BODYWISE

からだに不調をきたす原因は…

投稿日:2018年5月22日 更新日:

からだに不必要な力を入れることでインバランスが崩れる

私たちは体重を地面に伝えて暮らしています。

地面は伝えられた力と同じだけ反発した力を伝えています。

物理ではこれを引力斥力と呼びます。

二つの物体の間で作用する互いに“引き合う力”“遠ざけようとする力”のことですが

足元がぬかるんでいたり、靴の形状によって力を正しく伝えられない状態にあると、地面からの反発も弱まります。

つまり体重をそのまま伝えることができると、同等の反発を得ることができるので「立つ」ということが楽になるのです。

 

地に足をつけて暮らしていますか?

足元へと体重を正しく伝えられていないというのは、イメージにするとこのような感じです。

例えば、体重を正しく伝えられなくなる要素としては以下のようなものが考えられます。

  • 長時間座っている状態が続くと股関節が曲がった状態(屈曲位)になる
  • ヒールなど高低差がある靴を日常的に履いているとつま先荷重(足関節進展位)になる

正しく体重を伝えることができない場合、正しい反発を受けることができなくなります。

そこでからだを支えるために、本来は必要ない力が必要になってきます。

自分ではしっかり立っているつもり、いい姿勢のつもり…

しかし、それは主観であって、物理の法則からすると力をきちんと伝えられていないのかもしれません。

 

そのからだの緊張に気づいていますか?

体重をそのまま伝えきれていない場合、からだのどこか一部を過剰に収縮させることになります。

そのことでバランスが崩れます。

下の図は同じ姿勢でいますが、緊張している部分がそれぞれに異なります。

まっすぐ立てるようになったのだからバランスは取れてるじゃないかと思うかもしれませんが

それは外側(地球 対 自分)のバランスであって、からだの内側(筋骨格系 対 内臓)のバランスは崩れます。

つまり、常時筋肉を過剰に収縮させることで、からだを不必要に変形させているのです。

そしてそれが痛みや不調の原因になっているのです。

 

Adsense

Adsense

-BODYWISE
-, , , ,

執筆者:

関連記事

トレーニングは追い込むだけじゃないんだよね!部活については親子で考えてもらいたい!

こんにちは、全米ストレングス&コンディショニング協会認定パーソナルトレーナーの小林です 東京から帰ってくると辺りの桜はほぼ葉桜に変わっていて、今年はお花見ができませんでした… これ …

その痛みや不調は骨盤が歪んでいるからなのでしょうか?

肩の動かし方が左右で異なるので腕が動かしづらいし、腰も慢性的に痛い。 きっと骨盤が歪んでいるんじゃないかと思う。 そういってスタジオを訪れてくれたのは、ベンチプレスで100kgを楽々と持ちあげることが …

土佐清水市で脂肪燃焼運動教室を行いました!

このまま夏が終わることなくずっと続きそうな景色を眺めながら 今日は土佐清水市で脂肪燃焼運動教室を行ってきました。 「ウォーキング × 筋トレ= 脂肪めらめら」とても効きそうなキャッチコピーです。 その …

和の所作と体幹

和の所作で整える体幹コンディショニング なんでわざわざ「和の所作」?!と思うかもしれませんが、和の所作には意味があります。 それは私たち日本人の昔の暮らしの中に「体幹を上手く使うためのエッセンス」が当 …

からだの持つちから

【レジリエンシー : 回復力】 からだは約60%の水分を細胞の内外に蓄えています。 瑞々しいからだは弾力を持つことで復元性を保ちます。 動きがなくなると水分の循環が滞り、鮮度が落ちます。 からだに力を …

気になるワードを記事から検索

オススメアプリ

プロフィール

Hirota Kobayashi
ボディワーカー・パーソナルトレーナー
友だち追加

良く読まれている記事

【よく読まれている記事】

腹筋について思うことあれこれ

鍛えるのは筋肉ではなく脳・思考・空間把握能力

生きるということ

Facebook page