と骨

11b5d2a90a4a3ef25785b5c0b3d56dc3

宇宙飛行士が地球に帰還すると、骨はもちろんカラダがぐっと老化するという話は知っていますか?

私たちは1Gという重力下で生活していますが、この避けて通れない条件下でカラダは進化しました。

生まれたばかりの赤ん坊は立つことはできず、重力に適応するのに一所懸命カラダを動かして

四肢の自由を獲得して2本の足で立つわけですが、この“重力”が大きな影響を及ぼしています。

つまりどんなに栄養を与えても重力面での刺激がなければ、骨端の軟骨組織の成長も望めないはずです。

今はどうかわかりませんが、20年程前はバスケットボールをすると身長が伸びると言われていました。

バスケットボールに限ったことではないですが、急なダッシュやストップがありジャンプもして

小刻みに上下の刺激が加わり、時として体重の何倍もの力がかかることから理に適ってると言えますね。

 

ということで、本当にざっくりとしか書いていないのですが

身長を伸ばす方法をまとめてみると、重力に合わせた運動刺激、バランスの良い栄養供給、質の良い睡眠

ということになりそうですね。いやぁこうして書いてみると全く月並みのことしか書いていませんね。

ちょっとでも参考になれば嬉しいです◎他にも質問なんかあればまた教えてください!!

どうやったら効果的なトレーニングになるのか。

昨日、体幹と体幹トレーニングについて書きましたので、続きを少し。

カラダには個人差があるので、写真のようにこの動作をすれば良いという具体的なことは

誤解を招いてしまっても困るので、具体的な動作を文章にするのは避けさせてもらいますね。

じゃあ、何の続きなのかというと体幹トレーニングやカラダに対するイメージについてです。

 

筋肉は硬い。また硬い筋肉ほど強い。という迷信を捨てましょう!

2edb6f0f8cef1faf4de29af66fd47460

唐揚げは好きですか?豚の生姜焼きとか?すきやきとか?好き嫌いはさておいて

こうした料理には柔らかいお肉が好まれますよね??硬い筋張ったお肉じゃなくて。

私たちはお肉というと柔らかいもののイメージですが、筋肉というと硬いイメージを持ちます。

お肉も筋肉も、それぞれ同じものなのに対象が変わる性質まで変わるんですね。

仮に「硬い筋肉」が良いとして、硬さは柔らかさを欠いている状態なので弾力性や伸縮性がなく

劣化したゴムのように簡単にバチーン!!と千切れてしまいます。

もちろん硬いのが悪くて柔らかいのが良いのではなくて、硬いだけというのが問題なのです。

 

孤立してトレーニングをするのを止めませんか?カラダは部分だけでは動きません。

526b4bf2d2769710d3b28ef46a04e914

確かにカラダのあちこちが自分のイメージと違っていたら、ちょっとここだけと思ったりするでしょう。

それも少しはわかります。だけれど憧れているモデルの誰々さんとあなたは違うんです。

それに例えば腕を使わず生活したり、足の指先だけで生活するのは難しくないですか?

歩くと手脚は動き、呼吸をすれば胸やお腹周りが膨らみ、手先を使って食事をすれば頭が動きます。

あなたのカラダは部分で動いているわけではないし、部分だけを鍛えて何かが起こるわけではない。

それならむしろ、今あるカラダの状態で120%のちからが発揮できるよう全体が統合できたほうが

動きもスムーズになるし、仮にどこか引き締めたいところがあったとしたなら、その箇所だけではなく

全体をぎゅっと引き締めることができるようになってより良い状態になると思います。

 

イメージ通りにカラダは動く、イメージ通りにカラダは作れる、正しいイメージ(地図)を持とう。

stretchyoga

カラダを動かすとき、カラダを作るとき「どのように全体で機能するか」はとても大切になります。

走ることはしんどい。と思っている人には「どうやったら楽に走れるか」ということは想像できません。

あるいは加齢とともにカラダは衰えると思っている人には「衰えのこないカラダ」は作れません。

別の話に例えると、冷蔵庫を開けて中の食材からメニューが思い浮かばなければ料理はできませんし

旅行先の知らない街で、目的地までの地図がないと一人でそこへたどり着くこともできないでしょう。

ただ闇雲にやるのも一つの方法ですが、専門知識を持っている方に相談をすることで

正しいカラダのイメージや動きを身につけるための方法を自分であれこれ調べるより簡単に教えてくれるはずです!

ちょっと動画とかあるかもしれない☺️と楽しみにしてくださってた方はごめんなさい。

せっかく興味を持ってくださったので、もしよければ個人セッションを受けてみて下さいね☺️

必ず納得する結果が手に入ると思います。

 

続く。

体幹・体幹トレーニングってなんだろう。考えたことありますか?

