BODYWISE

からだの持つちから

投稿日:

【レジリエンシー : 回復力】

からだは約60%の水分を細胞の内外に蓄えています。

瑞々しいからだは弾力を持つことで復元性を保ちます。

動きがなくなると水分の循環が滞り、鮮度が落ちます。

からだに力を入れたままの状態も同様で循環が滞ります。

滞ると水は変質し、タンパク質は熱を持ち変質します。

からだはそれを不調や痛みとして感じるようになります。

 

生鮮食品は空気に触れないように冷やして保存しますが、酸化することで熱が発生します。

自動車やバイクなども循環系に相当する冷却系が存在します。

これと同じように私たちも循環機能が低下すると、からだにもいろいろな不具合が生じてきます。

 

大切なことは週に5日の筋トレをすることではなく、

疲れきってから誰かに圧をかけてマッサージをしてもらうことでもなく、

じぶんのからだに責任を持ってからだを動かし、

滞った箇所を作らないようにすることではないでしょうか。

Adsense

Adsense

-BODYWISE
-

執筆者:


  1. […] からだが持つ回復力について書きましたが、からだには生命を維持するためのホメオスタシス(恒常性)が備わっています。 […]

関連記事

【養成講座のお知らせ】

高知県東部の芸西村にてネイチャーウォークのインストラクター養成講座を担当します。 27年度東部博事業の一環として行われるので、受講料は無料です。 考える村を会場として、敷地内の自然を楽しみながらカラダ …

あなたのからだを変えるかもしれない『断続的断食』

断続的断食プログラムが身体組成に及ぼす効果 こうした内容の論文を読みました。 近々、糖尿病予備軍(腹囲過多)の方々に運動指導をすることがあるのでぜひ伝えたいと思います。 結論から言うと、断食(ファステ …

ワークショップ&セッション@愛南町,愛媛

1月18日(日),24日(土),25日(日)の3日間の日程で 愛媛県南予にある愛南町にてワークショップ&パーソナルセッションを行います。

【note連載8回目】地域を挙げて介護予防運動に取り組もう!

黒潮町で、ロコモティブシンドローム予防にオリジナルの体操を作ろうとなったのがちょうど3年前。 そして出来上がったロコクロ体操は今ではたくさんの方に知ってもらえるようになりました!

からだの真ん中あたりに陣取っているクラゲみたいなのを動かそう!

春、ゆっくりからだを解こう 今年の冬は寒かったですね〜! 今シーズン、高知に帰ってきてから初めて薪ストーブなしでの冬でしたが、薪ストーブの良さを改めて感じました。 とはいえ3月に入ってから気温はぐんぐ …

気になるワードを記事から検索

オススメアプリ

プロフィール

Hirota Kobayashi
ボディワーカー・パーソナルトレーナー
友だち追加

おすすめ記事

良く読まれている記事

【よく読まれている記事】

腹筋について思うことあれこれ

鍛えるのは筋肉ではなく脳・思考・空間把握能力

生きるということ

Facebook page