楽しくからだを動かす魔法の秘密❷

高速、あるいは高負荷でも安定して四肢を動かせるようなプログラムデザインをもとにした前半の様子はこちら

 

アイソメトリックトレーニングで力の向きを知る

ワークショップの後半では、力の向きを感じてもらうためにカラダ全体を使ってのトレーニング

th_pb120041

ふたり組のペアになり、一人は後ろから全力で押しすすめようとし、もう一人はそれを全力で堪えるだけ。

サッカーやバスケットボールでもこうしたシーンは見られるし、相撲なんてからだの向きは違うけれど力の方向は正にこれですね!

th_pb120039

なんとなく「力を出す」感覚がわかったところで、次は力を伝えるためのトレーニング

th_pb120072

そしてそれぞれの力のバランスが取れるポイントになると、カラダはプランクと言われる姿勢になってます。

このトレーニングでも、プランクでも大切なことは「カラダを固くするのではない」ということです。

見るだけ、読むだけ、聞くだけではわからないあれこれもあるので、わからない方は身の回りのトレーナーさんや運動指導者に聞いてみてくださいね◎

 

爆発的な力を出すためのプライオメトリック

力を出し、伝える間隔がなんとなく掴めるようになってきました。

前半の俊敏性を活かすアジリティトレーニング、からだのスムースな連動を促すコーディネーショントレーニング、そして力の向きを感じるためのアイソメトリックと、様々なアプローチでコアと四肢のつながりを感じてきたので次はいよいよ、爆発的な加速を生み出すためのプライオメトリックな要素を取り入れたトレーニングです

th_pb120057

①からだがぶれないように注意を払いながら、片足で大きく前方にジャンプをし、着地で休むことなくすぐに次の一歩を出す、ホップステップジャンプ♪という感じで足を交互に切り替えてジャンプする

②①が上手に出来たら、着地のときにさらに遠くにジャンプできるようにグッと沈み込むようにする

th_pb120058

みんな力をうまくコントロールし、バランス良く緩急をつけられるように意識して上手に行えていましたよ

 

楽なポジションでリラックスして、緩急を自在に力を出力できるようになる

初めてやる慣れない動作ばかりで「あれ?!」と思うようなことはありましたが、大切なことは「フォームを覚えさせる」ためのトレーニングではなく「自分のカラダの使い方が上手になること」です

th_pb120065

からだの使い方が上手くなってくると、力を出す方向がわかり、楽なポジションがわかります。

昨日より今日、今日より明日と、より良いパフォーマンスをするためには、自分のからだの感覚をフルに生かした反復練習が必要なのも納得ですね!

ワークショップの最後、速く走れるようになった実感があるか子供たちに尋ねたところ全員が手を上げてくれました!

th_pb120079

楽しく、そして楽に走り方が変わることを感じてもらえたことは嬉しいですね

金メダルは1日にしてならず。

ではないですけど、日々なんとなくぼーっとトレーニングをするんではなく、考えながら、感じながら、たくさんの失敗も試行錯誤で乗りきって、わからなくなった時は人に聞いたり、ワークショップに参加したりして

自分の思い描く人生を送るために必要なからだを手に入れてくださいね

th_pb120074

楽しくからだを動かす魔法の秘密❶

本格的なトレーニングを◎

「楽しくからだを動かす魔法」というとなんだかちょっと子供だましみたいな感じですが…

実は、というか、かなり本気です。

子どもたちにとって速く走ることはかなりのウエイトを占める重要な項目!

運動会もそうですが、少年野球や、サッカー、マラソン様々な場面があり速く走れることは運動が楽しくなる基本的な要素です。

からだが安定している状態で、四肢をしっかり動かし力を伝え、内部バランスを保ちながら質の高い動きが要求される究極にシンプルな動作と言っても過言ではないかもしれません。

ともあれ、そんな運動能力を評価する指針として用いることができるひとつがランニングで、そのパフォーマンスが高ければ様々なスポーツの場面dめお相対的に運動能力が高くなるということが言えます。

今回はちょっとそんな「楽しくからだを動かす魔法」を紐解いていきますので、何かの参考になれば嬉しいです。

 

