からだに対する数学的考察


数学的視点からの考察

フィボナッチ数列という言葉を聞いたことがありますか?

このフィボナッチ数はとても美しい規則性を持ち、想像することを加速させます。

TEDでわかりやすく解説されているので、興味がある方はビデオクリップをご覧ください。

私たちが学校で習った数学は、一部の人を除いて、退屈でつまらなくて役に立ちそうにないものだったのではないかと思いますが、

このように計算し、応用し、想像するためのパターンの科学だと気づくことができていたら、もっと数学に熱中できたのではないかと思います。

 

人体における数学的視点からの考察

もっとも有名なのはレオナルド・ダ・ヴィンチによるウィトルウィウス的人体図でしょう。

「ウィトルウィウス的人体図」の下部にはメモがあり、次のようなことが記載されています。

  • 胸上部から頭頂部までは身長の 1/6
  • 胸上部から髪の生え際までは身長の 1/7
  • 肩幅は身長の 1/4  などなど

自然界でも花や側枝など、様々なところで規則性のある数字が現れるので

人体においても同様のことが見られるというのは、およそ納得がいきます。

 

腕と脚に隠された秘密

からだには軸となる脊椎(背骨)と、四肢(手足)の骨格があります。

人間で言えばこれらは”腕”と”脚”ですが、動物で言えばどちらも”脚”です。

これら四肢の骨格は、からだの中心から順に1本→2本→3本→4本→5本と順番に分かれて力を伝えています。

つまりこれは、からだの質量を5本の指に分散させることで、細かい動きを容易にし

5本の指から伝わる力を一つにまとめることで、力強い動きを作り出すことができていると考察することができます。

関節の形状や、筋肉の付着の仕方についても、それぞれに意味があるのが伺えます。

「足は、人間工学上の傑作であり、最高の芸術作品である」とレオナルド・ダ・ヴィンチは言いましたが、わたしたちのからだは、とても考察され、洗練されたデザインであるということが解ります。

もちろん四肢の骨格だけでなく、脊椎と歯の関係性であったり、頭骸骨と仙骨の関係性であったり実にたくさんの数学的関係性や規則性が見られるのですが、詳しくは長くなるので割愛します。

 

からだを知ると見えてくることがある

からだに痛みや不調などがあると、ついその場所や部位が悪い・弱いと思ってしまいます。

それも一理あるかもしれませんが、以前書いたように痛みによって原因が異なりますし

痛みや不調の原因を作り出しているのは、からだのアンバランスが元になることが多いです。

先に述べたように、私たちのからだには規則性があります。

その規則性を学ばずして、根本的な痛みや不調の改善を図るのは難しいのではないでしょうか。

からだは静かにその時を待っています。

四万十市 親子スポーツ健康教室

子育て世代向け “親子スポーツ健康教室”

みなさま、もうお申込みいただきましたでしょうか。

今回は全4回での講座になっているのですが、その内容の大枠が決定しました。

  1. 腰痛と肩こり
  2. 親子でできるトレーニング
  3. 参加者リクエスト①
  4. 参加者リクエスト②

対象が、就学前の幼児(3〜6歳)の子育て世代の親子ということなので

まだまだ元気なはずですが、やはり子育てをしていると自分のことができなくなるのか

腰痛と肩こりは参加者の事前アンケートのなかでダントツの得票数だったようです。


腰痛と肩こりがなくなれば幸福度は4割増しになるとまで言われるほどです。

ここは参加してくださる方に腰痛と肩こりが劇的に良くなる方法をお伝えしたいと思います。

今回参加したかったけど、間に合わなかった…という方、今回は残念ですが

6月下旬に腰痛と肩こりをテーマにグループエクササイズをしますので、ぜひそちらにご参加くださいね。

 

伝わりやすく、わかりやすく、そして楽しみながらできるエクササイズを

脂肪燃焼教室@土佐清水市

今年度、第一回目の”脂肪燃焼教室”を土佐清水で行ってきました。

[toc]

地方にいると、運動をしないといけないのはわかっていてもなかなかできない。

地方でも都市部でもやらない人はやらないので変わりないのかもしれませんが…

都市部のように、フィットネスクラブなどがあればCMも盛んだし、目にすることで意識するようにはなると思うのです。

こちらは都市部と違って、基本的に車社会なので歩くことも少ないですしね。

老齢人口が多いことも相まって、なかなかウォーキング以上に発展することがない印象を受けます。

 

教室でやった内容を普段からもできるように!

