体感力をあげよう!!

感覚って不思議だと思いませんか?

ある人は快適に感じる温度でも、別の人は不快に感じたり。

平面に書かれているはずのイラストが、なんとなく立体的に見えたり。

同じ物事に対して感じ方が変わってくるのは当たり前だけど、どこか不思議な話です。

そんな「感覚」ですが、視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚の五感だけでなく、圧覚・痛覚・冷覚・温覚・運動感覚・平衡感覚・内部感覚などがあり、脳-神経系がこれらを統合しています。

そんな感覚を支配している脳-神経系ですが、その脳-神経系と密接な関係を「皮ふ」が持っているという話です。

あたりまえですが皮ふも、脳も、筋肉も。元はひとつの細胞から始まっています

からだはひとつとひとつの細胞から始まり、幾多の細胞分裂を繰り返してできた唯一無二の存在で、拡がる特性を備えています。

人は、生まれて成長に伴いさまざまな刺激を受け、身体能力や行動範囲を拡張していきます。

それだけではなく、コミュニケーション能力や表現力、高度な専門知識なども高めていきますが、それらは世界の中で自分のポジション(立ち位置)を快適にするために発揮されます。

しかし周囲が見えていない場合は、摩擦が生じたり、孤立したりして、拡がりきれず窮屈な状態に陥ることもあります。

人はからだ(感覚)を通してさまざまな情報を感じ、次のアクションを選択し、そのリアクションに対して、何かを感じ…と作用-反作用を永遠と繰り返しているのですが、その感覚を統合しているのは 脳-神経系で、脳が最終的に判断をします。

例えば、喉が渇いたな… → 水を飲もう! → 水道まで移動しよう →……..といった感じです。

一方で、先に述べたように皮ふは 脳-神経系に影響されない特別な能力を備えています。

環境の変化をからだの中で電気信号を送っている神経と同じ、もしくはそれよりも早い速度で反応することができるのです。

お風呂が暑すぎたり、寒すぎたりして思わず脚を引き上げた経験はありませんか?

これは皮ふにある感覚器官(センサー)が刺激に対して、脳を介さず起こす「反射」で、頭で考えるより早くからだが反応することで、組織が損傷するのを防いでいるわけです。

からだの内側にある 脳-神経系と、表面にある皮ふが同じような役割をしているのは、細胞の中の 外胚葉 というエリアから派生しているからです。

また、皮膚は外的ストレスや感情にも反応します。

寒いときにたつ鳥肌や、怒った時にお腹にぎゅっと入る力など、無意識すぎて気がつかないようなことでも、肌で感じたことはからだに反映されます。

それはもちろん嬉しい気持ちや幸せな気持ちで満たされた時も同じで、からだはリラックスして力が抜け快適な状態になります。

暮らしの中で意識することはないかもしれませんが、皮ふで感じたことに反応して、わたしたちのからだは連動しています。

なのでストレスを感じてギュッと萎んだ姿勢だと、細胞までギュッと押しつぶされてしまします。

からだが動かしづらい状態では、からだの痛みや不調にばかり意識が向きますが、

快適に動くためにはどうすれば良いか、当たり前すぎて見落としている”感覚”に意識を向けてみるのも良いかもしれません。

 

 

ワークショップへのご参加ありがとうございました!

“和の所作で整える体幹コンディショニング”のワークショップにご参加いただいた皆様

どうもありがとうございました。

色々なバックグラウンドを持った方が集まり、和やかなワークショップになりましたが

肝心の、今回のテーマ “腸腰筋” について色々と感じていただけましたか?

わかったつもりでも、いざやろうとすると「あれ?!」「どうだったかな?!」となることが多いので、記憶が鮮やかなうちに、家でもからだを動かしてしっかり復習してくださいね!

気になってたけど参加できなかった方も、ワークショップのダイジェストをどうぞ。

ワークショップの情報などはLINE@とFacebookでもアップして行きますので、よろしければこちらもフォローをお願いします。

友だち追加

ボディワークと、その付き合い方。

ボディワークって聞いたことありますか?

