BODYWISE からだのがっこう

足について②

投稿日:2018年1月24日 更新日:

レオナルド ダ ビンチが 「は人間工学上、最大の傑作であり、そしてまた最高の芸術作品である。」 と述べているように、足は自由に動かせることで正しく機能します。

足が自由に動くというのはどういうことでしょうか。

クッションがあったり、幅が広かったり、つま先が窮屈だったり履いている靴によって足で感じることは違いますが、何かしら感じているということは、靴によって動きを制限されていることに気がついているということです。

足はからだと地面をつないでいますが、家だと足に当たるのは柱が立つ礎石です。

もし礎石が傾いたり、柱が礎石の中心からずれたりしたら何らかのアクションを起こすはずですが、からだは気がついていてもアクションを起こすのは ”痛み” を感じてから…でしょうか。

家の場合、基礎が傾くと柱・床・屋根と傾きます。

からだの場合は、三半規管が働いてくれるために、基礎が傾いたら、床を反対側に傾けて目線の水平バランスを保とうとします。床が傾くと、屋根も…というようにずれた状態で水平バランスを取り、バランスを保つのが難しいというサインとして痛みに現れます。

たかが足かもしれませんが、地に足をついて暮らしている我々は足を知らずして暮らせるのでしょうか。

では、フラットなソールのvibram fivefingers®️と少し先が反っているトレッキングシューズでの歩き方の違いを、手前で設置している足の接地時間をチェックしてみましょう。

より本来の足の形に近い、フラットソールの方が接地時間が長くなってますよね。

接地時間が長いということは、それだけ足から地面に対して伝わる力をコントロールする余裕があるということです。

からだの礎でもある「足」とその履物、一度見直して見るのも良いかもしれません。

 

Adsense

Adsense

-BODYWISE, からだのがっこう
-

執筆者:


関連記事

LINE@始めました

こんにちは、四万十は2日続けて雨です。 雨だとゆったりした音楽をかけてゆっくりからだをほぐしたいですね◎ しばらくウェブでの発信がうまくできていませんでしたが ホームページのリニューアルを機にまたワー …

少人数グループエクササイズと勉強会

こんにちは、高知でコンディショニング トレーナーをしている小林です。 四万十川沿いを走っていると菜の花がちらほら咲き始め春めいてきましたね 春になると冬に硬く縮まっていたカラダが緩んできます、そうちょ …

自分のからだをデザインできるようになるスペシャルレッスン

10月12日(祝)体育の日 “ 姿勢 ” をテーマとしたグループレッスンをやります。 ナビゲーターはピラティスインストラクターのmayaさん、バレエ講師のsachikoさん、私の3名。   …

ロコクロ体操

高知県西部の黒潮町とロコモティブシンドロームの予防を目的とした体操を考案しました。 少子高齢化が進む現代社会では加齢を重ねた際の体力維持はひとつの課題になっています。 都市部とは異なりカラダを動かすこ …

「3÷1/3」と割り算の概念

先日、クライアントとこんな話をした。 「先生、3÷1/3って分かります?」 質問を受けた後、頭の中で÷1/3だから、×3になって…と瞬時に変換をして、何食わぬ顔で答える。 「分かりますよ! …

気になるワードを記事から検索

オススメアプリ

Hirota Kobayashi

Hirota Kobayashi
ボディワーカー・パーソナルトレーナー
友だち追加

良く読まれている記事

【よく読まれている記事】

腹筋について思うことあれこれ

鍛えるのは筋肉ではなく脳・思考・空間把握能力

生きるということ

Facebook page