今回の脂肪燃焼教室も昨年同様、市の健康推進課による国保事業の一環として行われました。

昨年の教室で、どうしても教室でセラバンドを使いたいことをリクエストしていたのですが。

今年はなんと!!参加特典としてセラバンドを持ち帰れるよう企画してくれたのです!

教室に参加して、やった内容がそのまま家でもできるように!

土佐清水市のやる気を感じさせる一面を見ました!やるじゃん土佐清水市!!!

おかげ様で、参加者にとって理想的なプログラム構成にさせてもらうことができました。

 

脂肪燃焼はもちろん、それ以外のことも網羅していきます

からだが整いながら、知識を深めることができて、さらに運動効果も感じることができる。

どうせやるなら一石二鳥ではなく、三鳥も四鳥も、マルチタスクで行いたいわけです。

かといって詰め込みすぎて難しくなるのは良くある話、それでは効果が期待できないので

伝わりやすく、わかりやすく、そして楽しみながらできるように

担当者と打ち合わせを繰り返して練り上げた、土佐清水市オリジナルのグループエクササイズを行いました。

 

代表的な体幹トレーニングと言われるプランクエクササイズで、体幹を感じたり。

体幹に変化が起きることで、スクワットやランジといった動きがスムーズになったり

からだを効果的に動かして、汗をかくためにはどうすれば良いかをしっかり行えたのではないかと思います。

第2回目はここからまた進化した内容になりますので、参加者の方はぜひセラバンドで復習をして置いてもらえたら嬉しいです。

 

豊かに暮らすために”くろしお健康エクササイズクラブ” 始めます。

生きるためにいつまでも元気なからだでいること

僕が暮らす町、高知県黒潮町

ここは南海トラフ大地震が起きた場合、34mの津波が押し寄せると想定されています。

近年、津波避難タワーが町の至るところに建設され、海岸線には避難道が整備されました。

行政ができるサービスは限りがあります。

いざ地震が起きたとしても、からだを動かせないと避難することは難しくなります。

ここは高齢化が進み65歳以上の老齢人口が42%にもなっているので文字通り死活問題です。

もちろん元気な方々ばかりですが、いざという時に頼りになるのは自分しかいません。

 

いつまでも同じことを同じようにやっててもダメだ!

これまで黒潮町と連携をして、健康への意識を高めるために体操事業を行ってきました。

ロコモティブシンドロームにならないため、黒潮町独自で考案した”ロコクロ体操”です。

CATVでも配信し、地域への集会所へも伺い、すっかりお馴染みの体操となりました。

しかし、お馴染みになってしまっては意味がありません。

必要なのは体操への慣れではなくて、常に新しい運動刺激が私たちには必要なのです。

正直、体操ができたとしても避難に必要な基礎体力が備わるかというと疑問があります。

行政のやり方では同じ事業の継続は難しいようで、体操からの進展がありません。

 

体操からエクササイズ、そしてトレーニングへ

トレーニングの原理原則として以下のようなことが挙げられます。

漸進性の原理

体力の向上に従って、負荷も徐々に(漸進的に)上げていく必要があるというもの。

可逆性の原理

一定期間トレーニングを実施し効果が得られても、止めてしまうともとに戻ってしまうというもの

トレーニングを行なったところで、すぐさま身体に変化が生まれるわけではありません。

私たちが考えている以上に、ゆっくりと時間がかかるのがトレーニングの成果です。

やってすぐ簡単に成果が出るのなら、甲子園で優勝するのなんて簡単です。

本来、健康づくりなんてものは行政から「やってください、やりましょう!」なんて言われて始めるものではなく、自分から率先して行うものではないでしょうか。

待っていても何も始まらないので、体操からエクササイズ、トレーニングへと

参加してくれる方が、楽しみながら身体が変化するのを実感してもらえるようなエクササイズグループへと進化したいと思います。

 