ボディワークという単語がまだそんなに浸透していないので、どういうこと??と思う方も多いでしょう。

ボディワークとは “からだに何らかのアクションを働きかけ、空間におけるからだの関わり方に良い変化をもたらすこと”です。

なので、からだに触れて施術をする鍼灸師やカイロプラクターや、ヨガやピラティスなどのインストラクター、運動指導を行うトレーナーも、お医者さんが行なっている医療行為もボディワークです。

そんなボディワークですが、同じお医者さんでも言ってることややっていることが異なりますし、ヨガやピラティスもさまざまな流派があります、鍼灸師や柔道整復師でも施術の内容はさまざまですし、痩せたいという目的に対する運動指導も同様に、それぞれが何か信条(ポリシー)を持って行なっています。

そのポリシーに共感してもらえたら「○○○○だから、あそこが良いよ!」という評判に繋がるのですが、共感してもらえなかったら「あまり良くなかったかな〜」という感想に止まります。

ボディワークとは、経験に基づき論理的思考で構築された、独自性を伴うアプローチです。

もし、今あなたが関わっているボディワークがあれば、腰を据えてじっくりと向き合って、ボディワーカーが伝えようとしている本質的な部分を探してみてはいかがでしょうか。

からだを通して、今のあなたに必要なものが見えてくるはずです。

「美味しかったよ」と言うみたいに、感想を伝えてもらえると嬉しいですね

先週は僕がやっていることについて、数人のクライアントから感想を聞かせてもらう機会がありました。

ある人はアートみたいだと言いました

哲学的だねと言った人もいました

世の中と真逆のことを言っているのに、からだの調子は驚くほど変わるから不思議だと言ってもらいました

からだが元に戻れる安心する場所

難しいブログをすごい勢いで更新してますね

と、セッションだけでなく、ブログの感想もいただけました。

僕が行なっているトレーニングやコンディショニングは基本的にオリジナルです。

幼少期から野口整体を始めさまざまなボディワークに触れ、スポーツに没頭してスポーツ障害も経験し、インストラクターやトレーナーとして国内外で経験したことなど… 今までの経験から築いてきた理論を元にアプローチをしています。

これまで僕がからだを通して経験したことを、あなたのからだを通して表現しているので、ひとりひとり受け取る印象が違うことは当然なんですが

改めてこうした声を聞かせてもらえるのは嬉しいですし、励みになります◎

からだのことや動きのことは、文字にするとどうしても伝わり難くなりますが、

今後もできるだけ分かりやすく伝えます、ボディワーカー Hirota Kobayashi があたまで考えていることをフォローしてみてください◎

健康でいるためには脂肪は…?

あなたにとって健康って何ですか?

スポーツを楽しめるからだでいること。

健康診断で引っかからないこと。

ごはんを美味しく食べられること。

長生きすること。

生活に気をつけて得ることができるもの。

美しくいること。

楽しい毎日を過ごせること。

スリムな体型でいること。

きっと10人いれば10通りの”健康”があります。

そしてそれは時とともに変化していくでしょう。

それでいいと思います。

健康でいることに興味があるのは良いことなのです。

それに加え、健康がどういう状態かを知っていれば、そのイメージはより現実化されます。

健康がテーマになると「脂肪」はよく悪者にされますが

からだでどんな役割を担っているかを知れば、脂肪に対する見方が変わります。

最近、NHKスペシャルの人体という番組がすごい!!とあちこちで言っているのですが

脂肪と筋肉がテーマの2回目も驚きの連続でした。

脂肪の研究者がいることも驚きですが、その研究者が「脂肪の考え方が180度変わった」とまで言わしめる発見、気になりませんか??

画像をクリックしてDailymotionで見る

実際、ほとんどの方がタモリさんと同じ意見なんじゃないかと思いますが、違うんですね。

いやぁ、ほんとこれは見た方がいい。

誰がみてもわかりやすいので、痩せたい方やからだを鍛えている方だけではなく、多くの方に見てもらいたい番組です。

番組の終盤でコペンハーゲン大学の教授が、動くことの重要性を述べていますが、

健康に暮らすため、これまで以上にからだを動かす機会をつくりたいですね◎

足について④

 

これまで “足” についていろいろと話してきましたが、少しは足に興味を持ってもらえたでしょうか?

足の骨が動けなくなるほど固くなってしまうと、うまく衝撃を吸収することができなくなるので、からだに生じる不調の原因のひとつになることが、なんとなくイメージできるようになったのではないかと思います。

逆を言えば、からだの不調は足の柔らかさ(柔軟性と弾力性)が高まれば解消されるということです。

個人的には足ツボ(足底反射区)については懐疑的ですが、足の筋肉を刺激するという意味で

昔からある青竹踏みや足ツボなどは、じぶんでできるひとつの健康法だったわけです。

今はいろいろなフットケアグッズがありますが、僕が使っているものをひとつ紹介します。

足について③

足の接地時間が長いということは、地面に対して伝わる力をコントロールする余裕があるわけですが、足が正しく地面を捉えている必要があります。

しかし、外反母趾などのように足の形状が変形していると不安定な礎石に乗っている柱も不安定になり、バランスの悪さは上体へと伝わります。

例えばこちらの方は、最近 仕事中に右足親指の付け根と腰に痛みを感じていました。

自然に立ってもらった状態で撮影をして、セッションの前後で足の状態を比較すると

上:before 下:after

靴下を履いたまま写真を撮ったので親指のねじれこそわかりにくいですが、セッションを終えた時、右足の親指がふっくらと地面を捉えることができていて、左右の足の幅も広がり股関節の下でうまく体重を支えているのがうかがえます。

また踵の内側からまっすぐに線を引いたときの、外側への振られ方にも変化が見られます。

右足親指の内側に力がかかり、左足が押し出されるように外に振られていましたが、セッション後には内側に戻ってきました。

上:before 下:after

そして面白いことに、広がったように感じた足幅は上から見るとさほど変化をしていません。

つまり、足の内側で骨と筋肉のポジションが変わったということです。

セッションを通して足の形状と状態が変わり、親指の痛みも腰の痛みもなくなりました。

私たちは歩くたびに地面から足を叩かれます。

あまり注目されることのない足ですが、からだは大きな影響を受けています。

左右の靴のすり減り方からも、体重のかかり方などいろいろなことがわかります。

足について②

レオナルド ダ ビンチが 「は人間工学上、最大の傑作であり、そしてまた最高の芸術作品である。」 と述べているように、足は自由に動かせることで正しく機能します。

足が自由に動くというのはどういうことでしょうか。

クッションがあったり、幅が広かったり、つま先が窮屈だったり履いている靴によって足で感じることは違いますが、何かしら感じているということは、靴によって動きを制限されていることに気がついているということです。

足はからだと地面をつないでいますが、家だと足に当たるのは柱が立つ礎石です。

もし礎石が傾いたり、柱が礎石の中心からずれたりしたら何らかのアクションを起こすはずですが、からだは気がついていてもアクションを起こすのは ”痛み” を感じてから…でしょうか。

家の場合、基礎が傾くと柱・床・屋根と傾きます。

からだの場合は、三半規管が働いてくれるために、基礎が傾いたら、床を反対側に傾けて目線の水平バランスを保とうとします。床が傾くと、屋根も…というようにずれた状態で水平バランスを取り、バランスを保つのが難しいというサインとして痛みに現れます。

たかが足かもしれませんが、地に足をついて暮らしている我々は足を知らずして暮らせるのでしょうか。

では、フラットなソールのvibram fivefingers®️と少し先が反っているトレッキングシューズでの歩き方の違いを、手前で設置している足の接地時間をチェックしてみましょう。

より本来の足の形に近い、フラットソールの方が接地時間が長くなってますよね。

接地時間が長いということは、それだけ足から地面に対して伝わる力をコントロールする余裕があるということです。

からだの礎でもある「足」とその履物、一度見直して見るのも良いかもしれません。

 

足について

vibram fivefingers®️の取り扱い終了のお知らせの後に、足の話というのはなんともですが…

日ごろあまり脚光をあびることのない「足」が実は凄いんだということを伝えたいと思います。

足には26個の骨があります。

からだには約200の骨があるので両足だと全体の約1/4を占め、両手両足だと約1/2になります。

からだの末端にどうしてこんなにも骨が集まっているかというと、細かい動きをするためでもあり、力をうまく吸収・分散・発揮するためでもあります。

では足がどんな構造をしていて、どのように動くのかチェックしてみましょう。

いかがでしたか?なんとも良く分からないかもしれませんが、

末端に行くほど骨の大きさは小さくなり、骨の質量や可動域、発揮できる筋力なども小さくなります。

草原を裸足で歩いたり、ビーチを裸足で歩いたり、地面の変化がわかるぐらい柔らかいソールで歩いたり、足の骨と筋肉がしっかり動かせているのなら何も問題は起きないと思います。

しかし、私たちの足には常に体重がかかっていて、これらの骨が動かせずに長期にわたって負荷がかかってくると骨の位置が変わります。

足は不規則な地面を安定して掴むために、動くことができるように設計されているのですが、靴という型に合わせてしまうと骨が動かなくなり、骨が動かなくなると筋肉も動かなくなるからなのです。

レオナルド ダ ビンチも 「は人間工学上、最大の傑作であり、そしてまた最高の芸術作品である。」 と述べているように、自由に動かせることで足はとても大きな役割を果たしていると言えるのです。