からだの発育発達を知る

ボディワイズのブログではよく登場するスキャモンの発育発達曲線

sukyamon

ここで見るべきは神経系の発達で、図にもあるように4〜5歳までには成人の80%にまで発達します。

一方で「筋トレ」と呼ばれるものは一般型というところには当てはまり、二次成長の時にグッと高まります。

ということは子どもの頃に筋トレをする目的は筋肉を肥大させることではなく、思い通りに体を動かせるため四肢をコントロールするのがその目的になります。

個人差があるので断定することはできませんが、オスグッドなどスポーツ障害が出てくるのは発育発達の段階にあったトレーニングになっていないということが大きな要因になっているのではないかと考えられます。

楽しくからだを動かす魔法では、これからの健全なからだの発育発達のために重要なポイントをぎゅっと詰め込みました。

からだを動かすことが楽しく感じることができる、感覚的なアプローチを中心にした体験してわかる、考え方が身につくワークショップです。

 

アジリティトレーニング

まずはウォーミングアップとして行ったのがSAQトレーニングとしても知られている(であろう)ラダーを使ったアジリティトレーニング

th_pb120008

これは俊敏さや機敏性を高めるためのトレーニングで、サッカーの練習などでは積極的に取り入れられているトレーニング

あのFCバルセロナでもこんな感じでジュニアの頃からやっていますし、見たことがある方も多いのではないでしょうか?

 

コアコーディネーション(ボール編)

アジリティトレーニングをしてからだが動きやすくなってきたら、室内に移動してコアコーディネーション(体幹とそこから伸びる手足の協働)を高めるためのトレーニング

th_pb120017

体幹というのは概念なのですが、不安定な状態で安定してからだを動かせるようにするために欠くことができないのが体幹ですよね。

ボディワイズではボールを使って不安定さを加え、床でいろいろな動きを行います。

これが大好評で♫

子どもはもちろんお年寄りまで幅広くアレンジをすることができます。

驚くことにコアコーディネーションを行うだけで、姿勢やからだの不調などは劇的に改善します。

 

コアコーディネーション(チューブ編)

2015-04-02-12-05-25

著書アナトミートレインでも知られる筋膜組織の権威トーマス マイヤース氏のワークショップでも実施され、これからの時代のスタンダードになるであろうキネティックチェーンをベースにしたトレーニング

th_pb120026

今回のデモではちょっと難易度の高い(右手右足)の同側でチャレンジしてもらいました。

th_pb120027

子どもたちは通常の(右手左足)でのチャレンジ!!次回は同側にもチャレンジしてもらいたいですね。

そうしてトレーニングの前半が終了!さあ走りはどう変わったのか?!

th_pb120007

からだの感覚を感じてもらうため終始70%ぐらいの力で走ってもらったのですが、子どもたちのからだは素直ですね!

あちこちから「動きやすい〜!」「足が上がりやすい!」など嬉しい声が聞こえてきて、走り方にも大きな変化が見られました。


つづく。

からだを鍛えるのはなぜか、そしてどのようにするのか?

カラダを鍛えるということ

カラダを鍛えている人と、カラダを鍛えていない人のあいだにある埋められないギャップ。

それは「動くとしんどい」という感覚ではないだろうか。

スポーツはカラダに悪いということを言う人はいるけれど、にんげん動かなくなったらもはや手足はいらないし、動物じゃなくなりますね。

じゃあ何のためにカラダを鍛えのでしょう??

 

いつまでも自由に動くことのできるカラダでいる

vibe_plate_00315

部活をしていたりすると当たり前なのがトレーニング。

それは試合に勝つためだったり、良い成績を残すためだったりしますよね。

では、私たちのような一般人は何のためにトレーニングをするのでしょう?

上の写真のようなトレーニングをしたとして、日常生活でこんな姿勢でものを持ち上げる人はいないでしょう?

だったら痩せるため?

痩せるためなら、トレーニングはもちろんですが、食事のことを勉強する方が長期にわたって維持できるので良いんじゃないでしょうか?

筋肉をつけて基礎代謝を上げるため?

筋肉をつけるのも良いですが、今ある筋肉は100%使いこなせるようになることの方が効率が良くないですか?

体幹を鍛えるため?

その体幹ってどこから始まってて、どのような役割があって、鍛えた結果どうなるのですか?

