BODYWISE

足について③

投稿日:2018年1月25日 更新日:

足の接地時間が長いということは、地面に対して伝わる力をコントロールする余裕があるわけですが、足が正しく地面を捉えている必要があります。

しかし、外反母趾などのように足の形状が変形していると不安定な礎石に乗っている柱も不安定になり、バランスの悪さは上体へと伝わります。

例えばこちらの方は、最近 仕事中に右足親指の付け根と腰に痛みを感じていました。

自然に立ってもらった状態で撮影をして、セッションの前後で足の状態を比較すると

上:before 下:after

靴下を履いたまま写真を撮ったので親指のねじれこそわかりにくいですが、セッションを終えた時、右足の親指がふっくらと地面を捉えることができていて、左右の足の幅も広がり股関節の下でうまく体重を支えているのがうかがえます。

また踵の内側からまっすぐに線を引いたときの、外側への振られ方にも変化が見られます。

右足親指の内側に力がかかり、左足が押し出されるように外に振られていましたが、セッション後には内側に戻ってきました。

上:before 下:after

そして面白いことに、広がったように感じた足幅は上から見るとさほど変化をしていません。

つまり、足の内側で骨と筋肉のポジションが変わったということです。

セッションを通して足の形状と状態が変わり、親指の痛みも腰の痛みもなくなりました。

私たちは歩くたびに地面から足を叩かれます。

あまり注目されることのない足ですが、からだは大きな影響を受けています。

左右の靴のすり減り方からも、体重のかかり方などいろいろなことがわかります。

Adsense

Adsense

-BODYWISE
-

執筆者:


関連記事

アンチエイジング:からだを瑞々しく保つためのエクササイズ

中村ロータリークラブのみなさまに” アンチエイジング “というテーマでお話をさせていただきました。 アンチエイジングというと美容のイメージですが、顔もからだも作りは同じです。 …

【1//27開催】和の所作で整える体幹コンディショニング

前回、トレーニングを「訓練」だと言い換えたのですが、やはり母国語で考えることは大切なことだと思います。 考えてみてください、昭和生まれの私たちの思考は日本語で構成されていて、one two&#8230 …

腰痛なのに筋トレしてるの??それ止めたら良くなりますよ!

こんにちは、全米ストレングス&コンディショニング協会認定パーソナルトレーナーの小林です なんだかタイトルがイケダハヤトさんのブログみたいになってきましたね 彼のブログほどは知名度はありませんが …

暖かくなってきたし、海や川で活躍するサンダルを紹介しまーす!

こんにちは、全米ストレングス&コンディショニング協会認定トレーナーの小林です 高知は日中かなり温かくなり、初夏のような日差しが眩しい一日でした! 今日はサーフィンしてた人はめちゃくちゃ気持ちよかったで …

なんとなくわかるようでわからない、コア・体幹・インナーマッスル①

次の式が解けますか? シンプルな四則演算の問題ですが、答えはいくつでしょう? 確信がある方もいるでしょうし、ちょっと悩む方もいるでしょう。 体幹やコア、インナーマッスルといった言葉(概念)も同じで 「 …

気になるワードを記事から検索

スケジュール

プロフィール

Hirota Kobayashi
ボディワーカー・パーソナルトレーナー
友だち追加

おすすめ記事


Warning: fopen(.SIc7CYwgY): failed to open stream: No such file or directory in /export/sd06/www/jp/r/e/gmoserver/0/8/sd0025108/hirotakobayashi.com/wordpress-3.8-ja-jetpack-undernavicontrol/wp-content/themes/stinger8/footer.php on line 18

Warning: fopen(/var/tmp/.SIc7CYwgY): failed to open stream: No such file or directory in /export/sd06/www/jp/r/e/gmoserver/0/8/sd0025108/hirotakobayashi.com/wordpress-3.8-ja-jetpack-undernavicontrol/wp-content/themes/stinger8/footer.php on line 18