BODYWISE

からだを動かしているものは何なのか。。。

投稿日:

ひとの身体の作りはシンプルなシステム(張力ネットワーク)だが、構造はとても複雑だ。

自然物は水分を高く含み細かい捻れや反発といった動きができる有機的なもの。

それに対して人工物はメタル感むき出しの無機質なもの。

組織の一部(個人)になるのか、組織になるのかはどう動くのかを決定づける。

この写真の場合、ひざ関節は人工的なものに置き換えられている。

大腿骨・半月板・膝蓋骨があらわになっているが、非常に単純な構造で出来ていることに改めて驚いてもらえたらと思う。

衝撃的な表現を伴うので画像処理をしています。実際の写真をご覧になりたい方は画像をクリックしてください。

衝撃的な表現を伴うので画像処理をしています。実際の写真をご覧になりたい方は画像をクリックしてください。

組織として動くのなら和を持って行動することが望ましいが、自由を望む場合は独立的でいることができる。

有機的なからだの中に突如現れたのは、人工関節。

和が保たれていた状態に無機質なものが入ってくると、初めは動きに戸惑うこともあるだろう。

人工関節それだけを見ると無機質で独立した組織として機能するかもしれないけれど、こうしてからだに馴染むまで時間が経過すれば、ひょっとしたら組織として全体性を帯びた動きができるようになるのかもしれない。

わかりやすい物理学・量子力学の世界の話として、粒子と波を例に挙げよう。

この場合、物質を構成する「最小限の単位」として粒子が、物質の特性としての「状態」になる。

感覚がからだを認識している以上、からだという状態は存在する。

同時に、各細胞>分子>原子>素粒子としても物質は存在する。

ふたつの異なる事実が同時に存在するということは、両方の特性をもった現実が存在するということ。

どちらも細部に意識を向けることができれば、高いパフォーマンスは発揮できる。

それはどちらもじぶんのからだなのだから。

Adsense

Adsense

-BODYWISE

執筆者:

関連記事

からだを動かしているナニカを知れば、からだが見えてくる。

前回は「からだを動かす」ナニカについてのお話をしました。 頭がからだを動かす、心臓がからだを…、やっぱり筋肉が…いろいろな意見があると思いますが。 この地球上のモノ全てに平等に …

日本式スタイルが革命をもたらした!!

トイレに革命をもたらしたSquatty Potty(スクワッティーポッティー) 日本では洋式のトイレが主流になり、和式のトイレがだんだんと減ってきていますが アメリカでは少し事情が異なるようで、洋式ト …

足について

vibram fivefingers®️の取り扱い終了のお知らせの後に、足の話というのはなんともですが… 日ごろあまり脚光をあびることのない「足」が実は凄いんだということを伝えたいと思いま …

アナトミートレインのワークショップを終えて

こんにちは、全米ストレングス&コンディショニング協会認定パーソナルトレーナーの小林です 4月1〜4日まで東京体育館でトーマスマイヤーズ氏のアナトミートレインのワークショップに参加してきました …

健康でいるためには脂肪は…?

あなたにとって健康って何ですか? スポーツを楽しめるからだでいること。 健康診断で引っかからないこと。 ごはんを美味しく食べられること。 長生きすること。 生活に気をつけて得ることができるもの。 美し …

気になるワードを記事から検索

スケジュール

プロフィール

Hirota Kobayashi
ボディワーカー・パーソナルトレーナー
友だち追加

おすすめ記事