BODYWISE

運動と記憶、そしてひらめき

投稿日:2018年2月5日 更新日:

画像をクリックするとDailymotionへジャンプ

人体 〜神秘の巨大ネットワーク〜

第5集のテーマは “脳” でした。

最新の研究から、脳がもつ特別な機能である “ひらめき” と “記憶” は

適正な食事適度な運動によって影響を受けていることがわかってきたという話でした。

からだの組成で多くを占めるのは “水” ですから、

水が滞らないように、運動をしてからだの中の巡りを良くして

生命を維持するために、必要な栄養素であったり代謝にかかるエネルギーを摂取することは、当たり前のように思いますが、理にかなっていますね。

また、運動と記憶(学習)の関連性については、脳と運動に関する世界的権威、ジョン・レイティ博士も著書の中で述べています。

 

 

確かに私たちは遅くても小学校から机に向かって座りはじめます。

仕事もデスクワークが中心になることが多く、からだを動かす機会は昔と比べると減っています。

退職後にすることがなくなり、記憶力の低下や運動能力の低下などを感じるようになるといった話を耳にすることもあります。

日頃、どれだけからだを動かしているのか、またはいないのか?

生活スタイルを振り返ってみるのも良いかもしれませんね!

Adsense

Adsense

-BODYWISE

執筆者:

関連記事

“動くこと” は薬である。

からだを動かすことは、自分のからだに、感情に、そして精神に与える薬である。 エモーショナルセラピスト キャロル・ウェルチ からだは水でできている。 子供の肌がプリプリしているのや、大きな怪我をしにくい …

EL CAMINO サンティアゴ巡礼の旅 〜からだの仕組みを知る〜

からだの仕組みを知る もしあなたが来月からキャンピングカーで日本一周の旅に出るとして、旅に出る前にはそのキャンピングカーがどのようになっているのか調べたり、知ろうとするはずだ。 同じように、私たちのか …

私たちのからだに欠かせない “水”

からだはバランスを取り戻すと本来の機能を取り戻す これは薄い膜の中には水が入っているだけのトマトの形状をしたおもちゃです。 もし外側にある膜が緊張して伸びきらない状態であれば、衝撃を全て伝えることはで …

筋力アップというのは、必ずしも筋肉を増やすことではない。

土佐清水市での “筋力増強運動教室” 40〜50代男性を対象としていましたが、集まったのは10人ほどでした。 40〜50代といえばまだまだ働き盛り、休日は家族と過ごしたい方もい …

間質:筋膜組織についての新たな発見

新しい「器官」としての筋膜 米ニューヨーク大学などの研究チームが、体内の「間質」と呼ばれる空間の構造と分布に関する詳細を研究し、「人体の新しい器官を発見した」として、27日の学術誌に論文を発表した。( …

気になるワードを記事から検索

スケジュール

プロフィール

Hirota Kobayashi
ボディワーカー・パーソナルトレーナー
友だち追加

おすすめ記事