BODYWISE

からだに対する数学的考察

投稿日:2018年5月31日 更新日:


数学的視点からの考察

フィボナッチ数列という言葉を聞いたことがありますか?

このフィボナッチ数はとても美しい規則性を持ち、想像することを加速させます。

TEDでわかりやすく解説されているので、興味がある方はビデオクリップをご覧ください。

私たちが学校で習った数学は、一部の人を除いて、退屈でつまらなくて役に立ちそうにないものだったのではないかと思いますが、

このように計算し、応用し、想像するためのパターンの科学だと気づくことができていたら、もっと数学に熱中できたのではないかと思います。

 

人体における数学的視点からの考察

もっとも有名なのはレオナルド・ダ・ヴィンチによるウィトルウィウス的人体図でしょう。

「ウィトルウィウス的人体図」の下部にはメモがあり、次のようなことが記載されています。

  • 胸上部から頭頂部までは身長の 1/6
  • 胸上部から髪の生え際までは身長の 1/7
  • 肩幅は身長の 1/4  などなど

自然界でも花や側枝など、様々なところで規則性のある数字が現れるので

人体においても同様のことが見られるというのは、およそ納得がいきます。

 

腕と脚に隠された秘密

からだには軸となる脊椎(背骨)と、四肢(手足)の骨格があります。

人間で言えばこれらは”腕”と”脚”ですが、動物で言えばどちらも”脚”です。

これら四肢の骨格は、からだの中心から順に1本→2本→3本→4本→5本と順番に分かれて力を伝えています。

つまりこれは、からだの質量を5本の指に分散させることで、細かい動きを容易にし

5本の指から伝わる力を一つにまとめることで、力強い動きを作り出すことができていると考察することができます。

関節の形状や、筋肉の付着の仕方についても、それぞれに意味があるのが伺えます。

「足は、人間工学上の傑作であり、最高の芸術作品である」とレオナルド・ダ・ヴィンチは言いましたが、わたしたちのからだは、とても考察され、洗練されたデザインであるということが解ります。

もちろん四肢の骨格だけでなく、脊椎と歯の関係性であったり、頭骸骨と仙骨の関係性であったり実にたくさんの数学的関係性や規則性が見られるのですが、詳しくは長くなるので割愛します。

 

からだを知ると見えてくることがある

からだに痛みや不調などがあると、ついその場所や部位が悪い・弱いと思ってしまいます。

それも一理あるかもしれませんが、以前書いたように痛みによって原因が異なりますし

痛みや不調の原因を作り出しているのは、からだのアンバランスが元になることが多いです。

先に述べたように、私たちのからだには規則性があります。

その規則性を学ばずして、根本的な痛みや不調の改善を図るのは難しいのではないでしょうか。

からだは静かにその時を待っています。

Adsense

Adsense

-BODYWISE
-, , ,

執筆者:

関連記事

アンチエイジングメソッド!

気がつけばもう9月、今年も残すところ3ヶ月となりました。 9月、タイミングとしてはちょっと中途半端な感じもしますが、今日はアンチエイジングメソッド ボディワークスを発表します。 アンチエイジングメソッ …

その痛みや不調は骨盤が歪んでいるからなのでしょうか?

肩の動かし方が左右で異なるので腕が動かしづらいし、腰も慢性的に痛い。 きっと骨盤が歪んでいるんじゃないかと思う。 そういってスタジオを訪れてくれたのは、ベンチプレスで100kgを楽々と持ちあげることが …

たった1分でからだは柔らかくなる?

前回、からだは重力の力を受けてボールのように弾み続けることのできるゴムのような柔らかさがあることが理想的だという話をしました。 からだのイメージが少しは具体的なものになってきましたか? なんとなく解っ …

知識がないから、非科学的なことも信じてしまう。

全体で動いている人のからだ からだは考えなくても全部が同時に動いていますよね。 あたりまえの事のように思うかもしれませんが、実は全く理解できていないかもしれません。 例えば、腰が痛くてからだに不調を感 …

やったその場で実感できる!!嬉しいこと言ってくれます!

こんにちは、全米ストレングス&コンディショニング協会認定トレーナーの小林です 近々、友人がこちらに移住してくるらしく、ワクワクしている今日この頃です。 わくわくと言えば、今日は久々に黒潮町のふれあいサ …

気になるワードを記事から検索

オススメアプリ

プロフィール

Hirota Kobayashi
ボディワーカー・パーソナルトレーナー
友だち追加

良く読まれている記事

【よく読まれている記事】

腹筋について思うことあれこれ

鍛えるのは筋肉ではなく脳・思考・空間把握能力

生きるということ

Facebook page