BODYWISE hirotakobayashi

“動くこと” は薬である。

投稿日:2018年2月10日 更新日:

からだを動かすことは、自分のからだに、感情に、そして精神に与える薬である。

エモーショナルセラピスト キャロル・ウェルチ

からだは水でできている。

子供の肌がプリプリしているのや、大きな怪我をしにくいのはからだが水で満たされているからだ。

地面から水分と養分を吸収する植物と同じように、私たちは口から水やエネルギーを摂取する。

斯くして、私たちも植物と同じように生命を維持し、時間の経過とともに枯れていく。

からだが枯れないように、水を保っている必要があるが、からだが動かないと水も動かない。

水が滞ると巡りが悪くなり、熱が奪われる、また触媒としての水は栄養分や老廃物など様々なものを含むが、それもその場に留まる。

筋肉はパサパサでビーフジャーキーのようになり、本来の”動く”機能が衰えてくる。

からだの中の水が弾けるように動くと、呼吸も連動しながら、炭酸水を激しく降ったときにペットボトルが膨らむような感じで、からだの中を押し拡げる。

からだが水で満たされた赤ちゃんは、私たちが当たり前に感じる世界のさまざまなことに驚き、新しい発見をする。

水は触媒としての安定性が高いからこそ、からだの中の水分が活性化されていることで及ぼす影響は計り知れない。

Adsense

Adsense

-BODYWISE, hirotakobayashi
-, , , , , ,

執筆者:

関連記事

念願叶ってアメリカです!!

KINETIKOS主催のアナトミートレイン 筋膜解剖コースに参加しています。 現在はアメリカ、アリゾナ州のフェニックスに滞在中です。 ワークショップでは人のからだには個体差があることを改めて実感し、人 …

不調や痛みについて、答えはからだが知っている。

からだは答えを知っている 私たちのからだを動かす骨の数に大きな差はない。 同様に、骨と骨をつないでいる靭帯や腱にも大きな差はない。 だとしたら、これだけ姿勢や歩き方が違うのはどうしてだろうか? 腰や肩 …

楽なからだと付き合うために、からだのことを知ることから始めよう!!

からだが良くなるために必要なこと サッカー選手になりたかったら、人よりたくさんサッカーをすればいい! 料理評論家になりたかったら、人よりたくさん料理を食べればいい! お金持ちになりたかったら、人よりお …

ロコクロ体操から考える地方での健康の在り方

地域で取り組むロコモティブシンドローム予防 ありがたいことに4年前から高知県黒潮町で取り組んできたロコクロ体操(ロコモティブシンドロームを予防する黒潮町独自の体操)が高知県社会福祉協議会の冊子 ”タマ …

なんとなくわかるようでわからない、コア・体幹・インナーマッスル①

次の式が解けますか? シンプルな四則演算の問題ですが、答えはいくつでしょう? 確信がある方もいるでしょうし、ちょっと悩む方もいるでしょう。 体幹やコア、インナーマッスルといった言葉(概念)も同じで 「 …

気になるワードを記事から検索

Hirota Kobayashi

Hirota Kobayashi
友だち追加

ワークショップのお知らせ

ワークショップのお知らせ

和の所作で整える体幹コンディショニングvol.1

和の所作で整える体幹コンディショニング

和の所作で整える体幹コンディショニング
次回は”腹横筋”がテーマです。
●日時 4月28日(土)  14:00 〜 15:30

クービック予約システムから予約する

Facebook page