BODYWISE video

姿勢と呼吸、そして自律神経

投稿日:

呼吸は随意運動でもあり不随意運動でもある

おそらく多くの方が、呼吸をしているのは肺だと思っていますが、呼吸をしているのは”肺”ではありません。

横隔膜が上下に動くことにより、胸腔(肺の収まっているスペース)が広がり空気が入ることで呼吸が行われます。

つまり肺は呼吸をしているのではなく、入ってきた空気を取り込むためのフィルタとして働いています。

呼吸をするときに意識すること

深い呼吸をする時には、胸を大きく膨らませるのではなく

お腹を膨らませて横隔膜が下がるスペースを作ってあげる方が、より楽な呼吸を行うことができます。

ピラティスやヨガなどで横隔膜を引き下げて…といった表現をすることがありますが

横隔膜だけを動かすことは、おそらく不可能です。

そこで横隔膜が収まっているエリアと、横隔膜によって隣接するエリアである腹腔(消化器系の収まっているスペース)の関係性が重要になってきます。

そこで楽に呼吸を行うためにも、胸腔と腹腔があるからだ(体幹)がどのような状態にあるのかが大切になってきます。

呼吸をコントロールすることで得られること

呼吸は私たちにとって、唯一コントロールできる不随意運動です。

(不随意運動とは、心臓の拍動や内臓の運動のように無意識に行われる運動です。)

これら私たちの意識とは関係なく機能する動きは、体性神経ではなく自律神経によってコントロールされています。

ヨガやピラティスまた様々なエクササイズを行う際に、呼吸を意識することを言われますが

つまり、呼吸をコントロールすることで自律神経系にも影響を与えることが考慮されています。

たかが呼吸と思うかもしれません、しかし呼吸がからだに及ぼす影響を考えれば、

普段無意識にしている呼吸を、意識的に行ってみることで得られる効果は大きいのではないでしょうか。

 

Adsense

Adsense

-BODYWISE, video
-, , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

6月5日 臨時休業のお知らせ

昨日からの降雨により河川の氾濫があるので万が一を警戒し 誠に勝手ながら本日(6/5 Thu)は臨時休業とさせて頂きます。 ご利用の皆様にはご迷惑をおかけしますがご了承下さいませ。 尚、明日からは通常営 …

子どものカラダと運動神経

こんにちは、高知の四万十市でトレーナーをやっている小林です 今年もあっという間に2月もはや半ばがそこまで来てしまいました。 HPもブログも構想を練ってたものの、上手く見せようという心理が働いてか 二の …

自分のからだをデザインできるようになるスペシャルレッスン

10月12日(祝)体育の日 “ 姿勢 ” をテーマとしたグループレッスンをやります。 ナビゲーターはピラティスインストラクターのmayaさん、バレエ講師のsachikoさん、私の3名。   …

アンチエイジング?ストレッチをしてみたらどうですか?

こんにちは、全米ストレングス&コンディショニング協会認定パーソナルトレーナーの小林です 人のカラダのことは色々と解っているつもりですが、ウェブの方はどうもダメですね… 今回のトラブルシュー …

私たちは翼の動かし方を忘れてしまった

私たちは翼を持っているのに、動かす方法を忘れてしまった 私たちは二足歩行を始めたことで脳が大きくなり、高度な知能を得た代わりに色々なことを忘れてしまった。 その一つが、私たちにある翼の動かし方である。 …

気になるワードを記事から検索

オススメアプリ

プロフィール

Hirota Kobayashi
ボディワーカー・パーソナルトレーナー
友だち追加

おすすめ記事

良く読まれている記事

【よく読まれている記事】

腹筋について思うことあれこれ

鍛えるのは筋肉ではなく脳・思考・空間把握能力

生きるということ

Facebook page