BODYWISE オススメ

トーマス・マイヤーズ ワークショップ 〜女性の骨盤と人生のサイクル〜

投稿日:2018年4月3日 更新日:

テンセグリティ構造に基づく身体アプローチ

テンセグリティとは、バックミンスターフラーが提唱した概念で、Tension(張力)とIntegrity(統合)の造語である。

 

平昌オリンピックで金メダルをとった小平奈緒選手が読んでいたことで、一躍有名になったアナトミー・トレインという本がある。

テンセグリティ理論に基づき、筋膜のネットワークについて解説した専門書で、トレーナーやPT・STなどからだに携わる仕事をしていれば、知らない人はいないほど有名な書籍だ。

その著者であるトーマス・マイヤーズは、私たちのからだは張力のバランスによって成立していることを前提に、徒手療法家としての研究と実践を行なっている。

その世界的に著名なトーマス・マイヤーズのワークショップがあったので、先月東京へ行ってきた。

 

筋膜ネットワークに対するアプローチ

張力を統合するのがテンセグリティ理論であり、張力を統合しているのが人体である。

その張力のバランスを保つ役割をしているのが、筋骨格系であり、筋膜によってその張力は全体性を以って統合されている。

徒手療法では手技によるからだへのアプローチ(介入)によって、この筋膜に働きかけることができる。

巷では「筋膜をなんとかしたら痩せる」みたいなことが言われたりもしているが、そんなものではない。

からだの構造へ働きかけるものであり、構造を保つための意識や思考に働きかけるものだ。

例えるならば、スマートフォンのOSアップデートみたいな感じだろうか。

あるいは、からだの地図のより詳細な部分が解るようになる感じかもしれない。

今回のトーマス・マイヤーズのワークショップは、日本初開催のテーマということもあって、

全国から多くのトレーナーやセラピストなど、からだに携わる仕事をしているボディワーカーが集まっていた。

Adsense

Adsense

-BODYWISE, オススメ

執筆者:

関連記事

オススメの本

本を読むことは好きですか? 前回の記事にたくさんの方が興味を持ってくれていたので、また何冊かオススメの本を紹介したいと思います。    端(はた)を楽にする 自分の端(はた)を楽にすることが …

和の所作で整える体幹コンディショニング、そしてグループエクササイズ

和の所作で整える体幹コンディショニング 5月のワークショップのご案内です。 5月12日の土曜日にvol.1の腸腰筋と vol.2の骨盤底筋群を合わせて 午前午後で行います。   vol.3の …

美活ピラティス、午後のクラスを増設しました!

  全6回シリーズで行なわれている”美活ピラティス” インストラクターのmayaさんの楽しくリズミカルなレッスンが魅力です。 これまでは休日の午前中に行われていましたが、ご好評につき 同日の …

なんとなくわかるようでわからない、コア・体幹・インナーマッスル④

前回は、コアと空間の基本的な動きとしての呼吸のことに触れたので 今日は呼吸と動きがどう繋がっていくのかということを見ていきましょう。 ブレない体幹 私たちの暮らしは、基本的に座る・立つ・歩くという動作 …

カラダの可能性

腰が痛くて…といってスタジオを訪れて下さる方 速く走れるようになりたくて…と訪れて下さる方 痩せてカッコいいカラダになりたいと訪れて下さる方 色んな想いの方がBODYWISEを訪れてくれます

気になるワードを記事から検索

スケジュール

プロフィール

Hirota Kobayashi
ボディワーカー・パーソナルトレーナー
友だち追加

おすすめ記事