このように「トレーニングをする」としても、一人ひとりのテーマも詳細も異なってくる。

子どもからお年寄りまでの意見を最大公約数でまとめたとしたら

「肩首肘の関節や腰などカラダに痛みなどの不調がなく、何歳になっても自分が思い通りに動かせるカラダ」でいるためではないでしょうか?

walk

意図を理解して、カラダに覚えこませる

思い通り動かせるカラダを作るために、週に一度トレーニングをする。

それだけではちょっと足りないかな、きっとこれまでやっていなかった動きだから次回までに忘れてしまいます。

子どもの頃、新しい漢字を習ったら漢字の書き取りの宿題がありましたよね。

あれです!!ただ単純に反復するのみです。

7f6318fc43c47264695c5e8dd048d0c1

だけど、漢字の書き取りという同じ宿題をこなしていてもテストでは間違う子どももいる。

間違うか間違わないかの差を考えたことがありますか?

物覚えが悪いから?記憶力が弱いから?

これは幼少期の話ですから脳の発達の差こそあるかもしれませんが、直接の影響はないでしょう。

generate_creative_inspiration

あるとすれば、記憶の精度の差です。

漢字だから、他の漢字との関連性を持たせるであるとか、読書をすることで読みのバリエーションが豊かだとか、書き順も合わせて覚えているだとか。

動作についても同じです。

どうしてこんな風に動くのか。

動くときに腕も脚も安定しているか、呼吸は動きと連動しているか、たくさんのことを私たちは同時に処理して動いているので一度やっただけではきっと忘れてくれるはず。

なので、少しの時間でもいいですし、その時間がなければ頭の中ですごく具体的にイメージしてくれるだけでもOKです。

とにかく、トレーニングを終えてからも意識してからだに新しいクセを覚えさせることに集中してください。

 

 

 

「からだのがっこう」動きを通して自分のからだについて色々知れる

自分のからだの地図を完成させよう!!

私たちは、自分のからだが「どのくらい」動くのか知らない。

そして「どうしたらもっと楽に」動かしたらいいか考えることは少ない。

それって自分のからだを100%使えてないっていうことじゃないだろうか??

怪我からの復帰、リハビリは何のためにやるんだろう?

毎日筋トレをしてるんだけど、ぜんぜん痩せないのはどうしてだろう?

整体にも通って、ストレッチも筋トレもしてるのに腰痛が良くならないのは何かやり方が悪いのかも?

s__77398027_0

自分のからだのこと、動きのこと、疲労回復のことなど

テーマに沿ってからだを動かしながら、少しずつ自分のからだになっていく

自分のからだのことが良く解って、自分の暮らしを大切にしたくなるようなワークショップ

それが「からだのがっこう」です。

 

からだを通して感じたことはしっかりと記憶に残る

s__77398028_0

このワークショップでは、参加者を問いません。

男性も女性も、場合によっては大人も子どもも一緒にできるような内容です。

からだの不調をよくしたい場合も、スポーツで良い成績がとれるようになりたい場合も同じです。

それは、日常にある主要な「立つ・歩く・座る」という動きをこれまでより楽に行えるようになることです。

ひとは日々当たり前にある日常的なことに対しては、だんだんと無意識になっていきます。

一方、スポーツで何か大きな大会の前日に眠れなくなったりするのは、非日常的なので意識をしている状態です。

つまり日常的に当たり前に行っている動きのクオリティが上がると、非日常の動きも同じようにクオリティが上がるということ。

そのために繰り返す運動のことをトレーニングとするんですが…

ちょっと難しくなってきましたね。ごめんなさい。

s__77398026_0

わかりやすく言うと、写真に写っているバッグを持ってからだを動かしたりして「力(の向き)」を今より感じやすくなるためのトレーニングです。

 

からだのがっこうに参加して何か変わるの?

まず参加してくださった方々はワークショップの前後で姿勢が変わります。

より無理のない感じというか、余計な力みがなくなって表情もふわっと明るくなります。

もちろん個人差はありますが、姿勢の変化に伴うからだの不調の改善なんかもあるようです。

ワークショップでは「からだの地図」を完成させるために色々な動きをするだけなんですけど、

からだのイメージが変わると現実の感じ方まで変わるなんて人のからだって面白いですね!!

となると、スポーツ選手がイメージトレーニングをしていることなんかも繋がってきますよね!

イメージは大切なんです!!そのイメージが具体的になればなるほど結果が変わってくるんです。

外国の知らない街を地図なしで歩くより、ガイドブック片手にガイドのいうことに耳を傾けて歩いた方がはるかに安心だし楽しめるでしょ?

