BODYWISE

足について②

投稿日:2018年1月24日 更新日:

レオナルド ダ ビンチが 「は人間工学上、最大の傑作であり、そしてまた最高の芸術作品である。」 と述べているように、足は自由に動かせることで正しく機能します。

足が自由に動くというのはどういうことでしょうか。

クッションがあったり、幅が広かったり、つま先が窮屈だったり履いている靴によって足で感じることは違いますが、何かしら感じているということは、靴によって動きを制限されていることに気がついているということです。

足はからだと地面をつないでいますが、家だと足に当たるのは柱が立つ礎石です。

もし礎石が傾いたり、柱が礎石の中心からずれたりしたら何らかのアクションを起こすはずですが、からだは気がついていてもアクションを起こすのは ”痛み” を感じてから…でしょうか。

家の場合、基礎が傾くと柱・床・屋根と傾きます。

からだの場合は、三半規管が働いてくれるために、基礎が傾いたら、床を反対側に傾けて目線の水平バランスを保とうとします。床が傾くと、屋根も…というようにずれた状態で水平バランスを取り、バランスを保つのが難しいというサインとして痛みに現れます。

たかが足かもしれませんが、地に足をついて暮らしている我々は足を知らずして暮らせるのでしょうか。

では、フラットなソールのvibram fivefingers®️と少し先が反っているトレッキングシューズでの歩き方の違いを、手前で設置している足の接地時間をチェックしてみましょう。

より本来の足の形に近い、フラットソールの方が接地時間が長くなってますよね。

接地時間が長いということは、それだけ足から地面に対して伝わる力をコントロールする余裕があるということです。

からだの礎でもある「足」とその履物、一度見直して見るのも良いかもしれません。

 

Adsense

Adsense

-BODYWISE
-

執筆者:


関連記事

あなたのからだのまだ知らない可能性を感じてみませんか?

あなたのからだの可能性を見つけ、伸ばすための少人数制のグループコンディショニングクラスです これまでスタジオではグループエクササイズをしていなかったのですが 9月、満を辞してからだの変化が実感できるグ …

背骨について

どんなからだでも背骨(脊椎)がないと機能しません。 免疫系など機能的に見てもそうですが、骨格としてからだの支えになっている点でも同様です。 背骨は足からの力(重力の反発)を伝え、二本の足で立つことを可 …

新:身体論

赤ちゃんは誰に倣うでもなく、寝返りをし、はいはいを始め 色々なものを持ち、二本の足で立ち、柔らかいからだで成長する。 5年が経ち、10年が経ち、あるときにふとからだに不調があることに気がつく。 赤ちゃ …

bodywise for everybody

日々いろいろと考えて暮らしていますが、考えたことを実行にうつすのが意外とムズカシくて、ひとは自分にいいわけをして心にゆとりを持たせています。 ぼくもそうです。 ぼくの場合は頭で考えてしまう癖があって、 …

からだを動かしているのは筋肉なのか?

常識を疑う 私たちはからだを動かすものは「筋肉」だと思っているはずです。 そして、からだを動かす筋肉を鍛えて強く大きくするのがトレーニングだと信じて疑っていない。 だけど、本当にそうでしょうか。 生ま …

気になるワードを記事から検索

オススメアプリ

プロフィール

Hirota Kobayashi
ボディワーカー・パーソナルトレーナー
友だち追加

おすすめ記事

良く読まれている記事

【よく読まれている記事】

腹筋について思うことあれこれ

鍛えるのは筋肉ではなく脳・思考・空間把握能力

生きるということ

Facebook page