なんとなくわかるようでわからない、コア・体幹・インナーマッスル④

前回は、コアと空間の基本的な動きとしての呼吸のことに触れたので

今日は呼吸と動きがどう繋がっていくのかということを見ていきましょう。

ブレない体幹

私たちの暮らしは、基本的に座る・立つ・歩くという動作で成り立っています。

そこに、腕を伸ばしたり、脚を動かしたり、手や足を細かく動かすことが加わります。

もし歩いているとき、手足の動きが原因で視線が上下左右に揺れるとすごく違和感を感じますよね。

そうした場合は体幹が安定していないということが言えます。

だけども、からだ中を固くして関節を固定して安定させようとすると、動きがバラバラになったり、ロボットみたいな動きになり動きの滑らかさが失われます。

つまり逆説的に考えると、からだ(筋肉群)がリラックスした状態でいること。

加速減速をはじめとし、力の強弱を全身に伝えることのできる弾力性を保っていること。

四肢を動かしたとしても視界がぶれたりすることなく安定している状態でいること。

何か新しいタスクができたとしても、それらが無意識下で安定して行えれば、優れた体幹を持っているということができるでしょう。

 

理想とする体幹と連動するからだ

文字で動きを伝えようとすると、使う単語だったり、表現だったり難しくなりますね。

先に書いたことを完璧に再現している映像があるので、こちらをご覧ください。

Cheetahs on the Edge–Director’s Cut from Gregory Wilson on Vimeo.

前足が地面についた瞬間、衝撃が伝わり、体幹を通って、後足から抜けていき

あたま(視線)はブレることなく、からだがバネのように伸縮して、からだ様々な部位がねじれ、曲がって、力が無駄なく伝わっていくのがわかります。

走っている最中、肋骨のあたりからお腹にかけてしっかり動いているので呼吸が止まっている様子もなさそうです。

ついつい、私たちは「力は固く強いもの」から生まれる、あるいはそのようなものだと思い込んでいますが

チーターはこの小さくしなやかで柔らかいからだから、信じられない身体能力を発揮していることからしても

「柔らかくしなやかで弾力性のあるカラダ」から生まれるものだということがわかります。

 

正しいカラダの知識、正しいカラダのイメージから拡げる

さっきは四速歩行でのチーターでしたが、私たち人間だとこうした感じですね

garakuta33098

この基本的なからだの動かし方が、複雑な動きや変な習慣からどこからともなく崩れてくる。

そこで普段から体幹の動きに意識を向けてあげると、安定した状態を作り出せることができ、その結果からだに不調のある方は改善に向かい、アスリートはパフォーマンスが向上していくのです。

 

もちろんただ呼吸をするだけではなく、呼吸と動きを連動させ運動強度にも変化をもたせていく必要があります。

そしていよいよ体幹トレーニングに移りたいのですが「体幹トレーニングとは何か?」ということを説明するだけでずいぶんと長い記事になってしまいました。

トレーニングを文字に起こすのは骨が折れそうなので、興味のある方はスタジオでの個別セッション、またはワークショップへの参加をご検討ください。

 

なんとなくわかるようでわからない、コア・体幹・インナーマッスル③

前回までの話、なんとなくわかるようでわからないコア・体幹・インナーマッスルその①その②

 

コアと空間の基本的な動き

コアというエリアを「安定」させる筋肉群を、意のままにコントロールすることがコアトレーニングと定義しました。

ここで早速、コアトレーニングというものに触れていきたいのですが、まだまだ。

コアというエリアを意のままに安定させる基本的「動き」はどういったものなのかを知っていきましょう。

私たちの暮らしを大きく分けて「立つ」「座る」「歩く」という3つの基本的な動きがで成り立っています。

そうした動きがなくても、私たちは「呼吸」という生命を維持するのに欠くことのできない動作がありますよね。

からだは色々な部位が複雑に連携して無限の動きを作り出しますが、この呼吸を生み出す横隔膜の動き。

からだの中心に位置する横隔膜が動くことで、力の波がからだの隅々にまで立体的に伝わる

それは、水面に小石を投げたときに生まれる波紋、そういった感じで伝わり広がる、それがコアの動きです。

 

呼吸、からだのダイナミズム

breath

歩いているとき・立っているとき・寝ているとき・走っているとき・寝ているとき、そこにはいつも呼吸があります。

それは水中でも、宇宙空間でも、誰に教えられたわけでもなく、この世に生を受けた瞬間から始まっている動きなんですよね。

そんな呼吸ですが、新しいことにチャレンジするとき、あたりまえに思っている原始的な動き(primitive movement)は無意識の領域に追いやらます、ついつい目の前の課題に夢中になってしまうんですよね。

少しからだに意識を向けてふり返ってみましょう。

ノートを取ろうとペンを持って、さぁ書こう!としたとき息が止まってたり、重い荷物を持とうとしたときや、パソコンやスマホを触っているときなど、ふとした拍子に呼吸が浅くなってしまっていたり。

重いものを持つときや、高いところのものを取ろうと手を伸ばしたり、どうってことのない小さな動きでも

日常的にない動きをするときには意識がそちらの方へ向いてしまうためこうした現象が起こります。

そうして原始的な動き(primitive movement)は無意識下に追いやられていきますが、からだは不安定になります。

不安定になったからだを安定させようと、大きい力を発揮することができる表層の筋肉に頼ってからだを固めることになり、からだの連動をじぶんでブロックすることにつながります。

しかし、動きに制約がかかったとしても、無意識になっている原始の動き(=呼吸)との連動が改善されない限りブロックは改善をするのは難しくなります。

 

さぁいよいよ次は「呼吸と動きのつながり」です。

ちょっとマニアックな内容ですが、できるだけわかりやすく、伝わりやすく、頑張ります◎

なんとなくわかるようでわからない、コア・体幹・インナーマッスル②

前回の話はなんとなくわかるようでわからない、コア・体幹・インナーマッスル①

コアという概念

 

トイレットペーパーの芯のことも、地球の中心のこともコアというように

コアという言葉は「モノの中心部」をさす言葉です。

そして、からだのコアはどこらへんかというと図に載っているエリア

image

エリアというのは、横隔膜(Diaphram)と骨盤底(Muscle of pelvic floor)にはさまれた空間のことを言うからです。

つまり、この空間をコントロールすることが、運動器である筋肉をトレーニングすること(=コアトレーニング)です。

コアを定義する

 

ではコア・体幹・インナーマッスルという言葉はどういう意味になるか整理をしてみましょう。

体幹というのは木の丸太のような部分のことを言っていて

その部分の中心部がコアと呼ばれる構造空間で、その構造空間をコントロールするために特に重要になってくる筋肉がインナーマッスルということになります。

このコアというエリアを「安定」させる筋肉群を意のままにコントロールすることがコアトレーニングです。

stability

 

 

なんとなくわかるようでわからない、コア・体幹・インナーマッスル①

次の式が解けますか?

04176c09

シンプルな四則演算の問題ですが、答えはいくつでしょう?

確信がある方もいるでしょうし、ちょっと悩む方もいるでしょう。

体幹やコア、インナーマッスルといった言葉(概念)も同じで

「なんとなくわかっているつもり」「こんな風なイメージ」といった状態の人もいれば

「〇〇から〇〇までの部位で・・・」と明確に定義できているの人もいるでしょう。

どちらでも良いのでしょうけど、正しく理解できている方が何かをする時の効率は上がりますよね。

 

正しいイメージで正しい動きかたを身につける

テレビや雑誌、日常でも、体幹トレーニングコアインナーマッスル、よく耳にするようになりましたが

体幹(この表現に統一します)という部位やその機能、あなたはどういう風に捉えていますか??

幼少期から腹筋運動をやってきた私たちは、どうしてもお腹を固くすることをイメージしてしまいがち…

だけど、本当にそうですか??

腹筋運動で意識的に動かしている ”腹直筋” をぎゅっと固くしてしまうと、手足の動きも一緒になって固くなってしまいませんか?

体幹を安定させることで手足を動かすのが ”より” スムースに行えるようになる、

または体幹トレーニングをすることで、からだの連動が良くなって肩や腰・膝などの不調が改善されるはずなのに

なんだかちっとも実感が伴わない…

それってからだを動かすイメージが間違っているのかもしれませんね。

 

コンディショニングって何?コンディショニングスタジオってどういう場所?

コンディショニングスタジオという場所について

コンディショニング:よく耳にする中でなんとなく漠然としたイメージのこの言葉ですが、

image

私が所属している全米ストレングス&コンディショニング協会(NSCA)の定義を引用すると

コンディショニング(Conditioningとは、スポーツパフォーマンスを最大限に高めるために、筋力やパワーを向上させつつ、柔軟性、全身持久力など競技パフォーマンスに関連するすべての要素をトレーニングし、身体的な準備を整えることです。また、一般の人々にとっては、快適な日常生活を送るために、筋力や柔軟性、全身持久力をはじめとする種々の体力要素を総合的に調整することです。

快適な日常生活を…..調整する場所。

うーん、なんだかわかりにくいですね。わかりやすく言いましょう。

コンディショニング、BODYWISEでは

コンディショニングに限らず全てのアプローチは基本的に正しいとして、そこにそれぞれの思想が加わります。

からだを構成している骨や筋肉など基本的な組織は共通していますが、快適な日常生活はそれぞれ異なります。

8973e58fefba9c1075beac6440fe2496

身長も体重も違うし、怪我をした部位、仕事、生活様式、住環境まですべてが異なる上に「やりたいこと」が違いますよね。

ある人は趣味のマラソンを早く走りたいと思い、ある人は生活に支障がある腰痛を治したいと思う。

からだへのアプローチは、からだだけに留まらず、からだが在るあらゆるシーンに働きかけます。

なぜならカラダは運動器としての役割を持っていますが、感覚器としての役割もあるからです。

からだを動かしたり、整えたり、からだへアプローチすることは、カラダだけに限定するのではなく、暮らしのことも、こころのことも、あなたの周りのいろいろなことへと働きかける一つの手段です。

9f88fd2f0417e96d00f11a82bb3463f8

例えば、スポーツが大好きな方が、不調があって満足する暮らしが快適にできなかったら、

それまで社交的な性格だった人もシュンとして、まとっている雰囲気や眼の輝きが失われた感じがしたり、性格まで変わったりすることがあったりします。

穏やかだった人が攻撃的になったり、とがっていた人が温厚になったり、そのことで味の嗜好も変わったり、そのことでライフスタイルが変わったりと、からだを通して感じたことは暮らしに変化をもたらします。

今もいいけど、もっと良くなれる

「今」が良ければこれといって無理に変わる必要はありません。

9dac6488f9b39492a9e3d20c28961dfb

でも、もし「今」がもっと良くなる可能性があるとしたら、その可能性を形にしたいなと思ったら。

そんな時、暮らしを変えるための一つの手段として ” からだを通して ” 変わりたい時に訪れてもらう場所。

自分をもっと良くするための方法。

それは運動かもしれないし、信仰かもしれないし、芸術かもしれないし病を患うことかもしれません。

ただ、先に述べたように「感覚器であり運動器でもあるからだ」を動かすことで得られるカラダからのフィードバックは凄くリアルで、「今」にピントを合わせることにとても有効的です。

コンディショニングで不調だった部分が改善されていく過程を体験したりすると、クライアントの暮らしや思考に良い影響をもたらします。

そうした個人のリクエストに応えるためにある、それがコンディショニングスタジオ”BODYWISE”です。

That’s enough!!四国カルスト、天狗高原でのワークショップへのご参加ありがとうございました!

双子座の新月を迎えるタイミングで行ったワークショップ “that’s enough”

 

会場となった天狗高原はすごく素敵な場所でした。

 

晴れていればトップにあるような満天の星空とご対面できたんでしょうけれど

 

今回は天候があいにくの濃霧でタイミングが合いませんでした…残念!!

 

でもそれはそれで丸2日間霧の中で過ごす、幻想的な空間でした。

 

IMG_1791

 

ヒノキのウッドチップが続く、セラピーロード◎麓から上がってくる霧がすごく良い感じ。

 

 

IMG_1837

 

モコモコのウッドチップの雨の森を静かに歩いていると色々なことを感じます。

 

IMG_1907

 

 

まるでもののけ姫に出でくるようなワンシーンが!!

 

さすが高知。南からの湿った風の影響で降水量は多いので1400mの高地も、あたり一面に濃い緑が広がってます。

 

IMG_1860

 

山の保水システムってのもすごいなぁと無言でじーっと見入ってしまいます。

 

IMG_1872

 

岩の割れ目からも、しっかりと根を張り育つ木があるのも霧がかかるからなんでしょうね。

 

カラダを整えながら、変わっていくのを実感出来るワークを2日間ゆっくり時間をかけて行いました。

 

IMG_1897

 

まずは重力を感じながら、赤ちゃんに戻った気分になって体幹と手足のつながりを感じます。

 

IMG_1800

 

こうした発育発達のメカニズム、進化のメカニズムに合わせた動きはフェルデンクライスというボディワークや様々なコアエクササイズに取り入れられていて目にすることもあるのではないでしょうか?

 

IMG_1898

 

 

これは体幹を安定させて動くベアクロウルという動きのドリル

 

背中に乗せたボールを落とさないようにハイハイを行うんですが、これが意外と難しい。

 

だけれども効果は抜群。

 

津野町地域おこし協力隊で、天狗荘で活動をしている大智さんは終わった後こんなことに!!!

 

IMG_1882

 

もともとからだを動かすことが得意だったこともあるでしょうけど、不安定な足場で良い姿勢です◎

 

IMG_1879

 

腹式呼吸に触れてなんだかわかるようでわからない ”コア” というものが何なのかにも触れ

 

IMG_1826

 

クレイグリーベンソンのワークショップで行ったエクササイズもシェアできて

 

霧に包まれたお山のてっぺんで、ゆっくりとからだと向き合う時間を過ごすことができました。

 

津野町でのワークショップは年内あと2回(秋・冬)行いますので、興味のある方は是非ご参加くださいね。

 

thinklessfeelmore