BODYWISE

ひとりひとりのカラダは違うのです、万人に共通の運動処方なんてありません。

投稿日:

こんにちは、全米ストレングス&コンディショニング協会認定パーソナルトレーナーの小林です

今日は黒潮町入野にある集会所に呼ばれて、人生の大先輩方と一緒に運動をしてきました。

www.usnews

同級生のおばあちゃんなんかもいてアットホームで楽しいレッスンができました!

これも田舎ならではの良い所!レッスン後はお菓子を囲んでの談笑も楽しかったです。

が、いつものことながら指導に集中していてレッスン風景の写真がないのでイメージで失礼…

その運動処方は明確な意図、理由が必要です!

腿上げを40回やったらカラダにいいって聞いたんだけど…

レッスンが終わって、お茶会をしているときに参加者のひとりからこんな質問を受けました。

確かに、何かカラダを動かしたら何かしらの効果、カラダの変化はあると思います。

だけど、「○○を何回やったらこうなる」と言った魔法のような運動処方はありません。

例えば、肩が痛い方に腕を頭上に上げる動作を10回したら肩が良くなるなんて口が裂けても言えません

イメージはwww.jlc-ondemand.com より引用

イメージはwww.jlc-ondemand.com より引用

図のように運動はカラダのメカニズムに則って、明確な根拠・理屈があって紹介されるべきだからです。

また、どういう意図を持ってその運動処方をしたかということは伝言ゲームの中では正しく伝わりません

できることならそうした運動処方を行う場合は、素人でもわかるようシンプルに伝えるとか

解りやすいようにテキストやイメージ映像をつけてあげるとか伝える側も創意工夫が必要になります。

解らないからこそ、詳しい方から正しい知識を受け取る

身近にある雑誌やDVDなんかを手に取って、そこに載っていることをやってみたりも良いですが

あの人の腰痛と、自分の腰痛は違う原因から来ているんですからなかなか良い反応が得られない

そして徐々にそのことから意識が離れて行ってしまいますよね。

で、やらなくなる。

絶対とは言いませんが、できることなら運動指導をしていて正しい知識を持っている方から

直接その運動処方の「なぜ?」を聞いて下さい、そしてカラダに感覚を向けて動いてみて下さい。

不快に感じたらその動きが不快だと伝えてください。

カラダに対する知識を豊富に持っている方であれば、その動き以外のあなたに合った代替案を提案します

あなたのカラダはあなたが一番解るのだから、他の誰かに任せないで自分の感覚をベースにした上で

詳しい方のアイデア(運動処方)を自分に合った形で取り入れて下さい、そしたらカラダは必ず反応します

article-2547992-1B0BEAF600000578-672_634x401

 

Adsense

Adsense

-BODYWISE
-,

執筆者:

関連記事

不調や痛みについて、答えはからだが知っている。

からだは答えを知っている 私たちのからだを動かす骨の数に大きな差はない。 同様に、骨と骨をつないでいる靭帯や腱にも大きな差はない。 だとしたら、これだけ姿勢や歩き方が違うのはどうしてだろうか? 腰や肩 …

どうやったら効果的なトレーニングになるのか。

昨日、体幹と体幹トレーニングについて書きましたので、続きを少し。 カラダには個人差があるので、写真のようにこの動作をすれば良いという具体的なことは 誤解を招いてしまっても困るので、具体的な動作を文章に …

からだに対する数学的考察

数学的視点からの考察 フィボナッチ数列という言葉を聞いたことがありますか? このフィボナッチ数はとても美しい規則性を持ち、想像することを加速させます。 TEDでわかりやすく解説されているので、興味があ …

自分のことは自分でやろう! 〜高齢者を対象とした運動教室@高知県黒潮町〜

運動教室に参加する動機… 育った町で春から始まった月イチの運動教室も今日で6ヶ月が経過 この町の住民の半数はオーバー60だけど、畑をしてたり漁に出たりまだまだ元気!! 実際、この運動教室の …

ワークショップ精神と時の部屋ってどんなことするの?

”精神と時の部屋” ってどんなことするの? とご質問をいただくので、どんなワークショップなのか、その魅力を伝えたいと思います。 そもそも精神と時の部屋というのは、ドラゴンボールで悟空が修行をした、時間 …

気になるワードを記事から検索

オススメアプリ

プロフィール

Hirota Kobayashi
ボディワーカー・パーソナルトレーナー
友だち追加

おすすめ記事

良く読まれている記事

【よく読まれている記事】

腹筋について思うことあれこれ

鍛えるのは筋肉ではなく脳・思考・空間把握能力

生きるということ

Facebook page