しばらくイベントの告知ばかり続いたので、今日は一味ちがったテイストのものを。

「体幹」って言葉は聞いたことがあるとは思うんですが、どんなイメージを持ってますか?

taikan

太くどっしりと揺るがない感じ?それともシュッと芯が通っている感じ?強固なコンテナみたいな感じ?

人によって様々なイメージを持ってると思いますが、カラダはイメージのように動きます。

例えて言うなら、骨折したらギプスで患部を固めたら外した時に思い通りに動かない。あれです。

敢えて言います。

「体幹トレーニング=カラダを固定させた状態」というのは本来の機能を高めるものではありません。

固定ではなく周囲の状態に連動し、的確に対応できるだけの柔軟性がある動きを身につけるものです

この動画は、首の周りの骨格模型で動かしているものですが、首の骨(頚椎)は胸椎、腰椎と

下へ下へと繋がり背骨を構成する一部になっています。

動きは連鎖するので、一部を固定させようとすればたちまちに全体の動きは鈍くなり

全てのスポーツはもちろん、日常生活でもいろいろなシーンで動きに不協和が生じてきます。

その不協和が痛みになったり、痺れになったり、パフォーマンスの低下ということになります。

もともと人は動くいきもの(動物)なので、動きの連動がスムースに行くか否かがポイントになります。

2つめの動画でも息をこらえながら力を入れてパフォーマンスをしているシーンはありませんよね?

まずは「固まった箇所」を解きほぐすところから。というのが本来あるべき体幹トレーニングです。

全てのアスリートはもちろん、腰痛や肩こりなどで「腹筋や背筋が弱いから…」と言われたことがある

一般の方も正しい体幹のイメージを持ってトレーニングに臨むとカラダはすぐに変わりますよ!

美活ピラティス、午後のクラスを増設しました!

 

全6回シリーズで行なわれている”美活ピラティス”

インストラクターのmayaさんの楽しくリズミカルなレッスンが魅力です。

これまでは休日の午前中に行われていましたが、ご好評につき

同日の午後からの枠も増設させていただきました!

12170363_10207559645531821_2001495308_n

ピラティスをするとどうなるの?ということをよく聞かれますが、ざっくり説明すると

カラダの深層にある筋肉群(インナーマッスル)を動かすようなエクササイズで

それらを動かすことで、骨盤周辺の筋肉が活性化し始めたり、そのことによって

体温が上がるようになったり、広くいうと腰痛や肩こりにも非常に効果的なエクササイズです。

とは言っても、まずは実際に体験してもらってmayaさんと直接お話ししてもらう方が良いはずです。

まだ空きがあると思いますのでご予約は担当インストラクターまでお願いします。

 

自分のからだをデザインできるようになるスペシャルレッスン

10月12日(祝)体育の日 “ 姿勢 ” をテーマとしたグループレッスンをやります。

ナビゲーターはピラティスインストラクターのmayaさん、バレエ講師のsachikoさん、私の3名。

 

スポーツをしている人も、そうでない人も、ダイエットをしている人も、そうでない人も

カラダに不調がある人も、そうでない人も、カラダを動かしていない人も、いない人にも

ちょっとしたことで“  気持ちよくカラダを動かせるようになること ”を知ってもらいたい。

2014-10-22 12.35.36-1

ピラティスもバレエもちょっと難しそうなイメージがあるけれども、どちらもシンプルで

機能的で適正なカラダの動き方を順番に身につけていくエクササイズです。

女性にはもちろんのこと、回転系のスポーツ(ゴルフ・野球・サッカー・テニスなど)を始め

姿勢によって大きな差が生まれるマラソン水泳をやっている方にもオススメです◎

インナーマッスル(骨盤底筋群)を刺激していくので、産後の方なんかにもオススメです。

exercise

こう書いているとほぼ全ての方にオススメしたいエクササイズですね。

事実、ピラティスの始まりは医学的なエビデンスがありますし、バレエとピラティスの相性も抜群です!

ピラティスガイドより引用
ピラティスガイドより引用

今回のレッスンを組み立てるにあたり考えたことは、カラダの癖をリセットすることを始めに行い

そこから徐々にエクササイズを動きのなかに落とし込み、日常でのカラダの使い方に変化が生まれる

そうしたフローでレッスンプログラムを組んでいるので、単発受講もいいですけれど

効果を感じたいならぜひとも3コマ続けて受けると明日からのカラダの変化を実感してもらえます?