くろしお健康エクササイズクラブ始まる

構想から7年、ロコクロ体操が始まり5年。

どうしたら幡多に住む方々にわかりやすく伝えられるか、喜んでもらえるかを常に考えてきました。

色々と考えて考えて考えて、動けなくなりそうにもなりました。

明確な根拠はありませんが、大きな流れがあって、「今が」その時だと思うのです。

地震による津波での人的被害を最小限にというのは大きな目標ですが、それだけではありません。

人口1万人ほどの小さな町かもしれませんが、子どもからお年寄り、

農業 林業 漁業と自然を相手に仕事をしている方、建設作業で肉体労働に従事している方、

オフィスでパソコンとにらめっこしている方、からだが痛むのを我慢して介護をしている方、

子育てでからだが疲れている方、病院が遠くてリハビリに通うのを諦めた方など…

たくさんの人が暮らし、いろいろな生活があります。

この自然豊かな場所で、気持ちよくからだを動かすことで、快適に暮らせるようになること、痛みや不調なく健康的に暮らすためのベース(基礎)を伝えることができれば、それがそのままQOL(生活の質)の向上につながるのではないかと思うのです。

まずは自分の暮らす町から、くろしお健康エクササイズクラブ、ぜひご期待ください。

私たちのからだに欠かせない “水”

からだはバランスを取り戻すと本来の機能を取り戻す

これは薄い膜の中には水が入っているだけのトマトの形状をしたおもちゃです。

もし外側にある膜が緊張して伸びきらない状態であれば、衝撃を全て伝えることはできないでしょう。

そうすると、このトマトは衝撃に耐えきれず破裂することになるはずです。

 

からだはその組成の60%が水

 

脳や肺、腎臓などは80%以上が水分です。

感覚器官である目は95%が、運動器官である筋肉や心臓でも75%となっています。

つまり水は触媒として、からだ中のあらゆる所に分布しているということが言えます。

しかし、トマトの外側の膜が緊張して伸びきらない状態のように、

からだに過剰な力が入ってしまうと、薄い皮膚に覆われた水を蓄えている私たちのからだからは水分が押し出されてしまうことになるのです。

からだは長い間その緊張が続くことで、組織の伸縮性を失い、本来兼ね備えている復元力を失います。

 

水は留まることがない

からだを動かしているのは、重力かもしれませんし、力を伝えている骨かもしれません。

心臓や内臓が動かなければ私たちは生きていられないので、そういう意味では筋肉がからだを動かしているのかもしれません。

何れにしても、私たちは “水” と共に暮らしているようです。

目で見える範囲のことだけではなく、からだの中の見えない部分にまで意識を向け

からだの中で、滞ることなく水が巡ることができるようになると

より快適に、より疲れにくく、意のままに動かせるからだになれるかもしれませんね。

からだに不調をきたす原因は…

からだに不必要な力を入れることでインバランスが崩れる

私たちは体重を地面に伝えて暮らしています。

地面は伝えられた力と同じだけ反発した力を伝えています。

物理ではこれを引力斥力と呼びます。

二つの物体の間で作用する互いに“引き合う力”“遠ざけようとする力”のことですが

足元がぬかるんでいたり、靴の形状によって力を正しく伝えられない状態にあると、地面からの反発も弱まります。

つまり体重をそのまま伝えることができると、同等の反発を得ることができるので「立つ」ということが楽になるのです。

 

地に足をつけて暮らしていますか?

