BODYWISE

からだに不調をきたす原因は…

投稿日:2018年5月22日 更新日:

からだに不必要な力を入れることでインバランスが崩れる

私たちは体重を地面に伝えて暮らしています。

地面は伝えられた力と同じだけ反発した力を伝えています。

物理ではこれを引力斥力と呼びます。

二つの物体の間で作用する互いに“引き合う力”“遠ざけようとする力”のことですが

足元がぬかるんでいたり、靴の形状によって力を正しく伝えられない状態にあると、地面からの反発も弱まります。

つまり体重をそのまま伝えることができると、同等の反発を得ることができるので「立つ」ということが楽になるのです。

 

地に足をつけて暮らしていますか?

足元へと体重を正しく伝えられていないというのは、イメージにするとこのような感じです。

例えば、体重を正しく伝えられなくなる要素としては以下のようなものが考えられます。

  • 長時間座っている状態が続くと股関節が曲がった状態(屈曲位)になる
  • ヒールなど高低差がある靴を日常的に履いているとつま先荷重(足関節進展位)になる

正しく体重を伝えることができない場合、正しい反発を受けることができなくなります。

そこでからだを支えるために、本来は必要ない力が必要になってきます。

自分ではしっかり立っているつもり、いい姿勢のつもり…

しかし、それは主観であって、物理の法則からすると力をきちんと伝えられていないのかもしれません。

 

そのからだの緊張に気づいていますか?

体重をそのまま伝えきれていない場合、からだのどこか一部を過剰に収縮させることになります。

そのことでバランスが崩れます。

下の図は同じ姿勢でいますが、緊張している部分がそれぞれに異なります。

まっすぐ立てるようになったのだからバランスは取れてるじゃないかと思うかもしれませんが

それは外側(地球 対 自分)のバランスであって、からだの内側(筋骨格系 対 内臓)のバランスは崩れます。

つまり、常時筋肉を過剰に収縮させることで、からだを不必要に変形させているのです。

そしてそれが痛みや不調の原因になっているのです。

 

Adsense

Adsense

-BODYWISE
-, , , ,

執筆者:

関連記事

no image

【お詫び】HPの更新で不具合が発生しています

こんにちは、全米ストレングス&コンディショニング協会認定パーソナルトレーナーの小林です 長く使ってきたMacBook Proの限界が訪れたのか はたまたサーバーとの相性が悪化したのかわかりませんが 投 …

6月5日 臨時休業のお知らせ

昨日からの降雨により河川の氾濫があるので万が一を警戒し 誠に勝手ながら本日(6/5 Thu)は臨時休業とさせて頂きます。 ご利用の皆様にはご迷惑をおかけしますがご了承下さいませ。 尚、明日からは通常営 …

パートナとして、男性として、出産に関してできること

女性の骨盤と人生のサイクル 女性は子どもを体内に宿し、出産というプロセスを経て、この世に新しい命が誕生する。 まだ記憶に新しい、妻の妊娠〜出産。 からだにもう一つの命を宿して、10ヶ月ものあいだ、生活 …

あなたのからだを変えるかもしれない『断続的断食』

断続的断食プログラムが身体組成に及ぼす効果 こうした内容の論文を読みました。 近々、糖尿病予備軍(腹囲過多)の方々に運動指導をすることがあるのでぜひ伝えたいと思います。 結論から言うと、断食(ファステ …

数字ばかり見て大切なことを見落とさないように

こんな質問をいただきました。   身体的な効果測定(体重測定やBMI測定)を実施するためには、 運動前・運動後で実施しても、あまり意味はなかったですよね? Contents1 運動前後での計 …

気になるワードを記事から検索

オススメアプリ

プロフィール

Hirota Kobayashi
ボディワーカー・パーソナルトレーナー
友だち追加

おすすめ記事

良く読まれている記事

【よく読まれている記事】

腹筋について思うことあれこれ

鍛えるのは筋肉ではなく脳・思考・空間把握能力

生きるということ

Facebook page