BODYWISE

楽しくからだを動かす魔法の秘密❶

投稿日:2016年11月13日 更新日:

本格的なトレーニングを◎

「楽しくからだを動かす魔法」というとなんだかちょっと子供だましみたいな感じですが…

実は、というか、かなり本気です。

子どもたちにとって速く走ることはかなりのウエイトを占める重要な項目!

運動会もそうですが、少年野球や、サッカー、マラソン様々な場面があり速く走れることは運動が楽しくなる基本的な要素です。

からだが安定している状態で、四肢をしっかり動かし力を伝え、内部バランスを保ちながら質の高い動きが要求される究極にシンプルな動作と言っても過言ではないかもしれません。

ともあれ、そんな運動能力を評価する指針として用いることができるひとつがランニングで、そのパフォーマンスが高ければ様々なスポーツの場面dめお相対的に運動能力が高くなるということが言えます。

今回はちょっとそんな「楽しくからだを動かす魔法」を紐解いていきますので、何かの参考になれば嬉しいです。

 

からだの発育発達を知る

ボディワイズのブログではよく登場するスキャモンの発育発達曲線

sukyamon

ここで見るべきは神経系の発達で、図にもあるように4〜5歳までには成人の80%にまで発達します。

一方で「筋トレ」と呼ばれるものは一般型というところには当てはまり、二次成長の時にグッと高まります。

ということは子どもの頃に筋トレをする目的は筋肉を肥大させることではなく、思い通りに体を動かせるため四肢をコントロールするのがその目的になります。

個人差があるので断定することはできませんが、オスグッドなどスポーツ障害が出てくるのは発育発達の段階にあったトレーニングになっていないということが大きな要因になっているのではないかと考えられます。

楽しくからだを動かす魔法では、これからの健全なからだの発育発達のために重要なポイントをぎゅっと詰め込みました。

からだを動かすことが楽しく感じることができる、感覚的なアプローチを中心にした体験してわかる、考え方が身につくワークショップです。

 

アジリティトレーニング

まずはウォーミングアップとして行ったのがSAQトレーニングとしても知られている(であろう)ラダーを使ったアジリティトレーニング

th_pb120008

これは俊敏さや機敏性を高めるためのトレーニングで、サッカーの練習などでは積極的に取り入れられているトレーニング

あのFCバルセロナでもこんな感じでジュニアの頃からやっていますし、見たことがある方も多いのではないでしょうか?

 

コアコーディネーション(ボール編)

アジリティトレーニングをしてからだが動きやすくなってきたら、室内に移動してコアコーディネーション(体幹とそこから伸びる手足の協働)を高めるためのトレーニング

th_pb120017

体幹というのは概念なのですが、不安定な状態で安定してからだを動かせるようにするために欠くことができないのが体幹ですよね。

ボディワイズではボールを使って不安定さを加え、床でいろいろな動きを行います。

これが大好評で♫

子どもはもちろんお年寄りまで幅広くアレンジをすることができます。

驚くことにコアコーディネーションを行うだけで、姿勢やからだの不調などは劇的に改善します。

 

コアコーディネーション(チューブ編)

2015-04-02-12-05-25

著書アナトミートレインでも知られる筋膜組織の権威トーマス マイヤース氏のワークショップでも実施され、これからの時代のスタンダードになるであろうキネティックチェーンをベースにしたトレーニング

th_pb120026

今回のデモではちょっと難易度の高い(右手右足)の同側でチャレンジしてもらいました。

th_pb120027

子どもたちは通常の(右手左足)でのチャレンジ!!次回は同側にもチャレンジしてもらいたいですね。

そうしてトレーニングの前半が終了!さあ走りはどう変わったのか?!

th_pb120007

からだの感覚を感じてもらうため終始70%ぐらいの力で走ってもらったのですが、子どもたちのからだは素直ですね!

あちこちから「動きやすい〜!」「足が上がりやすい!」など嬉しい声が聞こえてきて、走り方にも大きな変化が見られました。


つづく。

Adsense

Adsense

-BODYWISE
-, , , , ,

執筆者:


  1. […] 高速、あるいは高負荷でも安定して四肢を動かせるようなプログラムデザインをもとにした前半の様子はこちら […]

関連記事

新:身体論

赤ちゃんは誰に倣うでもなく、寝返りをし、はいはいを始め 色々なものを持ち、二本の足で立ち、柔らかいからだで成長する。 5年が経ち、10年が経ち、あるときにふとからだに不調があることに気がつく。 赤ちゃ …

からだの持つちから:病むことは力

麻疹のパンデミックが言われる中で思うこと からだが持つ回復力について書きましたが、からだには生命を維持するためのホメオスタシス(恒常性)が備わっています。 ホメオスタシスとは、生物(および鉱物において …

NHKの朝の番組でネイチャーエクササイズが取り上げられました!

NHKのおはよう四国でネイチャーエクササイズが特集されました。 エクササイズのナビゲーターは私、小林が担当させていただいています。 太平洋を眼下に望む “考える村” の森の中を1時間ほどかけて歩きなが …

姿勢と呼吸、そして自律神経

呼吸は随意運動でもあり不随意運動でもある おそらく多くの方が、呼吸をしているのは肺だと思っていますが、呼吸をしているのは”肺”ではありません。 横隔膜が上下に動くことにより、胸 …

– 楽しくからだを動かす魔法 – 親子で楽しめる体感ワークショップ!!

この秋、親子で楽しめて体幹を体感できるワークショップのお知らせです。 このワークショップでは、運動が得意な子も、苦手な子も、運動不足のお父さんお母さんも、楽しみながらからだを動かすだけで、終わった時に …

気になるワードを記事から検索

オススメアプリ

プロフィール

Hirota Kobayashi
ボディワーカー・パーソナルトレーナー
友だち追加

良く読まれている記事

【よく読まれている記事】

腹筋について思うことあれこれ

鍛えるのは筋肉ではなく脳・思考・空間把握能力

生きるということ

Facebook page