ひとりごと

速く走るためには頑張るんじゃなくて考える。

投稿日:

子どもの頃、速く走れるかどうかは超重要課題だった

きっと今も昔も小学校のときに”速く走れる”かということはとても重大ミッションだった。

ふだん、サッカーをしたり鬼ごっこをしたり遊びでは速さを何かでカバーできた。

フェイントを工夫したり、チームワークで乗り切ったり子どもなりに必死に考えてがんばった。

が、どうにもならないのが運動会とマラソン大会だ。

これだけはごまかすことができないので、気付かないふりをしていた自分の実力を知る。

必死に頑張っても頑張ってもこればかりは量をこなすだけでは上達しない。

先生からはもっと頑張りましょうと言われ、別の人からは向いていないということを言われる。

自分でも一所懸命がんばってるし、忍耐力も集中力も限界を振り切るぐらいまでになってるのに。

それでも上達しないということは、鍵になるのは「考える力」なんだろう。

 

考え、感じて答えがわかる

ひとりひとりが違うんだから、からだの動かし方だって一人一人違うはず。

ポイントを押さえた動きのアドバイスと、シンプルなエクササイズ、騙されてるみたいだけれど

終わってみたら本当に楽に走りが変わってる。

 

からだを動かすことが苦手でも、からだを動かすのがイヤだと感じることなく

楽しみながら上手くなる、速くなる、そんなワークショップをやってます。

今年は11月12日(土)と12月10日(土)の2回のみ。

お申し込みはこちらまで▶︎ 高知県立幡多青少年の家 Tel: 0880-44-1001

Adsense

Adsense

-ひとりごと
-, , , , , , , ,

執筆者:


  1. […] 子どもたちにとって速く走ることはかなりのウエイトを占める重要な項目! […]

関連記事

LINE@はじめてみました。

こんにちは、全米ストレングス&コンディショニング協会認定パーソナルトレーナーの小林です 中学校の運動部のこどもたちもスタジオを利用してくれているのですが、驚くことがありました 何とiPhone …

からだを鍛えるのはなぜか、そしてどのようにするのか?

カラダを鍛えるということ カラダを鍛えている人と、カラダを鍛えていない人のあいだにある埋められないギャップ。 それは「動くとしんどい」という感覚ではないだろうか。 スポーツはカラダに悪いということを言 …

【note、連載2回目】夢を実現するために必要な思考パターン

昨日、本を読んでいて気になったフレーズの意味を考えてたら今日になってました。     今日は今日で朝、瞑想をしていると色々なイメージが降ってきて頭の中を整理する1日でしたね。 &n …

開脚ができるようになりました

開脚ができるとなんだかカッコいい!そう思う人が多いのでしょうか。 ふと気になってamazonで探すと「開脚ができるようになる」本やDVDがたくさんありました。 DVDでできる!やせる開脚ストレッチ―4 …

FULL MOON SESSION

満月の夜、波の音が聞こえる浜辺でシークレットセッション   オフショアの風で暑さが和らいだ心地よい空間 からだに意識を向けると、気持ちよいほどに解けていく こわばっていたところが緩み、呼吸も …

からだのがっこう

からだのがっこう

からだの中に眠っている力を引き出して
ブレない体幹としなやかなからだに!!
会 場:Conditioning Studio BODYWISE
日 時:木・金
参加費:2,000円【予約優先制】
クービック予約システムから予約する

からだの話@岩本寺

からだの話 @岩本寺

快適に暮らすための身体の使い方を紹介!
会 場:四万十町 岩本寺
日 時:2017/10/29(Sun)14:00〜15:00
参加費:2,000円【予約優先制】
クービック予約システムから予約する