からだの持つちから

【レジリエンシー : 回復力】

からだは約60%の水分を細胞の内外に蓄えています。

瑞々しいからだは弾力を持つことで復元性を保ちます。

動きがなくなると水分の循環が滞り、鮮度が落ちます。

からだに力を入れたままの状態も同様で循環が滞ります。

滞ると水は変質し、タンパク質は熱を持ち変質します。

からだはそれを不調や痛みとして感じるようになります。

 

生鮮食品は空気に触れないように冷やして保存しますが、酸化することで熱が発生します。

自動車やバイクなども循環系に相当する冷却系が存在します。

これと同じように私たちも循環機能が低下すると、からだにもいろいろな不具合が生じてきます。

 

大切なことは週に5日の筋トレをすることではなく、

疲れきってから誰かに圧をかけてマッサージをしてもらうことでもなく、

じぶんのからだに責任を持ってからだを動かし、

滞った箇所を作らないようにすることではないでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

1 のコメント

  1. ピンバック: からだの持つちから:病むことは力 – 快適に暮らすためのボディワーク

コメントは締め切られています。