BODYWISE オススメ

からだの持つちから:病むことは力

投稿日:

麻疹のパンデミックが言われる中で思うこと

からだが持つ回復力について書きましたが、からだには生命を維持するためのホメオスタシス(恒常性)が備わっています。

ホメオスタシスとは、生物(および鉱物において)その内部環境を一定の状態に保ちつづけようとする傾向のことです。

それは私たちが持つ、本来の意味での生命力とも言えるのかもしれません。

私たちは完全な状態で生まれて来るわけではありませんし、生まれてきてからの環境など様々な要因によって成長し、自己免疫力(抗体)をつけていきます。

健康に暮らすため除菌ということを、見聞きすることがよくありますが、これほどまでに除菌除菌と言われている国はありませんし、清潔な無菌状態で成長することで被るデメリットが存在することは言うまでもありません。

また、体内環境のことを考えると、合成添加物を摂取していることや、界面活性剤によって外部との境界線である皮膚の機能が低下していることなども、経皮毒の吸収についてであったり、自己免疫力の低下に繋がっていることが懸念されます。

*汗をかくことでデトックスができる根拠はなし 

どんなに科学技術が進歩しようと、私たち生命が生まれるサイクルは変わりません。

そして生命を維持するための食事睡眠などのプロセスは変わりません。

それは人類史46億年のなかで変わることなく、淡々と繰り返されてきた自然のリズムです。

日本を発祥とし、包括的にからだを捉えるボディワーク”野口整体”では、病むことは自己免疫を形成するために必要なことだと考えています。

文化的な営みとしては、予防接種をしてあらかじめ抗体を持つことが推奨されていますが、メリットだけが言われてデメリットが語られることはありません。

このブログもそうですが、情報には発信者のバイアス(思考傾向)が存在します。

何かを選択することは、何かを諦めることでもあります。

思考を停止した状態で、ひとつのことを盲目的に受け取るのではなく、起こる事象に対して

「なぜ、それが起こるのか?」を考えた上で、複数の情報から総合的に判断できるようになると良いのではないでしょうか。

からだの持つ回復力に興味がある方は野口整体に関連する書籍を読んでみてはいかがでしょうか。

Adsense

Adsense

-BODYWISE, オススメ

執筆者:

関連記事

背骨について

どんなからだでも背骨(脊椎)がないと機能しません。 免疫系など機能的に見てもそうですが、骨格としてからだの支えになっている点でも同様です。 背骨は足からの力(重力の反発)を伝え、二本の足で立つことを可 …

Webページ更新について

こんにちは、全米ストレングス&コンディショニング協会認定トレーナーの小林です。 どうもここ最近ものが壊れることが多くて、ちょっと泣きそうになっています。 先日のエアコン(購入1年10ヶ月にして)の故障 …

ついつい回数や時間で計ってしまいますが…

前回まで、からだのバランスが崩れるのは筋肉が少ないから…ではないという話と 鍛えるのは筋肉ではなく、脳・思考・空間把握能力だという話をしました。 では、脳や思考・空間把握能力はどのように鍛 …

WAIWAIフリーマーケット@土佐清水でのグループレッスン

こんにちは、全米ストレングス&コンディショニング協会認定パーソナルトレーナーの小林です 先日の愛南でのスロートレーニングのワークショップは大盛況で終わることができました!! 今週は少し変わって …

予め習うことを知ろうとすること。

来週はいよいよ和の所作で整える体幹コンディショニングのワークショップ。 体幹というと「ぎゅっ」とからだを安定させるイメージがあるかもしれませんが、 僕が伝えたいのは「ぷくーっ」と内側から膨らむイメージ …

気になるワードを記事から検索

オススメアプリ

プロフィール

Hirota Kobayashi
ボディワーカー・パーソナルトレーナー
友だち追加

おすすめ記事

良く読まれている記事

【よく読まれている記事】

腹筋について思うことあれこれ

鍛えるのは筋肉ではなく脳・思考・空間把握能力

生きるということ

Facebook page