BODYWISE

速く走るためには頑張るんじゃなくて考える。

投稿日:

子どもの頃、速く走れるかどうかは超重要課題だった

きっと今も昔も小学校のときに”速く走れる”かということはとても重大ミッションだった。

ふだん、サッカーをしたり鬼ごっこをしたり遊びでは速さを何かでカバーできた。

フェイントを工夫したり、チームワークで乗り切ったり子どもなりに必死に考えてがんばった。

が、どうにもならないのが運動会とマラソン大会だ。

これだけはごまかすことができないので、気付かないふりをしていた自分の実力を知る。

必死に頑張っても頑張ってもこればかりは量をこなすだけでは上達しない。

先生からはもっと頑張りましょうと言われ、別の人からは向いていないということを言われる。

自分でも一所懸命がんばってるし、忍耐力も集中力も限界を振り切るぐらいまでになってるのに。

それでも上達しないということは、鍵になるのは「考える力」なんだろう。

 

考え、感じて答えがわかる

ひとりひとりが違うんだから、からだの動かし方だって一人一人違うはず。

ポイントを押さえた動きのアドバイスと、シンプルなエクササイズ、騙されてるみたいだけれど

終わってみたら本当に楽に走りが変わってる。

 

からだを動かすことが苦手でも、からだを動かすのがイヤだと感じることなく

楽しみながら上手くなる、速くなる、そんなワークショップをやってます。

今年は11月12日(土)と12月10日(土)の2回のみ。

お申し込みはこちらまで▶︎ 高知県立幡多青少年の家 Tel: 0880-44-1001

Adsense

Adsense

-BODYWISE
-, , , , ,

執筆者:


  1. […] 子どもたちにとって速く走ることはかなりのウエイトを占める重要な項目! […]

関連記事

2014.02.05 四万十町グループワーク

急遽2014.02.05 四万十町窪川のふるさと未来館にてグループワークを実施します。 詳細はFacebookのファンページにて!    

足について③

足の接地時間が長いということは、地面に対して伝わる力をコントロールする余裕があるわけですが、足が正しく地面を捉えている必要があります。 しかし、外反母趾などのように足の形状が変形していると不安定な礎石 …

からだは食べたものからできている。

Folks Over Knives 現代の「食生活」が引き起こす生活習慣病、特に肥満と糖尿病について記録したドキュメンタリー映画です。 運動不足もまた、肥満や生活習慣病の原因になりますが、それ以上に大 …

ワークショップのお知らせ @土佐清水市

運動教室のお知らせ 9月8日(土)15:30〜17:00 土佐清水市にある市民体育館にて運動教室を行います。 参加費は1,000円 (シニア割 500円) はっきりいって「めちゃくちゃお得です!!」 …

ここでしかできないこと。わたしにしかできないこと。

こんにちは、全米ストレングス&コンディショニング協会認定パーソナルトレーナーの小林です 高校卒業と共にこの地域を出てあちこち漂流し、ふとしたことがきっかけになって戻ってきて 今年、4年目の春を …

気になるワードを記事から検索

スケジュール

プロフィール

Hirota Kobayashi
ボディワーカー・パーソナルトレーナー
友だち追加

おすすめ記事