からだの内側と感覚

今日は「からだの中心」ということが、セッションのテーマに上がりました。

からだの中心というのは意味は分かっても、からだで感じようと思うとすごく曖昧になります。

にも関わらず、「からだの中心から〜」という表現はよく耳にすると思います。

そこで、今回はからだの中心を見つけるために必要なことを伝えます。

[toc]

感覚について

私たちは生きている間、絶えず色々な刺激を受けています。

光、音、匂い、味、様々な皮膚感覚など、

明るい、暗い、うるさい、落ち着く、刺激的、リラックスできる、甘い、苦い、じっとりしている、暑いなど様々な刺激を受け取りながら、それらが個人の感覚で統合されることで、快や不快が決まっていくのです。

快と不快、二つの感覚

ある特定の環境は、誰かには快適だと感じ、別の人には不快に感じるわけです。

私たちのからだは、その「感じたこと」に対して、「快」に感じるリアクションをします。

当然ながら、反応速度は感覚の感度に比例するのです。

からだは理性で動かせることができても、感覚は動かすことができません。

つまり、

からだが”今在る状態”を、より、感じることができるようになれば、からだを動かすことが今より楽に行えるようになるということです。

内側の感覚

コア・体幹・インナーマッスル

呼称や表現の仕方は変わりますが、どれもからだの表面からは見ることも触れることもできません。

見ることも触れることもできないものを動かすことができるのは、内側から広がる力ではないでしょうか。

体幹という言葉からは連想しづらいですが、インナーマッスルやコアという言葉からは内側というイメージが浮かぶので、連想していたかもしれません。

つまり、内側の感覚とはどのように呼吸をコントロールするか、内側からの力の広がりを隣り合う器官にどれだけ正確に伝えるかということなのです。

感覚を統合する

筋肉は孤立して動くことを嫌って、いつも隣り合う組織と合わせて動きます。

その働きが、からだに連動性を生み出しているのですが、

ときとして、無意識にからだで起きてしまう「力み」によってその伝達が止まってしまうことがあります。

頑張ろう・期待に応えようといった気持ちや、見栄のように自分を良く見せようとする気持ちは力みを生み出します。

いい姿勢に見せよう、強く見せよう、前を向こう!

思うことは悪くないですが、そうした気持ちも”今在る状態”から目を背ける要素になります。

あなた自身ではない「感情」がからだになってしまわないように注意が必要です。

 

対極を知る

人は「若いころ、自分が解ってなかった」と言います。

家族から社会へと、成長段階に合わせて「新しい世界」へと行動範囲を拡げ、自分探しの旅をします。

そうした人生のなかで想定外のトラブルに対処するとき、冷静でいるのかパニックになるのかで自分自身がどういう人間なのかということを確認し、知ることができます。

からだも同様です。

中心がわかっているから、外側へ広がることができると考えていたら

いつまで経ってもからだの中心は見つかりません。

からだの中心を知るために、外側への広がりを知ることが始まりなのです。

私たちのからだは骨や筋肉などがフレームとしてありますが、同時に流動性の高い水(H2O)から構成されています。

内側で静止することのない、曖昧な中心を探し、それを維持してからだを動かすのではなく

外側にどんどん動きを拡げ、それぞれに拡がった四肢と背骨の交点を、中心として追いかけた方が動きの中で、中心を見失うことはありません。

筋力アップというのは、必ずしも筋肉を増やすことではない。

土佐清水市での “筋力増強運動教室”

40〜50代男性を対象としていましたが、集まったのは10人ほどでした。

40〜50代といえばまだまだ働き盛り、休日は家族と過ごしたい方もいるでしょうし、わざわざトレーニングをしに行こうと思う人は少ないのかもしれません。

次回は10月の予定ですが、これはこれで集客の方法を考えた方が良さそうです。

とはいえ参加費は無料ですし、公共サービスを使わない手はないと思うのですが…

一方で、嬉しいことに脂肪燃焼教室に参加してくださってた方々が飛び入りで参加してくれました。

これで考えていた当初のプランは崩れましたが、与えられるだけの能動的な態度でいるのではなく、積極的でいる姿勢は見習うべきだと思いました。

[toc]

 

基礎ができないのに応用はできない

筋力増強というテーマなので、さぞキツい運動をと想像していたかもしれません。

しかし、自分自身の体重をしっかり支えることができない人が、それ以上の外部負荷をかけてトレーニングをすることに意味はあるのでしょうか。

ということで、今回は四つ這いで歩くということから始めました。

赤ん坊が当たり前に行なっていることです。

もうずいぶん昔にハイハイは終えているので、楽にできて当然なんですがハイハイで大汗をかいていました。

ウエイト(重り)を持ってる方が、さもトレーニングをしているように感じますが、あくまでも感じでしかないのです。

つまり、四肢と体幹が繋がっていない状態ということです。

 

力が伝わる感覚を感じて、しっかりと大地を踏み込む

私たちの暮らしは「引く」動作が多くあり、押す動作はさほどありません。

つまり、足を持ち上げることを考えても、足を地面にねじ込んだ反発というのは考えないのです。

支持基底面がない状態では、宙に浮いているのと同じで力が入るはずもありません。

その状態でいくら筋肉を収縮させても、それは私たちが本来手に入れる「力」ではなく「緊張」でしかありません。

ハイハイをすることは四つの支持基底面で支えるということです。

つまり腕(前脚)の使い方を改善するということが、体幹を通して脚に伝わり、その逆も然りということなのです。

その応用がプランクに分類される様々な“体幹”エクササイズなのです。

 

