BODYWISE

60分でからだはこんなにも変わる!!

投稿日:2017年7月7日 更新日:

海を越え、山を越え、黒潮町の海端にある地区の「ふれあいサロン」に参加してきました。

黒潮町でのお仕事が始まったきっかけは、4年前に考案したロコクロ体操でした。

ロコモティブシンドロームを予防する黒潮町独自の体操ということでロコクロ体操!と命名)

昨年あたりからは参加してくださる方のニーズに合ったものをということを考え、いろいろな道具を使って整えながらからだを動かすということを行なっています。

運動前後でのからだの様子をチェックしようと撮影した動画を見直していたところ、驚く結果が出ていました。

白シャツで紺のジャージの女性(左から2番目)がbefore(上)after(下)で立ち姿が大きく変化している

動画のスクリーンキャプチャなので画質が悪いのは否めませんが…

ふれあいサロンでは、60分の中で無理をすることなく自分でからだを動かしながら整えています。

参加者の平均年齢はover70ぐらい、日頃の運動もウォーキングをしている方がちらほらいる程度(畑仕事などは行なっているのかもしれない…)なので60分でこの変化は驚きました!

正しいからだの使い方がわかってくると、からだ本来が持つレジリエンシー(回復力・復元力)がこうも働くのですね!!

加齢による衰えというのは避けられない部分はありますが、意識してからだを動かすことで衰えは緩やかなものにできるかもしれません。

機能改善を目的として行なっていたので、ある程度は予測していたものの大きな変化があったことは励みになりますね。

これからもまたいろいろと検証を重ねていきたいと思います。

Adsense

Adsense

-BODYWISE
-, ,

執筆者:

関連記事

ロコクロ体操から考える地方での健康の在り方

地域で取り組むロコモティブシンドローム予防 ありがたいことに4年前から高知県黒潮町で取り組んできたロコクロ体操(ロコモティブシンドロームを予防する黒潮町独自の体操)が高知県社会福祉協議会の冊子 ”タマ …

速く走るためには頑張るんじゃなくて考える。

子どもの頃、速く走れるかどうかは超重要課題だった きっと今も昔も小学校のときに”速く走れる”かということはとても重大ミッションだった。 ふだん、サッカーをしたり鬼ごっこをしたり遊びでは速さを何かでカバ …

美しいからだは日々の暮らしが創る

最大範囲で関節が可動し、必要なときに必要な力を出せ、自分で疲れをいやせるだけの回復力が備わっているカラダこそ個性があり機能的で美しい。   土と触れ合う農作業、森に入る林業では脚で大地を踏み …

赤ちゃんの同じように、自分のからだにも愛情を!

親子リラックス体操@黒潮町子育て支援センター いつも思うんですが、保育園や幼稚園の先生ってすごいですよね。 こんな看板があると「おっ!!」と目を引いてしまいます。 しかも第1回とあるので、この先が2回 …

より少ない力で、大きな動きを生むからだへ

「動き」は、私たちの暮らしをつくっている。 仕事や学校に向かうための道が伸び、交通インフラが整い、食料品店ができ、飲食店ができ… 都市部は人が増え、だんだんと複雑になってきた。 複雑になり …

気になるワードを記事から検索

スケジュール

プロフィール

Hirota Kobayashi
ボディワーカー・パーソナルトレーナー
友だち追加

おすすめ記事