BODYWISE

からだを動かしているものは何なのか。。。

投稿日:

ひとの身体の作りはシンプルなシステム(張力ネットワーク)だが、構造はとても複雑だ。

自然物は水分を高く含み細かい捻れや反発といった動きができる有機的なもの。

それに対して人工物はメタル感むき出しの無機質なもの。

組織の一部(個人)になるのか、組織になるのかはどう動くのかを決定づける。

この写真の場合、ひざ関節は人工的なものに置き換えられている。

大腿骨・半月板・膝蓋骨があらわになっているが、非常に単純な構造で出来ていることに改めて驚いてもらえたらと思う。

衝撃的な表現を伴うので画像処理をしています。実際の写真をご覧になりたい方は画像をクリックしてください。

衝撃的な表現を伴うので画像処理をしています。実際の写真をご覧になりたい方は画像をクリックしてください。

組織として動くのなら和を持って行動することが望ましいが、自由を望む場合は独立的でいることができる。

有機的なからだの中に突如現れたのは、人工関節。

和が保たれていた状態に無機質なものが入ってくると、初めは動きに戸惑うこともあるだろう。

人工関節それだけを見ると無機質で独立した組織として機能するかもしれないけれど、こうしてからだに馴染むまで時間が経過すれば、ひょっとしたら組織として全体性を帯びた動きができるようになるのかもしれない。

わかりやすい物理学・量子力学の世界の話として、粒子と波を例に挙げよう。

この場合、物質を構成する「最小限の単位」として粒子が、物質の特性としての「状態」になる。

感覚がからだを認識している以上、からだという状態は存在する。

同時に、各細胞>分子>原子>素粒子としても物質は存在する。

ふたつの異なる事実が同時に存在するということは、両方の特性をもった現実が存在するということ。

どちらも細部に意識を向けることができれば、高いパフォーマンスは発揮できる。

それはどちらもじぶんのからだなのだから。

Adsense

Adsense

-BODYWISE

執筆者:

関連記事

からだの真ん中あたりに陣取っているクラゲみたいなのを動かそう!

春、ゆっくりからだを解こう 今年の冬は寒かったですね〜! 今シーズン、高知に帰ってきてから初めて薪ストーブなしでの冬でしたが、薪ストーブの良さを改めて感じました。 とはいえ3月に入ってから気温はぐんぐ …

60分でからだはこんなにも変わる!!

海を越え、山を越え、黒潮町の海端にある地区の「ふれあいサロン」に参加してきました。 黒潮町でのお仕事が始まったきっかけは、4年前に考案したロコクロ体操でした。 ロコモティブシンドロームを予防する黒潮町 …

2016年はピラティスでキレイなからだになろう

昨年から始まった「美活ピラティス」 今年も美活ピラティスseason3が始まりました◎ ピラティスに限ったことではなくカラダは激変しません 少しずつ気づきがあって、変化があって 日々の積み重ねだけがカ …

からだの内側と感覚

今日は「からだの中心」ということが、セッションのテーマに上がりました。 からだの中心というのは意味は分かっても、からだで感じようと思うとすごく曖昧になります。 にも関わらず、「からだの中心から〜」とい …

お勧め書籍:内臓とこころ 三木成夫

「こころ」とは、内臓された宇宙のリズムである。 4億年かけて進化してきた生命の記憶は、毎日の生活の中で秘めやかに再生されている! 育児・教育・保育・医療の意味を根源から問いなおす。 そう解説しているの …

気になるワードを記事から検索

スケジュール

プロフィール

Hirota Kobayashi
ボディワーカー・パーソナルトレーナー
友だち追加

おすすめ記事