BODYWISE

私たちのからだに欠かせない “水”

投稿日:

からだはバランスを取り戻すと本来の機能を取り戻す

これは薄い膜の中には水が入っているだけのトマトの形状をしたおもちゃです。

もし外側にある膜が緊張して伸びきらない状態であれば、衝撃を全て伝えることはできないでしょう。

そうすると、このトマトは衝撃に耐えきれず破裂することになるはずです。

 

からだはその組成の60%が水

 

脳や肺、腎臓などは80%以上が水分です。

感覚器官である目は95%が、運動器官である筋肉や心臓でも75%となっています。

つまり水は触媒として、からだ中のあらゆる所に分布しているということが言えます。

しかし、トマトの外側の膜が緊張して伸びきらない状態のように、

からだに過剰な力が入ってしまうと、薄い皮膚に覆われた水を蓄えている私たちのからだからは水分が押し出されてしまうことになるのです。

からだは長い間その緊張が続くことで、組織の伸縮性を失い、本来兼ね備えている復元力を失います。

 

水は留まることがない

からだを動かしているのは、重力かもしれませんし、力を伝えている骨かもしれません。

心臓や内臓が動かなければ私たちは生きていられないので、そういう意味では筋肉がからだを動かしているのかもしれません。

何れにしても、私たちは “水” と共に暮らしているようです。

目で見える範囲のことだけではなく、からだの中の見えない部分にまで意識を向け

からだの中で、滞ることなく水が巡ることができるようになると

より快適に、より疲れにくく、意のままに動かせるからだになれるかもしれませんね。

Adsense

Adsense

-BODYWISE
-,

執筆者:

関連記事

腰痛に悩んでいる方ぜひ一度体験してみて下さい。

4月から少人数グループレッスンのクラスを実施するにあたって まずは「腰痛肩こり改善クラス」の体験レッスンのお知らせです もしご興味があれば、お友達と一緒にお越し下さい

新:身体論

赤ちゃんは誰に倣うでもなく、寝返りをし、はいはいを始め 色々なものを持ち、二本の足で立ち、柔らかいからだで成長する。 5年が経ち、10年が経ち、あるときにふとからだに不調があることに気がつく。 赤ちゃ …

筋肉量を増やしてからだを大きくすることだけがトレーニングか?

「概念」を理解すれば、物事はシンプルになるということは伝わりましたか? 今回はトレーニングの概念について考えてみましょう。 トレーニングを終えると、前回よりパフォーマンスが上がっていることが期待されま …

生きるということ

一所懸命、今を生きていますか 昨年、アリゾナにあるトッドガルシアのラボ “lofae” で冷凍献体での人体解剖を行いました。 5日間、敬意と尊厳をもって献体と向き合い、初めて人体の内側にふれました。 …

筋肉が少ないから…ではないんです。

あなたは片足をあげてどのぐらい安定して立ってられますか?? もし実際にできるシチュエーションだったらぜひやってみてください。 今は動くことができない方は、イメージしてもらっても良いかもしれません。 目 …

気になるワードを記事から検索

オススメアプリ

プロフィール

Hirota Kobayashi
ボディワーカー・パーソナルトレーナー
友だち追加

おすすめ記事

良く読まれている記事

【よく読まれている記事】

腹筋について思うことあれこれ

鍛えるのは筋肉ではなく脳・思考・空間把握能力

生きるということ

Facebook page