足元へと体重を正しく伝えられていないというのは、イメージにするとこのような感じです。

例えば、体重を正しく伝えられなくなる要素としては以下のようなものが考えられます。

  • 長時間座っている状態が続くと股関節が曲がった状態(屈曲位)になる
  • ヒールなど高低差がある靴を日常的に履いているとつま先荷重(足関節進展位)になる

正しく体重を伝えることができない場合、正しい反発を受けることができなくなります。

そこでからだを支えるために、本来は必要ない力が必要になってきます。

自分ではしっかり立っているつもり、いい姿勢のつもり…

しかし、それは主観であって、物理の法則からすると力をきちんと伝えられていないのかもしれません。

 

そのからだの緊張に気づいていますか?

体重をそのまま伝えきれていない場合、からだのどこか一部を過剰に収縮させることになります。

そのことでバランスが崩れます。

下の図は同じ姿勢でいますが、緊張している部分がそれぞれに異なります。

まっすぐ立てるようになったのだからバランスは取れてるじゃないかと思うかもしれませんが

それは外側(地球 対 自分)のバランスであって、からだの内側(筋骨格系 対 内臓)のバランスは崩れます。

つまり、常時筋肉を過剰に収縮させることで、からだを不必要に変形させているのです。

そしてそれが痛みや不調の原因になっているのです。

 

基本となるのは姿勢、そして立つ歩く座る動作が楽に行えるかどうか。

そのトレーニング、本当に必要ですか?

私自身、トレーナーという立場ですが、子どもの成長を見ていると

「本当にトレーニングは必要なのだろうか?」という考えになります。

だって彼らは何のトレーニングもせずに寝返りをして、ハイハイをして、掴まり立ちをして、あっという間に歩き始めるのですから。

プロテインを飲むこともなく、ウエイトトレーニングをすることもなく、ただ日々からだを動かしているだけで、痛みや不調を訴えることもなくあっという間に成長するのです。

よくよく考えてみると、動物もトレーニングすることなく大きくなります。

ヘルニアでヨタヨタ歩く野生の動物なんかは見たことがありません。

私たちは、からだのどこかが”弱い”から痛んだり、不調になったりすると思っていますが

何をもって “弱い” のか考えたことがありますか?

 

ひょっとして”痛い=弱い”だと考えていませんか?

もし、そのように考えているのだとしたら、思い直した方が良いかもしれません。

痛みは外的なものと、内的なものに分けることができます。

外的なものの場合、切り傷や擦り傷など表面組織に外傷があり、その場所が正常に機能していないことを知らせるために痛みを感じます。

一方、内的なものの場合、表面組織に傷はなく、構造上の問題から神経系に支障が生じて腰や肩に痛みを感じます。

内的な痛みの場合、組織が悪いのではなく、多くの場合構造上の問題であることが多いのですが、痛みに敏感な私たちは “痛みの箇所=構造上弱い箇所” として考えてしまいがちです。

神経系が信号を “痛み” として伝えるのですが、神経がどこと繋がっているかによって感じる痛みや感覚の弱さ(麻痺)などが異なってきます。

上の図でみる限り、腕は頚椎、胴体は胸椎、脚は腰椎と仙骨と深い関わりがあります。

つまり背骨の構造が変化することで、アンバランスな状態になり、アンバランスな状態を改善させるがために痛みとしてからだにシグナルを送っているということができます。

 

からだ感覚に気づく

例えば、多くの人が憧れるのが腹筋がぱっくり割れたシックスパックですが

からだの構造からすると、シックスパックは機能的な腹筋の状態ではありません。

腹筋に力を入れたままの状態でいることって、息苦しいし、ものすごく疲れませんか?

