BODYWISE

からだに不調をきたす原因は…

投稿日:2018年5月22日 更新日:

からだに不必要な力を入れることでインバランスが崩れる

私たちは体重を地面に伝えて暮らしています。

地面は伝えられた力と同じだけ反発した力を伝えています。

物理ではこれを引力斥力と呼びます。

二つの物体の間で作用する互いに“引き合う力”“遠ざけようとする力”のことですが

足元がぬかるんでいたり、靴の形状によって力を正しく伝えられない状態にあると、地面からの反発も弱まります。

つまり体重をそのまま伝えることができると、同等の反発を得ることができるので「立つ」ということが楽になるのです。

 

地に足をつけて暮らしていますか?

足元へと体重を正しく伝えられていないというのは、イメージにするとこのような感じです。

例えば、体重を正しく伝えられなくなる要素としては以下のようなものが考えられます。

  • 長時間座っている状態が続くと股関節が曲がった状態(屈曲位)になる
  • ヒールなど高低差がある靴を日常的に履いているとつま先荷重(足関節進展位)になる

正しく体重を伝えることができない場合、正しい反発を受けることができなくなります。

そこでからだを支えるために、本来は必要ない力が必要になってきます。

自分ではしっかり立っているつもり、いい姿勢のつもり…

しかし、それは主観であって、物理の法則からすると力をきちんと伝えられていないのかもしれません。

 

そのからだの緊張に気づいていますか?

体重をそのまま伝えきれていない場合、からだのどこか一部を過剰に収縮させることになります。

そのことでバランスが崩れます。

下の図は同じ姿勢でいますが、緊張している部分がそれぞれに異なります。

まっすぐ立てるようになったのだからバランスは取れてるじゃないかと思うかもしれませんが

それは外側(地球 対 自分)のバランスであって、からだの内側(筋骨格系 対 内臓)のバランスは崩れます。

つまり、常時筋肉を過剰に収縮させることで、からだを不必要に変形させているのです。

そしてそれが痛みや不調の原因になっているのです。

 

Adsense

Adsense

-BODYWISE
-, , , ,

執筆者:

関連記事

EL CAMINO サンティアゴ巡礼の旅 〜セッション1〜

からだを整える方向 立体的である私たちのからだは、前後・左右・上下の3つの面で動く。 “体幹が安定” して “からだが整った” 状態であれば、この3つの …

EL CAMINO サンティアゴ巡礼の旅 〜からだを整えるわけ〜

年が明けてから相談を受けたサンティアゴ巡礼の旅のサポート 出発は4月を予定していて、サン・ジャン・ピエ・ド・ポーからサンティアゴまで全長800kmの巡礼。 旅人は66歳男性、仕事はしているが運動習慣は …

からだを動かしているのは筋肉なのか?

常識を疑う 私たちはからだを動かすものは「筋肉」だと思っているはずです。 そして、からだを動かす筋肉を鍛えて強く大きくするのがトレーニングだと信じて疑っていない。 だけど、本当にそうでしょうか。 生ま …

赤ちゃんの同じように、自分のからだにも愛情を!

親子リラックス体操@黒潮町子育て支援センター いつも思うんですが、保育園や幼稚園の先生ってすごいですよね。 こんな看板があると「おっ!!」と目を引いてしまいます。 しかも第1回とあるので、この先が2回 …

からだの話 ~ Body, mind & spirit ~

今日は秋の始まり四万十町、四国八十八ヶ所霊場第37番札所岩本寺と古民家カフェ半平を会場に四万十手仕事市が催されます。 さまざまな作家さんのクラフトや、こだわりの食べ物、ヨガなど家族でワイワイ楽しめるイ …

気になるワードを記事から検索

オススメアプリ

プロフィール

Hirota Kobayashi
ボディワーカー・パーソナルトレーナー
友だち追加

おすすめ記事

良く読まれている記事

【よく読まれている記事】

腹筋について思うことあれこれ

鍛えるのは筋肉ではなく脳・思考・空間把握能力

生きるということ

Facebook page