BODYWISE hirotakobayashi

からだの真ん中あたりに陣取っているクラゲみたいなのを動かそう!

投稿日:2018年3月2日 更新日:

春、ゆっくりからだを解こう

今年の冬は寒かったですね〜!

今シーズン、高知に帰ってきてから初めて薪ストーブなしでの冬でしたが、薪ストーブの良さを改めて感じました。

とはいえ3月に入ってから気温はぐんぐん上がり、梅の花が一気に咲き始めて、河津さくらもちらほら咲き始め、やっと待望の “春” がやってきた感じです。

春、暖かくなると少しからだを動かそうかな?という気持ちになってきたりしませんか?

 

和の所作でからだを整える… vol.3!!

1月から始まった、和の所作でからだを整える体幹コンディショニングも今月で3回目

そして、腸腰筋、骨盤底筋群に続き、3回目のテーマは横隔膜

からだの真ん中あたりに陣取っているクラゲみたいなのが横隔膜です。

そもそもからだの中にあるから横隔膜って臓器じゃないの?と思うかもしれませんが、臓器じゃないんです。

じゃあ何かというと、からだを仕切っている弾力性のあるパーテーションみたいな感じです。

しゃっくりをした時に、ビクってなるじゃないですか。

あれです、あれが横隔膜の動きなんです。

しゃっくりは横隔膜が痙攣して起きる反応なので、それを止めることができるのは横隔膜をコントロールする以外にないわけです。

*Diaphragm 横隔膜 *Muscles of pelvic floor 骨盤底筋群 *Transversus abdminis 腹横筋 *Multifidus 多裂筋

体幹という空間を構成している屋根の部分に当たる、横隔膜の動きを探りながら

からだに対する感覚と理解を深めていこうというのが今月のテーマです。

ムムム!!っと思った方は、こちらからご予約ください。

日時は2018年3月24日(土) 14:00 〜 15:30

詳細も予約サイトにアップしています。
⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎

クービック予約システムから予約する

 

リクエストにお答えしてvol1, vol2 をもう一度

*これまでのにも参加したかったけど、スケジュールが合わなくてできなかったという嬉しいコメントも頂いたので、vol.1の腸腰筋 とvol.2の骨盤底筋群のワークショップも再びやります。

これらを感じることで、vol.3の横隔膜への理解や感覚がグッと深まるので、気になる方はご参加ください。

日程は、2018年3月21日(祝 水)の午前と午後にそれぞれ1回ずつ。

クービック予約システムから予約する

春、寒さで縮こまってたからだをいきなり動かす前に、からだの内側から整えてみませんか?

皆さんのご参加をお待ちしております◎

Adsense

Adsense

-BODYWISE, hirotakobayashi
-, , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

自分のからだのことや暮らしのこと、今よりちょっと意識して見ませんか?

あっという間に暖かくなり、やっとこさ春が到来!! 暖かくなると、だんだんと薄着になってくるわけですが。 薄着になってくると気になるのが、体型ではないでしょうか。 そして今年の夏こそは◯◯◯◯するぞ!と …

基本となるのは姿勢、そして立つ歩く座る動作が楽に行えるかどうか。

そのトレーニング、本当に必要ですか? 私自身、トレーナーという立場ですが、子どもの成長を見ていると 「本当にトレーニングは必要なのだろうか?」という考えになります。 だって彼らは何のトレーニングもせず …

「腸」について考えたことありますか?

昨年から始まったNHKスペシャル シリーズ 人体 神秘の巨大ネットワーク 今回のテーマは”腸”でした。 消化器としての腸は、食べものに付着する菌やウイルスを直接体内に取り込むので常に危険にさらされてい …

2014.02.05 四万十町グループワーク

急遽2014.02.05 四万十町窪川のふるさと未来館にてグループワークを実施します。 詳細はFacebookのファンページにて!    

からだで感じることを大切にして動く。

動くことは一つの療法だ。 今日は土佐清水市で、糖尿病予防教室の講師をさせていただきました。 糖尿病患者やその予備軍とされた方々が、不安や苦痛を抱くことなく暮らしていくまちづくりを目指して活動している足 …

気になるワードを記事から検索

オススメアプリ

Hirota Kobayashi

Hirota Kobayashi
ボディワーカー・パーソナルトレーナー
友だち追加

良く読まれている記事

【よく読まれている記事】

腹筋について思うことあれこれ

鍛えるのは筋肉ではなく脳・思考・空間把握能力

生きるということ

Facebook page