BODYWISE

自分のからだをデザインできるようになるスペシャルレッスン

投稿日:

10月12日(祝)体育の日 “ 姿勢 ” をテーマとしたグループレッスンをやります。

ナビゲーターはピラティスインストラクターのmayaさん、バレエ講師のsachikoさん、私の3名。

 

スポーツをしている人も、そうでない人も、ダイエットをしている人も、そうでない人も

カラダに不調がある人も、そうでない人も、カラダを動かしていない人も、いない人にも

ちょっとしたことで“  気持ちよくカラダを動かせるようになること ”を知ってもらいたい。

2014-10-22 12.35.36-1

ピラティスもバレエもちょっと難しそうなイメージがあるけれども、どちらもシンプルで

機能的で適正なカラダの動き方を順番に身につけていくエクササイズです。

女性にはもちろんのこと、回転系のスポーツ(ゴルフ・野球・サッカー・テニスなど)を始め

姿勢によって大きな差が生まれるマラソン水泳をやっている方にもオススメです◎

インナーマッスル(骨盤底筋群)を刺激していくので、産後の方なんかにもオススメです。

exercise

こう書いているとほぼ全ての方にオススメしたいエクササイズですね。

事実、ピラティスの始まりは医学的なエビデンスがありますし、バレエとピラティスの相性も抜群です!

ピラティスガイドより引用

ピラティスガイドより引用

今回のレッスンを組み立てるにあたり考えたことは、カラダの癖をリセットすることを始めに行い

そこから徐々にエクササイズを動きのなかに落とし込み、日常でのカラダの使い方に変化が生まれる

そうしたフローでレッスンプログラムを組んでいるので、単発受講もいいですけれど

効果を感じたいならぜひとも3コマ続けて受けると明日からのカラダの変化を実感してもらえます?

 

 

【タイムスケジュール&料金はこちら】
——————————————————————————
13:00〜13:45 腰と骨盤周りのコンディショニング
担当 Hirota  / 料金 ¥1,500-  / 定員 6名
14:00〜14:45 ピラティスvol.1
担当 Maya  / 料金 ¥1,500-  / 定員 6名
15:00〜16:00 バレエエクササイズ
担当 Sachiko / 料金 ¥1,500-  / 定員 6名
16:15〜17:00 ピラティスvol.2
担当 Maya  / 料金 ¥1,500-  / 定員 6名
17:15〜18:00 首肩周りのコンディショニング
担当 Hirota  / 料金 ¥1,500-  / 定員 6名
——————————————————————————
ご予約はウェブサイトからお願いします。
http://airrsv.net/bodywise/calendar

 

 

 

Adsense

Adsense

-BODYWISE
-, , , , , , ,

執筆者:

関連記事

いつまで “量” にこだわった練習をしてるんですか?

こんにちは、全米ストレングス&コンディショニング協会認定パーソナルトレーナーの小林です スタジオを訪れて下さる方のなかに時々こうした質問をなさる方がいます 「これを1日にどのぐらいやったらいい …

からだに対する数学的考察

数学的視点からの考察 フィボナッチ数列という言葉を聞いたことがありますか? このフィボナッチ数はとても美しい規則性を持ち、想像することを加速させます。 TEDでわかりやすく解説されているので、興味があ …

2014.7.16 おうちワークショップ

四万十川のほとり、四万十町秋丸でワークショップを行います! 初めての個人宅でのワークショップなので今から楽しみですね。 会場の規模やクオリティを保つ観点より人数を制限させて頂きます。 ワークショップが …

体感力をあげよう!!

感覚って不思議だと思いませんか? ある人は快適に感じる温度でも、別の人は不快に感じたり。 平面に書かれているはずのイラストが、なんとなく立体的に見えたり。 同じ物事に対して感じ方が変わってくるのは当た …

腕と脚ではなくて、前脚と後脚で考えてみよう

骨盤と肩甲骨は繋がっている。 私たちは腕と脚で考えてしまうが、元は前後の脚だ。 前脚の付け根と、後脚の付け根は、背骨によって物理的に繋がっている。 視線をまっすぐにしようとすることで背骨が安定する。 …

気になるワードを記事から検索

オススメアプリ

プロフィール

Hirota Kobayashi
ボディワーカー・パーソナルトレーナー
友だち追加

おすすめ記事

良く読まれている記事

【よく読まれている記事】

腹筋について思うことあれこれ

鍛えるのは筋肉ではなく脳・思考・空間把握能力

生きるということ

Facebook page