写真中央に見られるのは背骨です。

背骨は、前方へと反っている形状をしているのがわかりますよ。

骨が前傾しているので、筋肉もそれに順って張力が掛かっているのが望ましいわけです。

にも関わらず、シックスパックを意識するあまり腹筋を長時間収縮させていると、構造に変化が生まれます。

伸張していたい腹筋が収縮し、反っていたい背骨が曲がってしまっていては本来のからだがあるべき状態からは遠ざかってしまいます。

からだの正面の腹筋はグッと収縮してしまうと、お腹の中の空間が圧縮されます。

後ろに控えている背骨も曲がることで、グッと前方へと圧をかけてくるので腹腔は強く圧迫され、横隔膜も前方へと垂れ下がり、胸腔までもが潰された状態になります。

それは背骨を伝って頭部まで伝わり、顎を前方へと突き出す変な姿勢を形成します。

腹筋が割れている、脚が細いなどは、私たちが作り出した美しさに対するひとつの価値観にすぎません。

本当に痛みや不調のないからだになりたいと考えているのでしたら、「からだが快適に感じるかどうか」ということにフォーカスしてみてください。

あなたは何のトレーニングをすることもなく仰向けでいる状態から一年足らずで立ち上がり、

三年目には、そこら中を自由に駆けまわっていた素晴らしいからだの持ち主です。

きっとからだは本来の力とバランスを取り戻してくれることを教えてくれるはずです。

 

エクササイズをするときに陥りやすいこと

いちばん大切なのは”基礎”

クライアントから「どのタイミングで上級のレッスンを受ければいいか?」という相談を受けました。

ヨガやピラティス、エアロビクスなど色々なエクササイズがあり、それらは難易度によってクラス分けが行われることがよくあります。

それには初心者が参加しやすいためだとか、運動強度が高い方が達成感が感じられるからだとかさまざまな理由があります。

しかし、もしあなたが

上級のレッスンに参加すること = (私は)基礎がしっかりできている

という考え方で上級のクラスに参加するのであれば、いま一度考えて見てください。

上級のクラスになると、動きは複雑になります。

ヨガやピラティスなど静的な動きが中心になるものは、より”からだの安定”が必要になります。

逆のことを言えば、上級のレッスンになると基本的要素である”からだの安定”が取りにくい要素が増えるということです。

向上心があることは良いことですが、向上心と技術の向上は比例しません。

走る・跳ぶ・投げる・蹴るといった動作は、立つ・歩く・座るがきちんとできて初めてできる動作です。

首が据わったばかりの赤ちゃんがいきなり走ったりしませんよね。

彼らは1年以上という時間をかけて、立つ・歩く・座るを会得し、そこからまた徐々に複雑な動作を身につけます。

つまり初級のレッスンにどれだけ参加していても、日常生活でからだに不調があるようなら、そのエクササイズで体得できる目標をクリアできていないということになります。

自分はどのぐらい基礎ができているのか?を確認するために、ひとつ上のレッスンに参加してみるということなら良いかもしれません。

しかし、これだけの期間やったから、ひとつ上のレッスンにレベルアップできるというガイドラインはありません。

多くの方の場合、エクササイズを通してからだの機能をアップデートするのが目的ではないでしょうか。

動作の複雑さを基準にして、アップデートをするのも達成感が感じられるので否定はしませんが、どれだけ丁寧に、集中して、動作を楽に行えるか、動きの質に焦点を当てて、からだの機能をアップデートすることもまた同じぐらい重要ではないでしょうか。

エクササイズに含まれる動作やポーズにばかり目を向けるのではなく、エクササイズを通して体得できる(からだを安定させる)という本来の目標を見失わないようにしたいものですね。

土佐清水市での健康運動教室

昨年に引き続き、今年も土佐清水市で運動教室をさせていただくことになりました。

対象になるのは、検診での結果が芳しくなかった方で国保の加入者です。

対象者は限定されてしまいますが、ご自身のからだと健康に対する意識を改めてもらうきっかけにしてもらえたら嬉しいですし

何と言ってもからだが資本ですから!

教室を通して、運動をする意味であったり、運動をする適切な順序を学んで、暮らしに活かしてもらえたらと思います。

脂肪燃焼がテーマになっていますが、効率よく燃焼させることに焦点をあてて、正しい姿勢で日常を過ごし、燃焼を促す基本的な生活リズムを作ることを学んでいただきます。

また、脂肪燃焼以外にも高血糖の改善、筋力アップのための教室も年間を通して行います。

ダイエット本やDVDなどでは伝えることができない、他にはない内容になっていますので

土佐清水市にお住いの方で連絡があった方はご参加いただければと思います。

詳細が気になる方は、土佐清水市 健康推進課までお問い合わせください。