BODYWISE

こどもたちにカラダの使い方を知ってもらいたいな〜!!

投稿日:

こんにちは、全米ストレングス&コンディショニング協会認定パーソナルトレーナーの小林です

みなさまGWはいかがお過ごしでしたか??GWに何かイベントを!!と思った時には時既に遅し…

スタジオはいつもと変わらない時間が流れていましたが、その中で嬉しかったことがありました

happy

画像(http://www.osovictoria.com/)より

 

思春期の少年とのセッション

姿勢が悪いのが気になってと、スタジオを訪れてくれたのは思春期全盛期の中学3年生男子。

トレーナーだか何だか知らないけど、オレは何も困ってないしせっかくの休みを…みたいな感じ

というのは言い過ぎかもしれないけれど、やっぱりどこか気恥ずかしいし落ち着かない様子

formroller中学生の時はあれこれ能書きを言われるのがイヤだったので、感じてもらおう!ということで

今回は姿勢に対して抜群のパフォーマンスを誇るフォームローラー&コンディションボール

ときどき垣間見える「あっ!!何か変わった」という驚き、そして平静を装うコメント。

そうそう、それでいいんだよ!でも意識に上げることが大切なので変化を言葉にしてもらう(笑)

しつこい大人でごめんねとは思いつつも、変わっていくプロセスを具体的に感じてもらう為に

あれこれしつこいほどに声をかけさせてもらいました。

カラダのイメージが変わると世界が変わる

例えば地図もナビもなしに知らない町を歩くのは大変だけれども、地図があるだけで楽に動ける

同じように「自分の普通」が普通じゃなかった!と気づけたら、その瞬間からカラダは変わる

今回の男の子も、たった小一時間で姿勢が劇的に変わって、立ち上がった時戸惑っていたけど

セッションを終えて帰るときは、すっかりスタジオに来た時とは見違える姿勢になっていた。

grounding

カラダの使い方を知ると豊かな時間を送ることができる

高校→大学→社会人と腰痛を煩い、最終的に医者に相当キツいことを言われたから解ることだが

カラダの正しい使い方を知ってたら、痛みに対してどうアプローチしたら良いかがわかるし

怪我をしたときの対処もわかる、もちろん専門的なことは専門家に任せればいいんだけれど…

なんでストレッチをやるのか? やるとしたらどんなストレッチが必要なのか?

どうして腰が痛くなるのか? どうして同じところばかり怪我するのか?

リハビリはどうすればいいのか? ちょっとしたことを知ってるとずいぶんとカラダは楽に。

そして楽なカラダは高いパフォーマンスを発揮することができる。

スクリーンショット 2015-05-07 17.00.57

ということで、これもまた近々クラブ活動や、学校、そうした場で実現させたいと思います。

 

Adsense

Adsense

-BODYWISE
-, ,

執筆者:

関連記事

ロコクロ体操

高知県西部の黒潮町とロコモティブシンドロームの予防を目的とした体操を考案しました。 少子高齢化が進む現代社会では加齢を重ねた際の体力維持はひとつの課題になっています。 都市部とは異なりカラダを動かすこ …

コンディショニングって何?コンディショニングスタジオってどういう場所?

コンディショニングスタジオという場所について コンディショニング:よく耳にする中でなんとなく漠然としたイメージのこの言葉ですが、 私が所属している全米ストレングス&コンディショニング協会(NSCA)の …

なんとなくわかるようでわからない、コア・体幹・インナーマッスル①

次の式が解けますか? シンプルな四則演算の問題ですが、答えはいくつでしょう? 確信がある方もいるでしょうし、ちょっと悩む方もいるでしょう。 体幹やコア、インナーマッスルといった言葉(概念)も同じで 「 …

速く走るためには頑張るんじゃなくて考える。

子どもの頃、速く走れるかどうかは超重要課題だった きっと今も昔も小学校のときに”速く走れる”かということはとても重大ミッションだった。 ふだん、サッカーをしたり鬼ごっこをしたり遊びでは速さを何かでカバ …

4月の休館日について

こんにちは、全米ストレングス&コンディショニング協会認定パーソナルトレーナーの小林です 東京で資格継続の為の勉強会に参加するため 大変恐縮ですが4月1日から4日まで休館とさせて頂きます。 そも …

気になるワードを記事から検索

オススメアプリ

プロフィール

Hirota Kobayashi
ボディワーカー・パーソナルトレーナー
友だち追加

おすすめ記事

良く読まれている記事

【よく読まれている記事】

腹筋について思うことあれこれ

鍛えるのは筋肉ではなく脳・思考・空間把握能力

生きるということ

Facebook page