腰が痛くて…といってスタジオを訪れて下さる方
速く走れるようになりたくて…と訪れて下さる方
痩せてカッコいいカラダになりたいと訪れて下さる方
色んな想いの方がBODYWISEを訪れてくれます

個人的に、私たちトレーナーという仕事はカラダを信じることが基本にあって
またクライアントさんにも自分のカラダを信じてもらうきっかけを作ることだったり
カラダを動かすことの“気持ち良さ”や、意図した通りにカラダが動く“喜び”だったり
カラダを動かすことで変化する“心とカラダの関係性”に気づいてもらうこと
なんじゃないかなと思いながらお仕事をさせてもらってます

気がつけばこの仕事を初め10年余、国内外たくさんの方とセッションをしてきました
セッションを通して「人のカラダの可能性は無限大である」ということを感じましたし
どこの国でも、いくつになっても、カラダが快適に在りたいという
意識はしないけれども潜在的?本能的?にある感覚はある程度 万人に共通するようです

日頃手放せないコルセットをつけるのを忘れてたと嬉しそうに笑って下さった方
手術した膝の調子が改善され日常生活で走れるようになったと喜んで下さる方
趣味のスポーツで記録が伸びたとびっくりして下さる方
腰痛がひどく歩くのも煩わしかったのに息を切らすほど走ってスタジオに来て下さる方
何十年と座れなかった胡座ができて嬉しそうにこれまでの経緯を話して下さる方
減量に成功して少しずつオシャレを楽しんでいる方

これまでチャレンジするのを躊躇してたけれど、でもちょっと“夢”に届きそうだから
いままでより少しだけ“変わろう!”と自分を鼓舞しながら挑戦している姿を見ていると
そっと手を添えてその夢を応援したいという気持ちになりますよ

先日、後期高齢者といわれる方々とのセッションを通して感じたことですが
カラダが軽くなると気持ちも表情も一瞬にしてパーっと明るくなるのです
ちょっと大袈裟な表現をすると“生きている喜びを噛みしめる”と言った感じ

これまで不調を当たり前としていたとしても
その方が何をどう変化させたいと望むのかをイメージできたら

いつだってカラダは変わってくれますよ
カラダは愛情を注いだ分だけ答えてくれるから

9f669ded98af82f6b1eafec17620c39f

*自分のカラダに愛情を*

画像引用元:https://www.etsy.com/listing/96829713/love-yourself-art-print

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう