ひとりごと

なんとなくわかるようでわからない、コア・体幹・インナーマッスル⑤

投稿日:2016年8月29日 更新日:

なんとなくわかるようでわからない、コア・体幹・インナーマッスル③では呼吸についてふれ、

なんとなくわかるようでわからない、コア・体幹・インナーマッスル④では動きの連動についてふれました。

今回はそれらは実際の暮らしではどうなっているかについて具体的に見ていきましょう。

呼吸は「吐くこと」から始まる

それは僕たちがこの世に生を受ける瞬間、1気圧という空気圧が横隔膜を強くノックします。

重力の影響から逃れることはできない、それなら重力をうまく利用して最小限の労力で最大限の効果を得たいわけです。

ということは、おなか周りを固めて横隔膜を動かすことない肩や胸部を動かす呼吸は非効率的なのです。

おなかを意のままにコントロールして、からだを最小限の力で内側から安定した状態にすることができると、おのずと他のことに注意を向けることができます。

体幹トレーニングというのは体幹を「固い」状態にするためのものではなく、体幹と四つの手足(四肢)が「安定した」状態で双方向に、多面的に(複雑に)力を伝えることができるようになるために行うトレーニングです。

 

暮らしの中の基礎を大切にする

 

この「始まり」の部分がしっかりと認識できていれば、暮らしの中でその人に必要なトレーニングが見えてきます。

船に乗る人、オフィスで座ることが多い人、運転時間が長い人、しゃがみこむ時間が長い人、子供と一緒に体を動かす機会が多い人、かかとの高い靴で歩くことが多い人、長時間パソコンに向かう人、競技生活をしている人、怪我から復帰してリハビリをしている人、こんなにも生活スタイルのに全く同じポーズをしていて体幹が鍛えられる…?とは考えにくいのではないでしょうか。

tumblr_metck0SSbq1qm3r26o1_500

 

競技生活をしていないから体幹トレーニングは不要でしょうか?

子供を抱きかかえたり、おんぶしたりすることはからだにどれだけ負担になっているでしょうか?

多種多様なライフスタイルがある私たち一般人こそ、体幹(CORE)の意味を改めて考えてみる必要があるのではないでしょうか。

私たちの日常にある「立つ、歩く、座る」の動きの質が変われば、おのずとパフォーマンスは上がり、生活の質(Quality of Life)は変わります。

 

BODYWISEで人生を変えるセッションを

RESERVA予約システムから予約する

Adsense

Adsense

-ひとりごと
-, , , ,

執筆者:

関連記事

なんとなくわかるようでわからない、コア・体幹・インナーマッスル①

次の式が解けますか? シンプルな四則演算の問題ですが、答えはいくつでしょう? 確信がある方もいるでしょうし、ちょっと悩む方もいるでしょう。 体幹やコア、インナーマッスルといった言葉(概念)も同じで 「 …

”fitbit”をつけてみると日常が楽しくなるし、食べるものを選ぶようになった

こんにちは、全米ストレングス&コンディショニング協会認定パーソナルトレーナーの小林です ふと思い立ち自分がどれだけカラダを動かしてるか調べようと、ワイヤレス活動量計を購入しました これを手首に …

速く走るためには頑張るんじゃなくて考える。

子どもの頃、速く走れるかどうかは超重要課題だった きっと今も昔も小学校のときに”速く走れる”かということはとても重大ミッションだった。 ふだん、サッカーをしたり鬼ごっこをしたり遊びでは速さを何かでカバ …

出張ワークショップ承ります

先日のワークショップに関してお問い合わせを頂きました。 スタジオでもワークショップを行うことも予定していますが ある程度(5〜6人)の人数が集まるようでしたら出張WSを承りたいと思います。 ご興味のあ …

念願叶ってアメリカです!!

アナトミートレイン 筋膜解剖コースに参加しています。 現在はアメリカ、アリゾナ州のフェニックスに滞在中です。 ワークショップでは人のからだには個体差があることを改めて実感し、人のカラダはたくさんの不思 …