BODYWISE からだのがっこう

足について③

投稿日:2018年1月25日 更新日:

足の接地時間が長いということは、地面に対して伝わる力をコントロールする余裕があるわけですが、足が正しく地面を捉えている必要があります。

しかし、外反母趾などのように足の形状が変形していると不安定な礎石に乗っている柱も不安定になり、バランスの悪さは上体へと伝わります。

例えばこちらの方は、最近 仕事中に右足親指の付け根と腰に痛みを感じていました。

自然に立ってもらった状態で撮影をして、セッションの前後で足の状態を比較すると

上:before 下:after

靴下を履いたまま写真を撮ったので親指のねじれこそわかりにくいですが、セッションを終えた時、右足の親指がふっくらと地面を捉えることができていて、左右の足の幅も広がり股関節の下でうまく体重を支えているのがうかがえます。

また踵の内側からまっすぐに線を引いたときの、外側への振られ方にも変化が見られます。

右足親指の内側に力がかかり、左足が押し出されるように外に振られていましたが、セッション後には内側に戻ってきました。

上:before 下:after

そして面白いことに、広がったように感じた足幅は上から見るとさほど変化をしていません。

つまり、足の内側で骨と筋肉のポジションが変わったということです。

セッションを通して足の形状と状態が変わり、親指の痛みも腰の痛みもなくなりました。

私たちは歩くたびに地面から足を叩かれます。

あまり注目されることのない足ですが、からだは大きな影響を受けています。

左右の靴のすり減り方からも、体重のかかり方などいろいろなことがわかります。

Adsense

Adsense

-BODYWISE, からだのがっこう
-

執筆者:

関連記事

ワークショップへのご参加ありがとうございました!

“和の所作で整える体幹コンディショニング”のワークショップにご参加いただいた皆様 どうもありがとうございました。 色々なバックグラウンドを持った方が集まり、和やかなワークショッ …

カラダの可能性

腰が痛くて…といってスタジオを訪れて下さる方 速く走れるようになりたくて…と訪れて下さる方 痩せてカッコいいカラダになりたいと訪れて下さる方 色んな想いの方がBODYWISEを訪れてくれます

それぞれが違ってていいんです。

こんにちは、全米ストレングス&コンディショニング協会認定パーソナルトレーナーの小林です ブログを更新するのは簡単なのか、はたまた難しいのか。 セッションで目の前のクライアントに話すことはあんな …

【養成講座のお知らせ】

高知県東部の芸西村にてネイチャーウォークのインストラクター養成講座を担当します。 27年度東部博事業の一環として行われるので、受講料は無料です。 考える村を会場として、敷地内の自然を楽しみながらカラダ …

なんとなくわかるようでわからない、コア・体幹・インナーマッスル④

前回は、コアと空間の基本的な動きとしての呼吸のことに触れたので 今日は呼吸と動きがどう繋がっていくのかということを見ていきましょう。 ブレない体幹 私たちの暮らしは、基本的に座る・立つ・歩くという動作 …

気になるワードを記事から検索

Hirota Kobayashi

Hirota Kobayashi

ワークショップのお知らせ

和の所作で整える体幹コンディショニングvol.1

和の所作で整える体幹コンディショニング

和の所作で整える体幹コンディショニング
次回は”骨盤底筋群”がテーマです。
●日時 2月24日(土)  14:00 〜 15:30

クービック予約システムから予約する

Facebook page