ネイチャーウォーク@考える村

コバヤシヒロタ

こんにちは、全米ストレングス&コンディショニング協会認定パーソナルトレーナーの小林です

昨年から取り組んできた「ネイチャーウォーク」が高知東部博のアクティビティとして採用され

週末はそのプロモーションとして芸西村は黒潮CCを眼下に望む考える村へ行ってきました!!

2014-12-14 12.48.38

頑張らないエクササイズ

一般的に、私たちは ”がんばること” が好きです。

640x400_Work-Hard-640x400

幼い頃からそう周囲から声をかけられ、頑張った結果褒めてもらう成功体験を重ねてきたから。

頑張ることは決して悪くはないのですが、頑張って頑張って頑張り続けるとどうでしょうか?

” がんばる ”と息が止まりがちになったり、カラダにギュッと力が入ったり、神経が高ぶったり…

また頑張ることが習慣的になってくると、そうした状態が四六時中続いていくことになってくる

ネイチャーウォークは、その” がんばる ”をON/OFFで切り替えるのが目的のアクティビティです

カラダは思った以上に繊細で、五感で感じたことでカラダは変化する

意識して頑張らなくても、私たちのカラダは結構力んだ状態でいることを知ってますか?

例えば、上司や取引先の方に怒られたとき咄嗟におなかに力が入っていたり。

街の中で歩いていると、自動車が行き来する音、信号の電子音、店から漏れる音があって

それらを無意識に聞かないようにしようとカラダは鼓膜に力(張力)をかけていたりします。

キレイに見せようと肩腰回りにも力が入っていたりするし、聴覚、嗅覚、視覚などは驚くほど

敏感に外界からのストレスに対して自己防衛本能を働かせています。

私たちのカラダはおじぎそうほどではないにしても。。。

考える村

自然の中に居ると少しリフレッシュするとか、癒されるとか、ほっとした感じになったり

外で食べるカップヌードルが普段より格段に美味しく感じられるようになったりとか

そうしたことは、緊張状態から解放されて五感がゆるむので外部からの情報に対して

日頃よりゆとりのある状態で情報を受け取ることができるからなんですよね!!

当たり前すぎて意識しない五感を呼び起こす自然系エクササイズ

五感からの情報でなく頭でっかちになって、心と身体が分離する傾向にある現代人たち…

緑の森の中で、すっと鼻から入ってくる雑木林の匂いだとか、小鳥のさえずりだとか、

つちを踏みしめたときのあの優しい感覚だとか、松ぼっくりを踏んだときの感触だとか

草に触れ、木の幹に触れ、光の濃淡を感じながら静かな森の中を歩いていくと意外なものや

意外なことに出会う回数が圧倒的に増えてきます。

nature trekking

ウォーキングやハイキングという単体的要素だけで構成されるアクティビティではなく

カラダのことや、カラダの動きの観点からもチェックさせてもらっています!

考える村までお越し頂いておいしいごはんを食べると帰るころには、心もカラダも軽くなる

そんな肩の力の抜ける、カラダの無駄な力が抜けるアクティビティです。

新しいカラダの整え方としてもそうですし、余暇の過ごし方や自然の中での過ごし方など

いままでにはない体験!ができるのでぜひ考える村へ足を運んでみて下さいね!!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

タイトルとURLをコピーしました