BODYWISE

私たちのからだに欠かせない “水”

投稿日:

からだはバランスを取り戻すと本来の機能を取り戻す

これは薄い膜の中には水が入っているだけのトマトの形状をしたおもちゃです。

もし外側にある膜が緊張して伸びきらない状態であれば、衝撃を全て伝えることはできないでしょう。

そうすると、このトマトは衝撃に耐えきれず破裂することになるはずです。

 

からだはその組成の60%が水

 

脳や肺、腎臓などは80%以上が水分です。

感覚器官である目は95%が、運動器官である筋肉や心臓でも75%となっています。

つまり水は触媒として、からだ中のあらゆる所に分布しているということが言えます。

しかし、トマトの外側の膜が緊張して伸びきらない状態のように、

からだに過剰な力が入ってしまうと、薄い皮膚に覆われた水を蓄えている私たちのからだからは水分が押し出されてしまうことになるのです。

からだは長い間その緊張が続くことで、組織の伸縮性を失い、本来兼ね備えている復元力を失います。

 

水は留まることがない

からだを動かしているのは、重力かもしれませんし、力を伝えている骨かもしれません。

心臓や内臓が動かなければ私たちは生きていられないので、そういう意味では筋肉がからだを動かしているのかもしれません。

何れにしても、私たちは “水” と共に暮らしているようです。

目で見える範囲のことだけではなく、からだの中の見えない部分にまで意識を向け

からだの中で、滞ることなく水が巡ることができるようになると

より快適に、より疲れにくく、意のままに動かせるからだになれるかもしれませんね。

Adsense

Adsense

-BODYWISE
-,

執筆者:

関連記事

台風による臨時休業のお知らせ

台風11号の接近に伴い、スタジオへお越し下さる方の安全を考え 台風接近が予想される8月9日(土)は休業とさせて頂きます。 尚、10日(日)は今後の台風の進路及び各種状況を考え営業を決定させて頂きます。 …

鍛えるのは筋肉ではなく脳・思考・空間把握能力

前回筋肉が少ないから…ではないという話をしました。 大学で解剖学や生理学など専門知識を学んでも「筋肉を鍛えよう」としていたので、その気持ちも分からなくはないんですが、鍛えるのは筋肉ではない …

赤ちゃんに習う!トレーニングの基礎

「からだの教習所」と言えるかもしれない、トレーナーというのが前回の話。 そのトレーナーが近年、参考にしているのが「赤ちゃん」だということ知ってましたか? というのも、赤ん坊は誰に習うわけもなく立って歩 …

“動くこと” は薬である。

からだを動かすことは、自分のからだに、感情に、そして精神に与える薬である。 エモーショナルセラピスト キャロル・ウェルチ からだは水でできている。 子供の肌がプリプリしているのや、大きな怪我をしにくい …

no image

Hello World!

Welcome to WordPress. This is your first post. Edit or delete it, then start writing!

気になるワードを記事から検索

オススメアプリ

プロフィール

Hirota Kobayashi
ボディワーカー・パーソナルトレーナー
友だち追加

良く読まれている記事

【よく読まれている記事】

腹筋について思うことあれこれ

鍛えるのは筋肉ではなく脳・思考・空間把握能力

生きるということ

Facebook page