BODYWISE

速く走るためには頑張るんじゃなくて考える。

投稿日:

子どもの頃、速く走れるかどうかは超重要課題だった

きっと今も昔も小学校のときに”速く走れる”かということはとても重大ミッションだった。

ふだん、サッカーをしたり鬼ごっこをしたり遊びでは速さを何かでカバーできた。

フェイントを工夫したり、チームワークで乗り切ったり子どもなりに必死に考えてがんばった。

が、どうにもならないのが運動会とマラソン大会だ。

これだけはごまかすことができないので、気付かないふりをしていた自分の実力を知る。

必死に頑張っても頑張ってもこればかりは量をこなすだけでは上達しない。

先生からはもっと頑張りましょうと言われ、別の人からは向いていないということを言われる。

自分でも一所懸命がんばってるし、忍耐力も集中力も限界を振り切るぐらいまでになってるのに。

それでも上達しないということは、鍵になるのは「考える力」なんだろう。

 

考え、感じて答えがわかる

ひとりひとりが違うんだから、からだの動かし方だって一人一人違うはず。

ポイントを押さえた動きのアドバイスと、シンプルなエクササイズ、騙されてるみたいだけれど

終わってみたら本当に楽に走りが変わってる。

 

からだを動かすことが苦手でも、からだを動かすのがイヤだと感じることなく

楽しみながら上手くなる、速くなる、そんなワークショップをやってます。

今年は11月12日(土)と12月10日(土)の2回のみ。

お申し込みはこちらまで▶︎ 高知県立幡多青少年の家 Tel: 0880-44-1001

Adsense

Adsense

-BODYWISE
-, , , , ,

執筆者:


  1. […] 子どもたちにとって速く走ることはかなりのウエイトを占める重要な項目! […]

関連記事

からだについて学び、実践し、日常に活かすエクササイズ教室

黒潮町土佐佐賀で行われる月に一度のエクササイズ教室 運動する場所や機会が少なかったり、運動の仕方がわからなくて始めるのが難しい そんな声を受けて、黒潮町社会福祉協議会が主体となり行なっている運動教室で …

基本となるのは姿勢、そして立つ歩く座る動作が楽に行えるかどうか。

そのトレーニング、本当に必要ですか? 私自身、トレーナーという立場ですが、子どもの成長を見ていると 「本当にトレーニングは必要なのだろうか?」という考えになります。 だって彼らは何のトレーニングもせず …

「腸」について考えたことありますか?

昨年から始まったNHKスペシャル シリーズ 人体 神秘の巨大ネットワーク 今回のテーマは”腸”でした。 消化器としての腸は、食べものに付着する菌やウイルスを直接体内に取り込むので常に危険にさらされてい …

気持ちよくからだを動かせる1DAYスペシャルレッスン!!

  自分のからだのことを少しずつ知りながら じかんをかけて丁寧にからだと心と変えていきませんか? 2か月で!と期限を定めるのもいいんですけど 「なんのために?」というシンプルな問いかけをして …

自分と世界の境界線を…なんていうとマニアックすぎますね。

体幹が整うと、からだは本来の姿に戻っていく 和の所作で整える体幹コンディショニングも今月でvol.3となりました。 このワークショップでは、僕がからだを通して経験したことをギュッと凝縮してお伝えしてい …

気になるワードを記事から検索

オススメアプリ

プロフィール

Hirota Kobayashi
ボディワーカー・パーソナルトレーナー
友だち追加

おすすめ記事

良く読まれている記事

【よく読まれている記事】

腹筋について思うことあれこれ

鍛えるのは筋肉ではなく脳・思考・空間把握能力

生きるということ

Facebook page