ロコクロ体操から考える地方での健康の在り方

地域で取り組むロコモティブシンドローム予防

ありがたいことに4年前から高知県黒潮町で取り組んできたロコクロ体操(ロコモティブシンドロームを予防する潮町独自の体操)が高知県社会福祉協議会の冊子 ”タマテバコ” に取り上げられました、どうもありがとうございます。

 

さてロコモティブシンドロームとは…

運動器[1]の障害や、衰え(関節可動域制限やサルコペニア等の筋力低下など加齢や生活習慣が原因といわれる[2])によって、歩行困難など要介護になるリスクが高まる状態のこと[3]。一言で言えば、運動器機能不全のことである。日本整形外科学会2007年に提唱した呼称(和製英語とされる[4])で、予防啓発を行っている[5]ロコモと略されたり、ロコモティブシンドロームロコモーティブシンドロームロコモーティブ症候群運動器症候群などと呼ばれることもある。 wikipediaより引用

 

高齢化が進みゆく地方で、自治体がこうした健康づくりの取り組みをすることは回り回って医療費の軽減や自立した暮らしを進めるのには有益になるでしょう。

4年の月日をかけて住民の方に認知されたロコクロ体操は現在、ロコクロエクササイズへと進化しました。

運動習慣をつけることが目的だった体操から、さらになんらかの身体機能改善を目的としたエクササイズになり、こうした軽運動を続けていくことで健康でいられることを体感してもらえるのは嬉しい限りですし、将来的にロコクロビクス、あるいはロコクロダンスといったように地域に愛される「体についての智恵を育む」存在になれたらいいなと考えています。

 

都市と地方でひらく健康格差

 

都市部ではフィットネスクラブが多くあり、人々の健康への意識も高いので地方と比べると運動への意識も高いとは思います。

一方で、農林水産業に従事している方が多い地方では、デスクワークが多い都市部とはライフスタイルが大きく異なり、肉体労働をした後に運動をしようと思っても疲れたからだで運動をするのは気力・体力的にも難しく、また運動をしようにもフィットネスクラブなどの場所もなく、また運動指導ができる人材が少なく、よっぽど必要性に駆られて求めなければ”健康づくり・からだづくり”ということに興味を持つことが少ないように思います。

また自動車が生活の中心にあるため、ドアtoドアの暮らしになり運動をする機会がますます減っていくのが現状です。

自然が豊かな地方で暮らしているのに、運動不足で病院にかかることが多く健康的な暮らしが送れていないというのはなんとも本末転倒な気がします。

 

地方で健康・運動への意識を高めるためにはどうすればいいのか

食生活を見直したり運動習慣をつけるよう働きかけると言うのは簡単ですが、実際に落とし込むのは難しいように感じます。

黒潮町を例にあげると、幸いなことに?!地デジ難視聴地域が多くみられる黒潮町では地デジに移行するのを機に自治体が防災無線も兼ね備えたケーブルテレビを敷設整備したことで、IWKTVという黒潮町独自のチャンネルを通してロコクロ体操を1日に複数回放送することで ”からだを動かすことの大切さ” というものを伝えてきました。

また自治体が出張サロンを行い、それぞれの居住地域の方が参加できる広い意味でのレクリエーション活動を行なってきました。サロンの内容は保健に関するものや、栄養や食事に関すること、暮らしのワンポイントアドバイス、運動教室などで、年間を通して同町内を順番に回るというものです。

それぞれの地域性やインフラなど違いはありますが、こうした自治体を中心とした行政が主導となって行なっているものに専門知識を持っている各分野の方々を積極的に取り入れることで、より迅速で先進的なサービスが提供されていくでしょう。また、その地域にいた人や他所から移住してきた人など、地域にいる人材を活かした円滑な連携ができるようなシステムを構築することができると、地方ならではの充実した健康づくりを進めることができるのではないでしょうか。

姿勢を良くしようとして胸を張るのは良くないですよ。

猫背は良くなる

先日、知人のお店で食事をしていたら「先生のところで猫背は治る?」と聞かれました。

答えはもちろん治ります!

治るという表現は適切ではないかもしれません、からだが正しいポジションになるように一緒に改善していくことで少しづつ元に戻すことができます。

ただ、猫背は背中だけが丸くなるだけじゃないんです。

全身タイツのような1枚の皮膚、その皮膚の下にある筋肉、その筋肉が付着している骨すべてが引っ張りあって結果として背中が丸くなり、からだに不調が生じてくるわけです。

こちらの動画をご覧ください。

ご相談をいただいた方は、仕事で厨房に立つので重心はつま先の方へ動きます。そして腕も首も斜め前方へしなだれる姿勢になり、からだの傾いた姿勢は “変な感覚” になるので、堪えようとする反対向きの力が加わり静止状態が連日続くため力の均衡がとれたまま固まってしまうのです。

長い間着ることのない服に折りシワがつくのとイメージは同じです。からだの表面が変化するともちろんそれに伴いからだの内側の骨にも変化が起こってくるという感じ。

20170222-144328.jpg

オシャレは足元から…ではないですが、オシャレをするための姿勢は足元から。

猫背に限らず、からだの不調を感じる方はご自身の姿勢を気にしてみてはどうでしょうか。

極寒の南国高知でスノーシューイング!!

日本のカリフォルニア、高知!!

冬でもサーフィンができるので南国のイメージがある高知県ですが、ほら!!

びっくりするぐらいの積雪があるんです!!

ここは天狗高原、四国カルストとして知られている高知県と愛媛県の県境。

標高は1400m、100m上昇するごとに気温は0.6℃下がるので平野部との気温差はおよそ8℃。

幻想的な世界が広がる天狗高原、天狗荘でアウトドアエクササイズを共催しました。

アウトドアエクササイズというと「雪山でヨガでもやるの?」という声も聞こえて来そうですが

屋外でからだを動かすために必要な「からだのケア」と季節で楽しめる「アウトドアアクティビティ」のセットで、今回は”疲れにくいからだを作る全身の柔軟性をアップさせるためのエクササイズ”を行いました。

満月の夜に天狗高原の天狗と交信している様子ではなく、股関節周辺の柔軟性(腸腰筋)を緩めている様子。

90分程度話しながらゆっくりからだをほどきましたが、皆さんからだの変化にとても驚いてました!

そうそう、自分のからだのことを知ってあげると簡単にからだは変わるんです◎

終わった後は温泉に入って、たくさん水分を補給してぐっすり眠れたのではないでしょうか?

 

夜はボディケア、翌日は気持ちよく雪原をスノーシュで歩こう!

初日の地吹雪も落ち着き、二日目は朝から快晴!!

これは気持ちよくスノーシューが楽しめそう!!

ピークに続く雪原が広がる場所まで急ぎ足で歩いて

スノーシューを履いて、ピークを目指してGO!!

高知とは思えない腰まである新雪を掻き分けてズンズン進みピークへ到着!

誰の足跡もついていない山頂から見る景色は気持ちが良かったです!

距離にして2kmも歩いていないと思いますが、2時間ほどかかって天狗荘まで到着!ヘトヘトです

ピークを目指すのは体力がいりますが、初心者の方にはセラピーロードと展望台があるエリアがあって

こちらはカメラを持った方やお子様連れのお客さんたちが楽しそうに雪で遊んでいました◎

寒いのが苦手な方には天狗荘の2階にパノラマルームもあるので、こちらで暖かく雪山を楽しんでもらえます◎

今シーズンは難しそうですが、来シーズンはぜひ天狗荘でのスノーシューに行ってみませんか??

春にはセラピーロードを使ったトレイルウォークも考えているのでこちらもお楽しみに◎