BODYWISE オススメ

トーマス・マイヤーズ ワークショップ 〜女性の骨盤と人生のサイクル〜

投稿日:2018年4月3日 更新日:

テンセグリティ構造に基づく身体アプローチ

テンセグリティとは、バックミンスターフラーが提唱した概念で、Tension(張力)とIntegrity(統合)の造語である。

 

平昌オリンピックで金メダルをとった小平奈緒選手が読んでいたことで、一躍有名になったアナトミー・トレインという本がある。

テンセグリティ理論に基づき、筋膜のネットワークについて解説した専門書で、トレーナーやPT・STなどからだに携わる仕事をしていれば、知らない人はいないほど有名な書籍だ。

その著者であるトーマス・マイヤーズは、私たちのからだは張力のバランスによって成立していることを前提に、徒手療法家としての研究と実践を行なっている。

その世界的に著名なトーマス・マイヤーズのワークショップがあったので、先月東京へ行ってきた。

 

筋膜ネットワークに対するアプローチ

張力を統合するのがテンセグリティ理論であり、張力を統合しているのが人体である。

その張力のバランスを保つ役割をしているのが、筋骨格系であり、筋膜によってその張力は全体性を以って統合されている。

徒手療法では手技によるからだへのアプローチ(介入)によって、この筋膜に働きかけることができる。

巷では「筋膜をなんとかしたら痩せる」みたいなことが言われたりもしているが、そんなものではない。

からだの構造へ働きかけるものであり、構造を保つための意識や思考に働きかけるものだ。

例えるならば、スマートフォンのOSアップデートみたいな感じだろうか。

あるいは、からだの地図のより詳細な部分が解るようになる感じかもしれない。

今回のトーマス・マイヤーズのワークショップは、日本初開催のテーマということもあって、

全国から多くのトレーナーやセラピストなど、からだに携わる仕事をしているボディワーカーが集まっていた。

Adsense

Adsense

-BODYWISE, オススメ

執筆者:

関連記事

ぼくたちのからだは、食べたものからできている。

沖縄は梅雨が明け、高知も来週あたりからそろそろ夏本番かなという感じになってきました。 今年は驚くほど雨が少なく、空梅雨でした。 四万十市が暑さ日本一になった2013年も同様の天候だったので、今年の夏は …

田植えとのコラボレーション

タイトルにあるように今回は「農業」とのコラボレーションです。 明日の私たちのカラダを作っているのは今日食べたものたち。 自らが口にするものを自らの手で育てることで新たな側面が見えてくるのでは?! 心地 …

難しいトレーニングを楽しくわかりやすくするのがトレーナーの仕事です

先日、宿毛市の少年野球チームで体幹トレーニングを行いました。 体幹トレーニングというのがなかなか難しい。 それもそのはず、ぱっと見が簡単そうだから細かい所に注意が向かないんです。 そして、ポーズができ …

コンディショニングって何?コンディショニングスタジオってどういう場所?

コンディショニングスタジオという場所について コンディショニング:よく耳にする中でなんとなく漠然としたイメージのこの言葉ですが、 私が所属している全米ストレングス&コンディショニング協会(NSCA)の …

2016年もBODYWISEをどうぞよろしくお願いします!

  新年明けましておめでとうございます!と言うには遅すぎますね、 怒涛の師走を終えて2016年に移行するのには少々時間が必要でした。 2015年は学びの多い充実した年になりました。 その充実 …

気になるワードを記事から検索

オススメアプリ

プロフィール

Hirota Kobayashi
ボディワーカー・パーソナルトレーナー
友だち追加

おすすめ記事

良く読まれている記事

【よく読まれている記事】

腹筋について思うことあれこれ

鍛えるのは筋肉ではなく脳・思考・空間把握能力

生きるということ

Facebook page