BODYWISE

「筋肉がないから…」えっ?! Σ(@ω@;)な、なに言ってるんですか?

投稿日:2015年8月5日 更新日:

こんにちは、全米ストレングス&コンディショニング協会認定パーソナルトレーナーの小林です

もうそろそろこの件にも飽きてきたという声もチラホラ聞こえてきそうなので…

新たなパターンを考えてみようかなと思うんですけど、何か良さそうなのってありますか?

まぁ、そもそも良さそうも何も「辞めたらいいやん!」って話ですよね。

まだまだ自我を捨てるには修行が足りないようです。。。

筋肉を増やす?それとも筋肉を動かせるようになる?

エゴとパワーって似てますよね、求めればきりがない。

スタジオを訪れる方も「筋肉がなくて…」とさも当たり前のようにおっしゃいます。

だけど、本当に筋肉(もしくは筋力)ってないんでしょうか?

筋肉は強さの象徴でもあるし、そんな風に考えてしまうのも一理あります。

トレーニング(筋トレ)の意味は、筋量を増やすことだけではないですよ!!

カラダの中で内臓以外の筋肉は随意筋(意のままに動かせる筋肉)とされ、脳からの指令で動きます。

当然トレーニングには複数の意味が含まれます。
image
カラダを大きくするための筋トレをしたアスリートにしかわからないかもしれませんが

筋肉を増やすためのトレーニングは血のにじむような努力が必要です。

普通の生活をしている人間には無縁の世界かもしれません。そのぐらい簡単ではないのです。

じゃあ筋トレって何のためにするの?

筋肉を意のままに動かせるように、動作を反復し筋肉と神経の結びつきを強くして

動作に用いられる筋肉(の単位)を多くすることを意味します。

筋肉は重い

fatandmuscle
油が水に浮くのは、比重が軽いから。一方で筋肉は水には浮かばず沈みます。

つまり筋肉をたくさんつけることは重りをつけることとも言えます。

もちろん筋肉が悪いんじゃなく、意のままに動かせないままに筋肉をつけると言葉通り足枷になります

野球選手が肉体改造を失敗して現役を退いたのはちょっとだけ有名な話かも知れません。

ちなみに水泳選手のカラダがきれいな流線型をしているのは、皮膚に近い部分に脂肪の層があるから。

血のにじむような努力をして筋量を増やすトレーニング自体を否定するものではありません。

ただ、血のにじむような努力をせずとも動作における筋肉の単位を増やすことでカラダは変わります。

そして随意能力を高めるためのトレーニングは、普通の暮らしをしている方に最適なトレーニングです

どうしてもイメージが先行してしまう筋トレ、間違ったことをしてコンディションを落とすより

最低限の努力でカラダを変えて、カラダが変わってからもう一段階という段階を踏んで欲しいものです。

今ある筋肉で100%の力を発揮できるように、次回、筋肉の状態についても触れていきます。

Adsense

Adsense

-BODYWISE

執筆者:

関連記事

高齢者のためのエクササイズ【股関節の可動域を改善する】

股関節の機能改善 転倒の原因にもなる股関節可動域の低下、脚力の低下ですが、 タオルを使ったエクササイズで、可動域を簡単に改善し、脚力を向上させることが可能になります。 関節可動域が広がることで、脚力も …

カラダの使い方についてだったら任せてください!

こんにちは、全米ストレングス&コンディショニング協会認定パーソナルトレーナーの小林です 色々と発信したいことがあるのに、なかなか効率よく発信できていなくてちょっと凹み気味。 とは言いつつも、カ …

トーマスマイヤーズ氏WS

3月は著書アナトミートレイン®️で有名なトーマスマイヤーズ氏が来日し、ワークショップが開催されます。 このワークショップに参加するため、3月6日よりスタジオ不在となります。 ご利用の皆様にはご不便をお …

Open Studio Day

【BODYWISE 的 “朝活” のススメ】

FULL MOON SESSION

満月の夜、波の音が聞こえる浜辺でシークレットセッション   オフショアの風で暑さが和らいだ心地よい空間 からだに意識を向けると、気持ちよいほどに解けていく こわばっていたところが緩み、呼吸も …

気になるワードを記事から検索

オススメアプリ

プロフィール

Hirota Kobayashi
ボディワーカー・パーソナルトレーナー
友だち追加

おすすめ記事

良く読まれている記事

【よく読まれている記事】

腹筋について思うことあれこれ

鍛えるのは筋肉ではなく脳・思考・空間把握能力

生きるということ

Facebook page