BODYWISE

走る走る走る!!

投稿日:

この週末は不思議なことに「走る」ワークショップが3本!!

 

そのうちの一つは高知県西部の小学校高学年を対象にしたランニングワークショップで

 

頂いたご縁がコロコロと転がって、高知県立幡多青少年の家で開催させて頂きました。

 

th_2015-09-18 12.15.43

 

地元にある小学校からも、また会場まで1時間はかかる遠方からも参加してくれて

 

 

これはトレーナー冥利に尽きるといった感じでしたね〜◎

 

 

「魔法」とあるんで、基本的に「走るためのトレーニング」はしてません

 

th_P1300125

 

一所懸命走らなくても、遊びながら、頭を使いながら、簡単に走れるようになるんですよ!!

 

th_P1300137

 

で、まずは自分の走り方を把握してもらうために動画でフォームチェック

 

 

走った後にビフォーアフターを見比べてみようということです。

 

 

これを終わった後にみんなで鑑賞してみるのも面白いかもしれないので

 

 

次回やる時は、トレーニングが終わってお昼ご飯を食べたらフォームチェック必須ですね!

みんなで食べたお昼ごはんもすごく美味しかったし、また次をお楽しみに〜!!

Adsense

Adsense

-BODYWISE
-,

執筆者:

関連記事

速く走るためには頑張るんじゃなくて考える。

子どもの頃、速く走れるかどうかは超重要課題だった きっと今も昔も小学校のときに”速く走れる”かということはとても重大ミッションだった。 ふだん、サッカーをしたり鬼ごっこをしたり遊びでは速さを何かでカバ …

土佐清水市での健康運動教室

昨年に引き続き、今年も土佐清水市で運動教室をさせていただくことになりました。 対象になるのは、検診での結果が芳しくなかった方で国保の加入者です。 対象者は限定されてしまいますが、ご自身のからだと健康に …

高いパフォーマンスが発揮できる、からだが整った状態とは

わたしたち”人間”は動く生き物、つまり動物です。 その動く生き物を、静止した状態で整えるということに疑問を持つ方はいますか? 静止した状態でいくらからだを整えても、わたしたちの …

一歩先の世界へ

いつの時代にも 「常識」というものがある。 その常識を構成しているのは、マジョリティつまり「多数派」である。 このことは、多数派は常識に縛られていると言い換えることもできる。 中世ヨーロッパの宇宙観は …

トーマス・マイヤーズ ワークショップ 〜女性の骨盤と人生のサイクル〜

テンセグリティ構造に基づく身体アプローチ テンセグリティとは、バックミンスターフラーが提唱した概念で、Tension(張力)とIntegrity(統合)の造語である。   平昌オリンピックで …

気になるワードを記事から検索

オススメアプリ

プロフィール

Hirota Kobayashi
ボディワーカー・パーソナルトレーナー
友だち追加

おすすめ記事

良く読まれている記事

【よく読まれている記事】

腹筋について思うことあれこれ

鍛えるのは筋肉ではなく脳・思考・空間把握能力

生きるということ

Facebook page