BODYWISE

なんとなくわかるようでわからない、コア・体幹・インナーマッスル⑤

投稿日:2016年8月29日 更新日:

なんとなくわかるようでわからない、コア・体幹・インナーマッスル③では呼吸についてふれ、

なんとなくわかるようでわからない、コア・体幹・インナーマッスル④では動きの連動についてふれました。

今回はそれらは実際の暮らしではどうなっているかについて具体的に見ていきましょう。

呼吸は「吐くこと」から始まる

それは僕たちがこの世に生を受ける瞬間、1気圧という空気圧が横隔膜を強くノックします。

重力の影響から逃れることはできない、それなら重力をうまく利用して最小限の労力で最大限の効果を得たいわけです。

ということは、おなか周りを固めて横隔膜を動かすことない肩や胸部を動かす呼吸は非効率的なのです。

おなかを意のままにコントロールして、からだを最小限の力で内側から安定した状態にすることができると、おのずと他のことに注意を向けることができます。

体幹トレーニングというのは体幹を「固い」状態にするためのものではなく、体幹と四つの手足(四肢)が「安定した」状態で双方向に、多面的に(複雑に)力を伝えることができるようになるために行うトレーニングです。

 

暮らしの中の基礎を大切にする

 

この「始まり」の部分がしっかりと認識できていれば、暮らしの中でその人に必要なトレーニングが見えてきます。

船に乗る人、オフィスで座ることが多い人、運転時間が長い人、しゃがみこむ時間が長い人、子供と一緒に体を動かす機会が多い人、かかとの高い靴で歩くことが多い人、長時間パソコンに向かう人、競技生活をしている人、怪我から復帰してリハビリをしている人、こんなにも生活スタイルのに全く同じポーズをしていて体幹が鍛えられる…?とは考えにくいのではないでしょうか。

tumblr_metck0SSbq1qm3r26o1_500

 

競技生活をしていないから体幹トレーニングは不要でしょうか?

子供を抱きかかえたり、おんぶしたりすることはからだにどれだけ負担になっているでしょうか?

多種多様なライフスタイルがある私たち一般人こそ、体幹(CORE)の意味を改めて考えてみる必要があるのではないでしょうか。

私たちの日常にある「立つ、歩く、座る」の動きの質が変われば、おのずとパフォーマンスは上がり、生活の質(Quality of Life)は変わります。

 

BODYWISEで人生を変えるセッションを

RESERVA予約システムから予約する

Adsense

Adsense

-BODYWISE
-, , , ,

執筆者:

関連記事

間質:筋膜組織についての新たな発見

新しい「器官」としての筋膜 米ニューヨーク大学などの研究チームが、体内の「間質」と呼ばれる空間の構造と分布に関する詳細を研究し、「人体の新しい器官を発見した」として、27日の学術誌に論文を発表した。( …

地に足をつけるということ

こんにちは、高知でコンディショニング トレーナーをしている小林です。 先日「コンディショニングって何ですか?」という質問を頂きました コンディショニングは「こころとカラダが真ん中に在って快適な状態」に …

コンディショニング?トレーナー?どんなことするの?

こんにちは、高知でコンディショニング トレーナーをしている小林です。 先日「コンディショニングって何ですか?」という質問を頂きました 受け手の想像力に任せて回答すると、コンディショニングは 「こころと …

カラダトークvol.1無事終了、そしてvol.2のお知らせ

こんにちは、全米ストレングス&コンディショニング協会認定トレーナーの小林です 今日のカラダトーク、沢山の方にお集まり頂いて無事に終えることができました どうもありがとうございました! 何気に知 …

ゼロから始める体幹。そしてバランス。レッスンやります

4月から少人数グループレッスンのクラスを実施するにあたって 第2弾は「カラダバランス」の体験レッスンのお知らせです 体幹やコア、インナーマッスルなどのキーワードに響く方 細くしなやかに、バランスの良い …

気になるワードを記事から検索

オススメアプリ

Hirota Kobayashi

Hirota Kobayashi
ボディワーカー・パーソナルトレーナー
友だち追加

良く読まれている記事

【よく読まれている記事】

腹筋について思うことあれこれ

鍛えるのは筋肉ではなく脳・思考・空間把握能力

生きるということ

Facebook page