BODYWISE hirotakobayashi オススメ

トーマス・マイヤーズ ワークショップ 〜女性の骨盤と人生のサイクル〜

投稿日:2018年4月3日 更新日:

テンセグリティ構造に基づく身体アプローチ

テンセグリティとは、バックミンスターフラーが提唱した概念で、Tension(張力)とIntegrity(統合)の造語である。

 

平昌オリンピックで金メダルをとった小平奈緒選手が読んでいたことで、一躍有名になったアナトミー・トレインという本がある。

テンセグリティ理論に基づき、筋膜のネットワークについて解説した専門書で、トレーナーやPT・STなどからだに携わる仕事をしていれば、知らない人はいないほど有名な書籍だ。

その著者であるトーマス・マイヤーズは、私たちのからだは張力のバランスによって成立していることを前提に、徒手療法家としての研究と実践を行なっている。

その世界的に著名なトーマス・マイヤーズのワークショップがあったので、先月東京へ行ってきた。

 

筋膜ネットワークに対するアプローチ

張力を統合するのがテンセグリティ理論であり、張力を統合しているのが人体である。

その張力のバランスを保つ役割をしているのが、筋骨格系であり、筋膜によってその張力は全体性を以って統合されている。

徒手療法では手技によるからだへのアプローチ(介入)によって、この筋膜に働きかけることができる。

巷では「筋膜をなんとかしたら痩せる」みたいなことが言われたりもしているが、そんなものではない。

からだの構造へ働きかけるものであり、構造を保つための意識や思考に働きかけるものだ。

例えるならば、スマートフォンのOSアップデートみたいな感じだろうか。

あるいは、からだの地図のより詳細な部分が解るようになる感じかもしれない。

今回のトーマス・マイヤーズのワークショップは、日本初開催のテーマということもあって、

全国から多くのトレーナーやセラピストなど、からだに携わる仕事をしているボディワーカーが集まっていた。

Adsense

Adsense

-BODYWISE, hirotakobayashi, オススメ

執筆者:

関連記事

FULL MOON SESSION

満月の夜、波の音が聞こえる浜辺でシークレットセッション   オフショアの風で暑さが和らいだ心地よい空間 からだに意識を向けると、気持ちよいほどに解けていく こわばっていたところが緩み、呼吸も …

2014.02.12 東京出張

2014.02.12〜02.14の間、東京出張のためスタジオはお休みとさせて頂きます。 会員の皆様、ご利用を検討して下さってた方には申し訳ありませんが予めご了承下さい。

子どものカラダと運動神経

こんにちは、高知の四万十市でトレーナーをやっている小林です 今年もあっという間に2月もはや半ばがそこまで来てしまいました。 HPもブログも構想を練ってたものの、上手く見せようという心理が働いてか 二の …

からだを動かしているのは…

「からだを動かす」ということについて考えたことはありますか?   おそらく考えたことがあるという人はいないのではないでしょうか。 そんなこと考えなくても生きていけるので考える必要はないのかも …

ワークショップへのご参加ありがとうございました!

“和の所作で整える体幹コンディショニング”のワークショップにご参加いただいた皆様 どうもありがとうございました。 色々なバックグラウンドを持った方が集まり、和やかなワークショッ …

気になるワードを記事から検索

オススメアプリ

Hirota Kobayashi

Hirota Kobayashi
友だち追加

ワークショップのお知らせ

オススメアプリ

ワークショップのお知らせ

和の所作で整える体幹コンディショニングvol.1

和の所作で整える体幹コンディショニング

和の所作で整える体幹コンディショニング
次回は”腹横筋”がテーマです。
●日時 4月28日(土)  14:00 〜 15:30

クービック予約システムから予約する

Facebook page