BODYWISE

足について②

投稿日:2018年1月24日 更新日:

レオナルド ダ ビンチが 「は人間工学上、最大の傑作であり、そしてまた最高の芸術作品である。」 と述べているように、足は自由に動かせることで正しく機能します。

足が自由に動くというのはどういうことでしょうか。

クッションがあったり、幅が広かったり、つま先が窮屈だったり履いている靴によって足で感じることは違いますが、何かしら感じているということは、靴によって動きを制限されていることに気がついているということです。

足はからだと地面をつないでいますが、家だと足に当たるのは柱が立つ礎石です。

もし礎石が傾いたり、柱が礎石の中心からずれたりしたら何らかのアクションを起こすはずですが、からだは気がついていてもアクションを起こすのは ”痛み” を感じてから…でしょうか。

家の場合、基礎が傾くと柱・床・屋根と傾きます。

からだの場合は、三半規管が働いてくれるために、基礎が傾いたら、床を反対側に傾けて目線の水平バランスを保とうとします。床が傾くと、屋根も…というようにずれた状態で水平バランスを取り、バランスを保つのが難しいというサインとして痛みに現れます。

たかが足かもしれませんが、地に足をついて暮らしている我々は足を知らずして暮らせるのでしょうか。

では、フラットなソールのvibram fivefingers®️と少し先が反っているトレッキングシューズでの歩き方の違いを、手前で設置している足の接地時間をチェックしてみましょう。

より本来の足の形に近い、フラットソールの方が接地時間が長くなってますよね。

接地時間が長いということは、それだけ足から地面に対して伝わる力をコントロールする余裕があるということです。

からだの礎でもある「足」とその履物、一度見直して見るのも良いかもしれません。

 

Adsense

Adsense

-BODYWISE
-

執筆者:


関連記事

大晦日の禊

からだと向き合う大晦日の禊 2017年、どんな1年でしたか? 僕は年始の解剖研修に始まり、これまで以上にからだから多くのことを学び充実した1年でした。 ただひとつ、四万十手仕事市でのワークショップが台 …

あなたのからだのまだ知らない可能性を感じてみませんか?

あなたのからだの可能性を見つけ、伸ばすための少人数制のグループコンディショニングクラスです これまでスタジオではグループエクササイズをしていなかったのですが 9月、満を辞してからだの変化が実感できるグ …

オススメの本

本を読むことは好きですか? 前回の記事にたくさんの方が興味を持ってくれていたので、また何冊かオススメの本を紹介したいと思います。    端(はた)を楽にする 自分の端(はた)を楽にすることが …

続:柔軟性を高めるためのワークショップ

8月のワークショップのお知らせ 7月は『からだが柔らかくなると、幸せな人生が待っている!!』として 硬いからだを柔らかくするためのワークショップを行いました。   ワークでは足元から少しずつ …

Don’t think!! Feeeeeel!!!! カラダはデザイン通り勝手に動くんです。

こんにちは、全米ストレングス&コンディショニング協会認定パーソナルトレーナーの小林です ブログではなくて音声配信とか他の方法はないんだろうか?!と思ってしまいますが(笑) 音声配信にした場合、 …

気になるワードを記事から検索

オススメアプリ

プロフィール

Hirota Kobayashi
ボディワーカー・パーソナルトレーナー
友だち追加

おすすめ記事

良く読まれている記事

【よく読まれている記事】

腹筋について思うことあれこれ

鍛えるのは筋肉ではなく脳・思考・空間把握能力

生きるということ

Facebook page