 

次回はせなか

11月27日(日) 松山市のアクアコミュニティでお待ちしてます◎
クービック予約システムから予約する
s__80887813

この秋、新たにトレーニング機材”VibePlate”がスタジオに!!

コア(体幹)を理解する始めの一歩

まだ僕がセントラルスポーツで働いていたころ「コア」という言葉がフィットネスクラブで使われるようになり

日本コアコンディショニング協会(JCCA)が円柱状のストレッチポールを使用したレッスンが普及し始めました。

title

その後、ヨガやピラティスが普及し「体幹・インナーマッスル」という言葉が浸透するようになるも

そもそも「コア(インナーマッスル)」というのがどういったものか定義するのも言葉にするのも難しく

なんとなくカラダを固めて、ギュッと身を縮める。

レッスンを受ける時も、ざっくりとした指導だったこともあったのではないかと思います。

事実、コアという概念を定義するのは本当に難しくて、今でも伝えるのには言葉を選び、動きに集中し

セッション中はクライアントの表情やカラダの状態など様々なことに注意を払いながら伝えています。

コアについては以前、ブログにも書いたのでそちらを参考にして下さいね。

stability

 

コアを感じて、整えながら鍛える

こんなマシンを見たことがありますか?

powerplate

トレーニングにもリハビリにも大活躍ということで使う人や場所を選びません。

このPOWER PLATEというマシン近頃いろいろな施設で取り入れられていて

なんとかBODYWISEにも!と思っていたところ、VibePlateの導入という運びになりました。

デモ動画ではわかりにくいかもしれませんが、下のプレートが激しく揺れます。

どういうことかというと、地面が揺れるとカラダは常に動くので、じっと止まっていることができなくなります。

つまり、背骨と背骨をつないでいる小さな小さな筋肉や靭帯までも動いている状態です。

もちろんその動きを意識的に感じるのは難しいですが、コアを鍛えるには筋肉の量を増やしてどうこうではなく

不安定な状態でも安定したパフォーマンスを発揮できるようなカラダの使い方を意識することがコアを鍛えるということ。

その結果、揺れない地面(通常の地面)でのパフォーマンスが簡単になりカラダが安定してくるのです。

posture

文章にするとすごく難しく感じることもあると思いますが…

ひとまずものは試しということで、VibePlateでのセッションを受けにいらしてください。

RESERVA予約システムから予約する

セッションに関するお問い合わせもご遠慮なくご連絡下さい。

速く走るためには頑張るんじゃなくて考える。

子どもの頃、速く走れるかどうかは超重要課題だった

きっと今も昔も小学校のときに”速く走れる”かということはとても重大ミッションだった。

ふだん、サッカーをしたり鬼ごっこをしたり遊びでは速さを何かでカバーできた。

フェイントを工夫したり、チームワークで乗り切ったり子どもなりに必死に考えてがんばった。

が、どうにもならないのが運動会とマラソン大会だ。

これだけはごまかすことができないので、気付かないふりをしていた自分の実力を知る。

必死に頑張っても頑張ってもこればかりは量をこなすだけでは上達しない。

先生からはもっと頑張りましょうと言われ、別の人からは向いていないということを言われる。

自分でも一所懸命がんばってるし、忍耐力も集中力も限界を振り切るぐらいまでになってるのに。

それでも上達しないということは、鍵になるのは「考える力」なんだろう。

 

考え、感じて答えがわかる

ひとりひとりが違うんだから、からだの動かし方だって一人一人違うはず。

ポイントを押さえた動きのアドバイスと、シンプルなエクササイズ、騙されてるみたいだけれど

終わってみたら本当に楽に走りが変わってる。

 

からだを動かすことが苦手でも、からだを動かすのがイヤだと感じることなく

楽しみながら上手くなる、速くなる、そんなワークショップをやってます。

今年は11月12日(土)と12月10日(土)の2回のみ。

お申し込みはこちらまで▶︎ 高知県立幡多青少年の家 Tel: 0880-44-1001

オンライン予約システムを導入しました。

今月から、セッションの予約がこれまでより簡単になります。

もちろん、電話やLINEでのご予約はこれまで通り対応させていただきますので

ふと思い立ってセッションを受けたくなった夜間にご利用ください。

RESERVA予約システムから予約する