からだも心も柔らかく

肌で感じたことにからだは反応する

寒いとき

怖いとき

我慢をしているとき

疲れているとき

驚いたとき

痛いとき、からだは縮まりバランスが崩れる

暖かいとき

嬉しいとき

やりたいことを形に移しているとき

元気なとき

安心したとき

痛みがないとき、からだは拡がりバランスが整う。

特定の感情や、感覚、常識にしばられるのではなく

 

何を感じ、どうフォーカスするかによって、からだの反応は変化する

どう動くかによって感じることも変わってくる

じぶんの心とからだが良い状態でいられるように、全身を使って生きてますか

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう