BODYWISE

からだを動かしているナニカを知れば、からだが見えてくる。

投稿日:2017年6月1日 更新日:

前回は「からだを動かす」ナニカについてのお話をしました。

頭がからだを動かす、心臓がからだを…、やっぱり筋肉が…いろいろな意見があると思いますが。

この地球上のモノ全てに平等に働く力といえば、ニュートンが見つけた万有引力。

万有引力(ばんゆういんりょく、英語: universal gravitation)または万有引力の法則(ばんゆういんりょくのほうそく、英語: law of universal gravitation)とは、「地上において質点(物体)が地球に引き寄せられるだけではなく、この宇宙においてはどこでも全ての質点(物体)は互いに gravitation(=引き寄せる作用、引力、重力)を及ぼしあっている」とする考え方、概念、法則のことである。

モノにはたらくコトワリだから物理ですね。

この映像はカオス振り子という物理学の教材ですが、見ようと思えば股関節・ひざ関節に見えないことはないと思います。

もちろん関節の作りがどれも平面的なので、難易度の高い動きをする人の動きとは異なってきますが、モノを動かしている力が「重力」ということにはひとつ納得してもらえるはずです。

からだに伝わった重力をどう感じ、からだに留めることなく如何に地面に伝えるかということ。

つまり図で示すとこんな感じで、踏んだ力と同じ力が跳ね返ってきているわけです。

だとしたらからだのイメージというのはこんな感じになってきます。

骨がフレームとなって、筋肉が等しい張力を保ってからだの中に空間を作り、その空間が均等な圧力のまま動けるというのがベストな状態。

例えるならボールのように弾み続けることができ、ゴムのように弾力があり柔らかい筋肉と力を正しく伝えることのできる復元力の高い骨格を持ったからだです。

目的によって結論は変わってくることもありますが、快適な日々を過ごすためには筋肉を常に固い状態にさせていることや、張力バランスを崩すほどの筋肉を局所的につけようとするのは決して進められることではありません。

こちらはチーターが走っている映像をスーパースローで再生したものですが、前足で捉えた地面の衝撃を滑らかに後方へと波のように伝えているのがわかります。

このようにからだが動く仕組みや動かす力がナントナク解ってくると、今度は実際の動きが変わってきます。

簡単な説明と資料では伝わりにくいので、次は実際に仕組みを知ってからだを変えてみることをやってみましょう◎

Adsense

Adsense

-BODYWISE

執筆者:

関連記事

小学校へお邪魔してきました

こんにちは、高知の四万十市でトレーナーをやっている小林です。 僭越ながら、今日は小学校でキャリア教育の講師として授業をしてきました

私たちは翼の動かし方を忘れてしまった

私たちは翼を持っているのに、動かす方法を忘れてしまった 私たちは二足歩行を始めたことで脳が大きくなり、高度な知能を得た代わりに色々なことを忘れてしまった。 その一つが、私たちにある翼の動かし方である。 …

からだの使い方について知ることができる本

からだについて…という話をすると、難しそうとか、時には気持ちが悪いとかと言った答えが返ってきます。 難しそうというのはともかく、気持ちが悪いというのはもはや理解不能です。 一方で、トレーニ …

【養成講座のお知らせ】

高知県東部の芸西村にてネイチャーウォークのインストラクター養成講座を担当します。 27年度東部博事業の一環として行われるので、受講料は無料です。 考える村を会場として、敷地内の自然を楽しみながらカラダ …

WAIWAIフリーマーケット@土佐清水でのグループレッスン

こんにちは、全米ストレングス&コンディショニング協会認定パーソナルトレーナーの小林です 先日の愛南でのスロートレーニングのワークショップは大盛況で終わることができました!! 今週は少し変わって …

気になるワードを記事から検索

スケジュール

プロフィール

Hirota Kobayashi
ボディワーカー・パーソナルトレーナー
友だち追加

おすすめ記事