BODYWISE

EL CAMINO サンティアゴ巡礼の旅 〜筋膜のネットワークへのアプローチ〜

投稿日:2018年2月17日 更新日:

からだを整えるということ

からだを整えるというと整体に行くというのが一般的なイメージだろうか。

整えるというのは左右対称にするイメージかもしれないが、私たちのからだは立体的であるし、そもそも利き手があるので左右非対称だけでは不十分だ。

プラクティショナー(施術者)は左右はもちろん、前後・上下を含めて「重力」に対してバランスよく整え、且つ動いている時もそのバランスが整っている状態を作り出す。

ベッドに寝転がりからだが静止している状態で整っても、動いている状態で整っていなければ意味がない。

動いている時、動力を伝える下半身から上半身へと、力が安定して伝わってこそなのだ。

あるいは職業病とされるように、日ごろの動きが独自の癖を生み、特殊な状況下で特異的な動きのパターンを作り出していることもある。

だから、からだが正しいポジションで動けるようにトレーニングが必要になる。

様々な動作の中でからだを安定して動かすことができるように、整える必要があるのだ。

 

重力と筋膜ネットワーク

筋膜という言葉がだんだんメディアで紹介され、認知度を上げてきた。

様々な筋膜にアプローチする手法は数多あるが、ロルフィング®️は別格に思える。

そのロルフィング®️ *注釈を考案したアイダ・ロルフ氏は “重力は最良のセラピスト”だと述べた。

私たちは地球上どこにいても、どんな姿勢でも重力からは逃れることができない。

映画Zero Gravityでもあったように、重力に負けてしまうと地面に這いつくばってしまう。

私たちは重力に潰されないよう、反発する力をうまく利用することで二本足で立ち暮らしているが、赤ちゃんがだんだん行動範囲を広げて行くプロセスは、まさに重力への適応の始まりだ。

その重力への適応をサポートしているものは、全身に張り巡らされている筋膜組織で重力を感じることだ。

からだの組成を考えると、私たちのからだの大部分を占めているのは水分だ。

水は器に入っていないと下へ下へと流れていってしまうが、何か器に包まれていれば流れ落ちることなく同じ場所にとどまることができる。

この器こそが筋膜組織の正体だ。

ただし、筋膜は伸び縮みして柔らかく強さや復元力などを兼ね備えたゴムのようなものなので、叩きつけても割れない水風船のようなものなので、形を変えない硬い器は想像しないで欲しい。

つまり、筋肉とはからだの中の一つの仕切られた空間、その中にあるモノのことで、その筋肉を包みからだを複雑に繋いでいるのが筋膜のネットワークのことを指し、

その筋膜のネットワークを駆使することで、私たちは誰に教えられるわけでもなく、重力に適応して寝返りをし、ハイハイをし、つかまり立ちをして1年が経つころにやっと2本の足で立ち上がり、歩くことを始めるのだ。

*註釈 ルフィング®️って何?という方は、ぜひロルファーの藤本靖さんの著書を読んで欲しい。

体感力を高める

サンティアゴ巡礼の旅のサポートでは、徒手療法(マニュアルセラピー)で筋膜ネットワークにアプローチしながら、エクササイズを通して正しい動きを身につけ、どのようにからだを使えば省エネルギーで動けるようになるかを感じる力を養うのが目的となる。

また、長い旅の行程でからだに不調を感じた場合に、自分で対処できるようにする(セルフケア)ことも合わせて行なっていく。

Adsense

Adsense

-BODYWISE
-, , ,

執筆者:

関連記事

【ツアー募集】 ヒマラヤトレッキング

年末年始をヒマラヤの懐で過ごしてみませんか?? このコースは、初心者や女性の方が参加しやすいコースとなっております プーンヒルからは、御来光とともに、ダウラギリ(8167m)や、アンナプルナ(8091 …

高松WSのご案内

4月19日(土) 20日(日)の2日間 高松市での出張ワークを実施します。 それに伴い、スタジオはクローズになりますので予めご了承下さい。

ロコモティブシンドロームって何?楽しい?楽しくない?

こんにちは、全米ストレングス&コンディショニング協会認定パーソナルトレーナーの小林です Facebook投稿で思ったんですが、ブログ文章に力が入りすぎてますね。。。 だって言葉尻が固いもの… …

60分でからだはこんなにも変わる!!

海を越え、山を越え、黒潮町の海端にある地区の「ふれあいサロン」に参加してきました。 黒潮町でのお仕事が始まったきっかけは、4年前に考案したロコクロ体操でした。 ロコモティブシンドロームを予防する黒潮町 …

EL CAMINO サンティアゴ巡礼の旅 〜セッション1〜

からだを整える方向 立体的である私たちのからだは、前後・左右・上下の3つの面で動く。 “体幹が安定” して “からだが整った” 状態であれば、この3つの …

気になるワードを記事から検索

オススメアプリ

プロフィール

Hirota Kobayashi
ボディワーカー・パーソナルトレーナー
友だち追加

良く読まれている記事

【よく読まれている記事】

腹筋について思うことあれこれ

鍛えるのは筋肉ではなく脳・思考・空間把握能力

生きるということ

Facebook page