BODYWISE

速く走るためには頑張るんじゃなくて考える。

投稿日:

子どもの頃、速く走れるかどうかは超重要課題だった

きっと今も昔も小学校のときに”速く走れる”かということはとても重大ミッションだった。

ふだん、サッカーをしたり鬼ごっこをしたり遊びでは速さを何かでカバーできた。

フェイントを工夫したり、チームワークで乗り切ったり子どもなりに必死に考えてがんばった。

が、どうにもならないのが運動会とマラソン大会だ。

これだけはごまかすことができないので、気付かないふりをしていた自分の実力を知る。

必死に頑張っても頑張ってもこればかりは量をこなすだけでは上達しない。

先生からはもっと頑張りましょうと言われ、別の人からは向いていないということを言われる。

自分でも一所懸命がんばってるし、忍耐力も集中力も限界を振り切るぐらいまでになってるのに。

それでも上達しないということは、鍵になるのは「考える力」なんだろう。

 

考え、感じて答えがわかる

ひとりひとりが違うんだから、からだの動かし方だって一人一人違うはず。

ポイントを押さえた動きのアドバイスと、シンプルなエクササイズ、騙されてるみたいだけれど

終わってみたら本当に楽に走りが変わってる。

 

からだを動かすことが苦手でも、からだを動かすのがイヤだと感じることなく

楽しみながら上手くなる、速くなる、そんなワークショップをやってます。

今年は11月12日(土)と12月10日(土)の2回のみ。

お申し込みはこちらまで▶︎ 高知県立幡多青少年の家 Tel: 0880-44-1001

Adsense

Adsense

-BODYWISE
-, , , , ,

執筆者:


  1. […] 子どもたちにとって速く走ることはかなりのウエイトを占める重要な項目! […]

関連記事

姿勢を良くしようとして胸を張るのは良くないですよ。

猫背は良くなる 先日、知人のお店で食事をしていたら「先生のところで猫背は治る?」と聞かれました。 答えはもちろん治ります! 治るという表現は適切ではないかもしれません、からだが正しいポジションになるよ …

Nature Trekking “zen”

連休中、県外からの参加者を募ってモニターツアーを実施しました 春の香りの風を感じながら幡多の自然のなかで心とカラダを解放することで 心とカラダの有機的で機能的な繋がりに気づいてもらえた気がします より …

workshop for runners

冷え込みもやや弱まりランナーにとって走りやすい季節になりました 夕暮れの四万十川の堤防には以前よりランナーの数が増えてきた気がしますが ひょっとするとお正月太りを解消しようと新たに始めた方かもしれませ …

no image

Other Video games Like Blackjack

The Indian Gaming Regulatory Act of 1988 permitted the state’s tribal factions to function land-base …

くろしお健康エクササイズクラブ

くろしお健康エクササイズクラブ発足! 今年度より黒潮町で新たなプロジェクトに取り組むことを決定しました。 都市部とは異なり、地方都市のさらにまた田舎ではフィットネスクラブなどがありません。 住民も高齢 …

気になるワードを記事から検索

オススメアプリ

プロフィール

Hirota Kobayashi
ボディワーカー・パーソナルトレーナー
友だち追加

良く読まれている記事

【よく読まれている記事】

腹筋について思うことあれこれ

鍛えるのは筋肉ではなく脳・思考・空間把握能力

生きるということ

Facebook page