BODYWISE video

パーソナルトレーニング:正しく動いてからだを変える

投稿日:

私たちは言語理解能力や空間把握能力、身体制御能力を合わせ持っていて

高い知性によって統合しからだを動かしています。

慣れ親しんだ動きのパターンが組織に負荷を与え、形を変えて不調を生み出しているのであれば

いつも以上の負荷をかけて動くことは、自分の認識が間違っていることに気づくための大きな助けとなります。

健康でいるのはとても良いことですが、健康になるために課せられる運動はあるのでしょうか。

私たちの暮らし、からだの形、動き方など多様なものに対して、決められた重さと回数で行うことにどのような意味があるのでしょうか。

立っている姿勢は、仰向けに寝転がっている姿勢と同じです。

寝転がった時にできるはずの動きが、立つだけで難しくなります。

難しいということは、何かが違うのではないでしょうか。

空間が歪むことはないので、自分の姿勢が違っていることが理解できたと思います。

ここからが正しく動くためのトレーニングです。

Adsense

Adsense

-BODYWISE, video
-, , , ,

執筆者:

関連記事

より少ない力で、大きな動きを生むからだへ

「動き」は、私たちの暮らしをつくっている。 仕事や学校に向かうための道が伸び、交通インフラが整い、食料品店ができ、飲食店ができ… 都市部は人が増え、だんだんと複雑になってきた。 複雑になり …

不調や痛みについて、答えはからだが知っている。

からだは答えを知っている 私たちのからだを動かす骨の数に大きな差はない。 同様に、骨と骨をつないでいる靭帯や腱にも大きな差はない。 だとしたら、これだけ姿勢や歩き方が違うのはどうしてだろうか? 腰や肩 …

【note連載8回目】地域を挙げて介護予防運動に取り組もう!

黒潮町で、ロコモティブシンドローム予防にオリジナルの体操を作ろうとなったのがちょうど3年前。 そして出来上がったロコクロ体操は今ではたくさんの方に知ってもらえるようになりました!

お勧め書籍:内臓とこころ 三木成夫

「こころ」とは、内臓された宇宙のリズムである。 4億年かけて進化してきた生命の記憶は、毎日の生活の中で秘めやかに再生されている! 育児・教育・保育・医療の意味を根源から問いなおす。 そう解説しているの …

workshop for runners

冷え込みもやや弱まりランナーにとって走りやすい季節になりました 夕暮れの四万十川の堤防には以前よりランナーの数が増えてきた気がしますが ひょっとするとお正月太りを解消しようと新たに始めた方かもしれませ …

気になるワードを記事から検索

オススメアプリ

プロフィール

Hirota Kobayashi
ボディワーカー・パーソナルトレーナー
友だち追加

おすすめ記事

良く読まれている記事

【よく読まれている記事】

腹筋について思うことあれこれ

鍛えるのは筋肉ではなく脳・思考・空間把握能力

生きるということ

Facebook page