BODYWISE

トーマスマイヤースのワークショップ 2days「女性の骨盤と人生のサイクル 」

投稿日:2018年3月13日 更新日:

トーマスマイヤース ワークショップ

今年のメインイベントになるであろう、トーマスマイヤースのワークショップ 2days「女性の骨盤と人生のサイクル 」に参加してきました。

トムのワークショップに参加して思うことは、情報の多さと、その情報の広がりの凄さです。

 

オリジナルに学ぶ

アナトミートレインの著者のワークショップというだけでも、もの凄いことなんですが、

Rolfing®︎の創始者であるアイダ・ロルフ博士、フェルデンクライスメソッドの創始者、モーシェ・フェルデンクライス、そして思想家でもあり、発明家でもあるバックミンスター・フラー

この3人から直接指導を受け、さらに40年間ボディワーカーとして探求をしてきた方から教わることができるというのは、なかなかできることではありません。

そして今回は日本初開催となる「女性の骨盤と人生のサイクル」というテーマでした。

 

「生きる」サイクルを知る

全ての生き物は生殖活動をし、子孫を残すことが本能的に備わっている。

しかし「 子を産み、育てる 」そんな当たり前のことが、この100年で大きく変化し続けており

不妊治療や、出産の高齢化など、私たちはその変化に振り回されながら、次々と起きる想定外の事態に取り組んでいる。

そんな中で人のからだに携わる仕事をしている私たちが、女性アスリートや、母となる女性や、産後の女性、またパートナーである男性に対してどういったサポートをすることができるのかということを学び、考え、落とし込む2日間でした。

 

Adsense

Adsense

-BODYWISE

執筆者:

関連記事

体幹・体幹トレーニングってなんだろう。考えたことありますか?

しばらくイベントの告知ばかり続いたので、今日は一味ちがったテイストのものを。 「体幹」って言葉は聞いたことがあるとは思うんですが、どんなイメージを持ってますか? 太くどっしりと揺るがない感じ?それとも …

笑いのあるトレーニング風景

からだは楽しく動かしたい!! 糖尿病予防運動教室(高知県土佐清水市)で行ったトレーニングのワンシーン。 年齢も性別が違っても、同じ条件で動けるようにすれば効率よく運動をすることができます。 トレーニン …

体感力をあげよう!!

感覚って不思議だと思いませんか? ある人は快適に感じる温度でも、別の人は不快に感じたり。 平面に書かれているはずのイラストが、なんとなく立体的に見えたり。 同じ物事に対して感じ方が変わってくるのは当た …

“速く走れるようになる魔法” 教えます

こんにちは、高知でコンディショニング トレーナーをしている小林です。 2013年“四万十手仕事市”と“はたフェス”で好評を頂いたワークショップ“速く走れる魔法” 2年の沈黙を経て今年、お隣の愛媛で開催 …

美しいからだは日々の暮らしが創る

最大範囲で関節が可動し、必要なときに必要な力を出せ、自分で疲れをいやせるだけの回復力が備わっているカラダこそ個性があり機能的で美しい。   土と触れ合う農作業、森に入る林業では脚で大地を踏み …

気になるワードを記事から検索

オススメアプリ

プロフィール

Hirota Kobayashi
ボディワーカー・パーソナルトレーナー
友だち追加

おすすめ記事

良く読まれている記事

【よく読まれている記事】

腹筋について思うことあれこれ

鍛えるのは筋肉ではなく脳・思考・空間把握能力

生きるということ

Facebook page


Warning: fopen(.SIc7CYwgY): failed to open stream: No such file or directory in /export/sd06/www/jp/r/e/gmoserver/0/8/sd0025108/hirotakobayashi.com/wordpress-3.8-ja-jetpack-undernavicontrol/wp-content/themes/stinger8/footer.php on line 18

Warning: fopen(/var/tmp/.SIc7CYwgY): failed to open stream: No such file or directory in /export/sd06/www/jp/r/e/gmoserver/0/8/sd0025108/hirotakobayashi.com/wordpress-3.8-ja-jetpack-undernavicontrol/wp-content/themes/stinger8/footer.php on line 18