BODYWISE からだのがっこう

足について②

投稿日:2018年1月24日 更新日:

レオナルド ダ ビンチが 「は人間工学上、最大の傑作であり、そしてまた最高の芸術作品である。」 と述べているように、足は自由に動かせることで正しく機能します。

足が自由に動くというのはどういうことでしょうか。

クッションがあったり、幅が広かったり、つま先が窮屈だったり履いている靴によって足で感じることは違いますが、何かしら感じているということは、靴によって動きを制限されていることに気がついているということです。

足はからだと地面をつないでいますが、家だと足に当たるのは柱が立つ礎石です。

もし礎石が傾いたり、柱が礎石の中心からずれたりしたら何らかのアクションを起こすはずですが、からだは気がついていてもアクションを起こすのは ”痛み” を感じてから…でしょうか。

家の場合、基礎が傾くと柱・床・屋根と傾きます。

からだの場合は、三半規管が働いてくれるために、基礎が傾いたら、床を反対側に傾けて目線の水平バランスを保とうとします。床が傾くと、屋根も…というようにずれた状態で水平バランスを取り、バランスを保つのが難しいというサインとして痛みに現れます。

たかが足かもしれませんが、地に足をついて暮らしている我々は足を知らずして暮らせるのでしょうか。

では、フラットなソールのvibram fivefingers®️と少し先が反っているトレッキングシューズでの歩き方の違いを、手前で設置している足の接地時間をチェックしてみましょう。

より本来の足の形に近い、フラットソールの方が接地時間が長くなってますよね。

接地時間が長いということは、それだけ足から地面に対して伝わる力をコントロールする余裕があるということです。

からだの礎でもある「足」とその履物、一度見直して見るのも良いかもしれません。

 

Adsense

Adsense

-BODYWISE, からだのがっこう
-

執筆者:

関連記事

田植えとのコラボレーション

タイトルにあるように今回は「農業」とのコラボレーションです。 明日の私たちのカラダを作っているのは今日食べたものたち。 自らが口にするものを自らの手で育てることで新たな側面が見えてくるのでは?! 心地 …

EL CAMINO サンティアゴ巡礼の旅 〜からだを整えるわけ〜

年が明けてから相談を受けたサンティアゴ巡礼の旅のサポート 出発は4月を予定していて、サン・ジャン・ピエ・ド・ポーからサンティアゴまで全長800kmの巡礼。 旅人は66歳男性、仕事はしているが運動習慣は …

糖尿病予防教室@黒潮町

こんにちは、全米ストレングス&コンディショニング協会認定パーソナルトレーナーの小林です 梅雨が明けたら太陽が全力で地表に降り注いでくるのが、ここ高知県西南部。 日中、窓を開けて運転しているとサ …

Don’t think!! Feeeeeel!!!! カラダはデザイン通り勝手に動くんです。

こんにちは、全米ストレングス&コンディショニング協会認定パーソナルトレーナーの小林です ブログではなくて音声配信とか他の方法はないんだろうか?!と思ってしまいますが(笑) 音声配信にした場合、 …

こころとカラダを繋ぐ?!ネイチャーウォーク?!

こんにちは、全米ストレングス&コンディショニング協会認定パーソナルトレーナーの小林です 先週末は松山でRe:conditionのワークショップを、それからあっという間に一週間が経ち 今週末も高 …

気になるワードを記事から検索

Hirota Kobayashi

Hirota Kobayashi

ワークショップのお知らせ

和の所作で整える体幹コンディショニングvol.1

和の所作で整える体幹コンディショニング

和の所作で整える体幹コンディショニング
次回は”骨盤底筋群”がテーマです。
●日時 2月24日(土)  14:00 〜 15:30

クービック予約システムから予約する

Facebook page