 

 

【タイムスケジュール&料金はこちら】
——————————————————————————
13:00〜13:45 腰と骨盤周りのコンディショニング
担当 Hirota  / 料金 ¥1,500-  / 定員 6名
14:00〜14:45 ピラティスvol.1
担当 Maya  / 料金 ¥1,500-  / 定員 6名
15:00〜16:00 バレエエクササイズ
担当 Sachiko / 料金 ¥1,500-  / 定員 6名
16:15〜17:00 ピラティスvol.2
担当 Maya  / 料金 ¥1,500-  / 定員 6名
17:15〜18:00 首肩周りのコンディショニング
担当 Hirota  / 料金 ¥1,500-  / 定員 6名
——————————————————————————
ご予約はウェブサイトからお願いします。
http://airrsv.net/bodywise/calendar

 

 

 

NHKの朝の番組でネイチャーエクササイズが取り上げられました!

NHKのおはよう四国でネイチャーエクササイズが特集されました。

エクササイズのナビゲーターは私、小林が担当させていただいています。

ネイチャーエクササイズ2

太平洋を眼下に望む “考える村” の森の中を1時間ほどかけて歩きながら

こころとカラダともに気持ち良く整えていくプログラムとなっています。

 

プログラムは会場となる施設での“コンディショニング”から始まり

ネイチャーエクササイズ3

“正しい歩き方の取得”や、ちょっとユニークな“薪割りをしながらの全身の筋トレ”があり

ネイチャーエクササイズ4

ネイチャーエクササイズ5

 

ネイチャーエクササイズ6

 

そして緑に囲まれた森の中での“ストレッチ”というような内容です。

またプログラムでは、vibram fiveringers®を履いてもらうことで

ネイチャーエクササイズとvibramfivefingers

ひと本来が持つ身体能力を呼び覚ませるようにもなっています。

実際のところ、ひとが持つ本来の身体能力ってどうなの?と思いますよね。

なのでロケに参加してくださった江河キャスターのbefore-afterの写真をご覧ください。

ネイチャーエクササイズ7

ちょっとわかりにくいので拡大したものがこちらです。

ネイチャーエクササイズ8

本人も長年悩んでいた姿勢が短時間で驚くほど改善されていることからもお判りいただけると思います。

自然のなかでカラダを整えて、そこで身につけた動きは日常にも大きく反映されます。

ネイチャーエクササイズ10

このエクササイズを通して自分のカラダを変えてみたい!!と思ったみなさまのご参加お待ちしてます。

お問い合わせはこちらから

 

しなやかで柔らかいカラダを作りたいならぜひ!

スポーツの秋、いろいろとカラダを動かしたくなるし、食欲も出てくるから動きたい。

だけど、運動をするための時間を作るのが難しい。というのが実際のところ。

カラダを動かすことは誰でもできる。

ひとりでもくもくとできることも素晴らしいけど、カラダのことに詳しいガイドがいると

そのエクササイズはより一層効果的なものになる。

誰でもできるからこそ、質にこだわることが結果に繫がってくる。

一石二鳥、一石三鳥でゆっくりと時間をかけて自分らしいカラダになる。

そんなBODYWISEのグループレッスン(トライアル)始まります。

FTCが目指すのはシンプルでむだのないカラダ

カラダの不調がなくなることで日常の暮らしを豊かになったり

オシャレをする楽しみが増えたり

美味しく食事をすることができるようになったり

この秋、自分自身に合ったカラダ作りはじめませんか?
FTC

日時 9月19日(土) 13:00 〜 14:00

料金 ¥2,000-

定員 5名 (先着順 予約制)

申込 メールまたは電話にて

スポーツの秋、ゆっくり丁寧にグループレッスン始めてみませんか?

グループレッスン続々。

9月からの“美活ピラティス season2”は明日が初日です。

初回のテーマは”呼吸”となってます。

手の動きがどう呼吸に影響するのかとか、呼吸によって骨盤がどう影響を受けるのかとか

そんなメカニズムを動きを通して解りやすくナビゲートしてくれるのはピラティス指導者のmayaさん

11097995_10206228885623655_1872518451415607310_n

明るく、自然体な彼女のレッスンは丁寧でわかりやすいのでオススメですよ◎

 

FTCも始まります!!まずはお試しから★

カラダのことを基礎からゆっくり丁寧に、機能的なカラダをつくるためのグループレッスンも開始。

タイトルはFunctional Training & Conditioningの頭文字をとってFTCになりました☺️

FTC

9月16日(水)10:00〜11:00と9月19日(土)13:00〜14:00でオープニングレッスンがあります。

定員は5名、料金はお試し価格として2,000yenとなってますのでご興味のある方はぜひ◎

快適にカラダを動かすところから始めるクラスですので、どなたでもご参加頂けます。

予約優先制とさせていただきますので、ご参加を検討したい方はお早めにご予約くださいませ。

ご予約やお問い合わせ等についてはこちらから!たくさんのご参加お待ちしております!