腕と脚ではなくて、前脚と後脚で考えてみよう

骨盤と肩甲骨は繋がっている。

私たちは腕と脚で考えてしまうが、元は前後の脚だ。

前脚の付け根と、後脚の付け根は、背骨によって物理的に繋がっている。

視線をまっすぐにしようとすることで背骨が安定する。

だから歩く時には、左右の手足が互い違いに動く。

だから互い違いの動きを可能にしている体幹と呼ばれるスペースの存在が大切になる。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう