BODYWISE

エクササイズをするときに陥りやすいこと

投稿日:

いちばん大切なのは”基礎”

クライアントから「どのタイミングで上級のレッスンを受ければいいか?」という相談を受けました。

ヨガやピラティス、エアロビクスなど色々なエクササイズがあり、それらは難易度によってクラス分けが行われることがよくあります。

それには初心者が参加しやすいためだとか、運動強度が高い方が達成感が感じられるからだとかさまざまな理由があります。

しかし、もしあなたが

上級のレッスンに参加すること = (私は)基礎がしっかりできている

という考え方で上級のクラスに参加するのであれば、いま一度考えて見てください。

上級のクラスになると、動きは複雑になります。

ヨガやピラティスなど静的な動きが中心になるものは、より”からだの安定”が必要になります。

逆のことを言えば、上級のレッスンになると基本的要素である”からだの安定”が取りにくい要素が増えるということです。

向上心があることは良いことですが、向上心と技術の向上は比例しません。

走る・跳ぶ・投げる・蹴るといった動作は、立つ・歩く・座るがきちんとできて初めてできる動作です。

首が据わったばかりの赤ちゃんがいきなり走ったりしませんよね。

彼らは1年以上という時間をかけて、立つ・歩く・座るを会得し、そこからまた徐々に複雑な動作を身につけます。

つまり初級のレッスンにどれだけ参加していても、日常生活でからだに不調があるようなら、そのエクササイズで体得できる目標をクリアできていないということになります。

自分はどのぐらい基礎ができているのか?を確認するために、ひとつ上のレッスンに参加してみるということなら良いかもしれません。

しかし、これだけの期間やったから、ひとつ上のレッスンにレベルアップできるというガイドラインはありません。

多くの方の場合、エクササイズを通してからだの機能をアップデートするのが目的ではないでしょうか。

動作の複雑さを基準にして、アップデートをするのも達成感が感じられるので否定はしませんが、どれだけ丁寧に、集中して、動作を楽に行えるか、動きの質に焦点を当てて、からだの機能をアップデートすることもまた同じぐらい重要ではないでしょうか。

エクササイズに含まれる動作やポーズにばかり目を向けるのではなく、エクササイズを通して体得できる(からだを安定させる)という本来の目標を見失わないようにしたいものですね。

Adsense

Adsense

-BODYWISE
-, , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

速く走るためには頑張るんじゃなくて考える。

子どもの頃、速く走れるかどうかは超重要課題だった きっと今も昔も小学校のときに”速く走れる”かということはとても重大ミッションだった。 ふだん、サッカーをしたり鬼ごっこをしたり遊びでは速さを何かでカバ …

からだを動かしているのは筋肉なのか?

常識を疑う 私たちはからだを動かすものは「筋肉」だと思っているはずです。 そして、からだを動かす筋肉を鍛えて強く大きくするのがトレーニングだと信じて疑っていない。 だけど、本当にそうでしょうか。 生ま …

EL CAMINO サンティアゴ巡礼の旅 〜セッション1〜

からだを整える方向 立体的である私たちのからだは、前後・左右・上下の3つの面で動く。 “体幹が安定” して “からだが整った” 状態であれば、この3つの …

からだを鍛えるのはなぜか、そしてどのようにするのか?

カラダを鍛えるということ カラダを鍛えている人と、カラダを鍛えていない人のあいだにある埋められないギャップ。 それは「動くとしんどい」という感覚ではないだろうか。 スポーツはカラダに悪いということを言 …

ついつい回数や時間で計ってしまいますが…

前回まで、からだのバランスが崩れるのは筋肉が少ないから…ではないという話と 鍛えるのは筋肉ではなく、脳・思考・空間把握能力だという話をしました。 では、脳や思考・空間把握能力はどのように鍛 …

気になるワードを記事から検索

オススメアプリ

プロフィール

Hirota Kobayashi
ボディワーカー・パーソナルトレーナー
友だち追加

おすすめ記事

良く読まれている記事

【よく読まれている記事】

腹筋について思うことあれこれ

鍛えるのは筋肉ではなく脳・思考・空間把握能力

生きるということ

Facebook page