鍛える・強くするというのは量が増えるだけではない

一見すると、筋肉が大きいことは力が強いことのように感じます。

しかし、からだが大きい方が出せる力が大きいのであれば、スポーツは体が大きい方が有利ということになります。

しかしそれは限られた条件のもとでしか機能しません。

イチロー選手はあんなに細いのに、走攻守と三拍子揃った好プレーヤーです。

彼は一貫して自分自身のからだのコントロールにトレーニングの重きを置いています。

ホームランを打ちたいから、からだを大きくしようというのはあまりにも短絡的な発想ということになります。

からだ(筋肉)を大きくするということは、同時にからだを重くする、または関節可動域に制限をかけてしまうということでもあります。

大きくしたいことを否定する必要はありませんが、強さ=筋肉という考え方の間違いに気づくことも大切です。

 

体幹は体幹だけで終わらない、体幹と四肢は繋がっている

基礎に戻って四つん這いが楽に行えるようになるという事は、四本の手足でからだ(体幹部分)を自在にコントロールするということです。

運動教室の後半に行なったプライオメトリクスジャンプは運動強度としてはかなり高いものになります。

子どもは歩くことができるようになっても、ジャンプができるようになるのには時間がかかります。

また一般的に加齢を重ねれば重ねるほど、このような瞬発系の力は出しづらくなるもの。

そうした中で、リズミカルに手足をうまく使いながらバランスや重心の移動を行い、ジャンプからジャンプへと自分の体重以上の負荷をコントロールするのは意外と難度の高いエクササイズなのです。

最初はハイハイで歩くだけでも「膝が痛い」と言っていたのに、90分経ってみると随分と思い切ったことが、しかも安定してできるようになりました。

これこそが、筋力増強の「筋肉の量を増やす」ということではなく、在るものを使って筋肉を使ってからだの出力(パワー)をあげるということです。

こうした身体への気づきを持つことで、自分の身体に信頼が生まれるようになります。

そしてそれはやがて、自信へと繋がり、動き方を変え、暮らしかたや生き方にも影響を与えるようになるでしょう。

トレーニングをする方は、自由に動かせる四肢と、四肢と繋がった体幹をイメージしながら行なって下さいね。

腰痛と肩こりでお悩みのみなさまへ

腰痛と肩こりに悩まないからだになるためのワークショップ

以前に比べ、世の中は健康に対する意識がずいぶんと高くなったように思います。

フィットネスクラブの数も増え、トレーニングに励む人も増えました。

にも関わらず、腰痛と肩こりに悩む人が減らないのはどうしてでしょうか。

まだまだトレーニングが十分ではなくて、筋肉が少ないからなのでしょうか。

10年前、僕はフィットネスクラブで働いていたにも関わらず、椎間板ヘルニアになり一度仕事を辞めました。

当時、椎間板ヘルニア手術の名医といわれる医師からは「生理機能、生殖機能はもとより競技など運動はおそらく難しい」と言われましたが、手術することなく完治させることができ、子どもにも恵まれ、今もトレーナーとして働けています。

[toc]


そんな自身の経験を元にした、腰痛と肩こりに悩まないからだになるためのワークショップを行います。

日時 6月24日(日)13:00〜16:00

場所 Conditioning Studio BODYWISE

料金 5,000円(レッスンで使用する道具代金を含む)

定員 6名

備考 使用する道具(ボールとバンド)は持ち帰りいただけます。

目標 腰痛と肩こりといった不調は、からだ(筋肉)が硬くなり拘縮した状態が続くことが原因となります。からだ(筋肉)に意識を向けて、自分で柔らかい状態(からだが快適だと感じる状態)でいられるようになることを目的とします。

その他 飲み物とタオルをご持参ください。動きやすい服装であればどんな服装でも結構です。室内ばきは必要ありません。

 

世の中の大半以上の人がやっているのと同じことをしても、望んだ結果は出ない。

腹筋と背筋のバランスがよくないから腰痛に、また姿勢が悪いことで肩こりになるということがよく言われます。

これが一般的に知られるセオリーではないでしょうか。

しかし腰痛と肩こりの理由がそれなら、もうすでに腰痛や肩こりを克服しているはずです。

腰痛や肩こりなどに悩む方の多くは、ジムに通って筋トレをし、プロテインやサプリメントを飲んでいるのかもしれませんが

それでも良くならないのはやり方が間違っている可能性があるから…ではないでしょうか。

 

インナーマッスルを鍛える、体幹を鍛える、でもその前に。

インナーマッスルや体幹を鍛えると…と言いますが、そのインナーマッスルや体幹という言葉が示す場所や動きを知っていますか?

不思議なもので、専門家に言われるとなんだか解ったような感じになってしまいます。

雑誌やテレビで見たり聞いたりしたことがあるので、解ったような気がするのもわかりますが、そのインナーマッスルや体幹の動きをあなたは体感できていますか?

インナーマッスルとは、からだの深部にある小さな小さな筋肉の総称です。

腰の周辺、からだの表層にある大きな筋肉で痛みを感じているのに、さらに奥にある小さな筋肉の動きが感じられるはずはありません。

そもそも、深部にある筋肉の動きを感じることができれば、腰痛は起こらないでしょうから、からだの表層の筋肉の動きや、関節の動きを感じることから始めて、自分のからだがどのように動くのかを観察するのが良いかもしれません。

 

からだは連動する、孤立して動くことはない。

腰痛に限らず、からだの不調を改善しようとした場合、特定の筋肉に特化してトレーニングをしようとする傾向があります。

しかし、筋肉を動かすということは骨も動き、骨が動くということは関節を介して隣り合わせた筋肉も動くということです。

脚を振り子に例えると、(腰痛の原因の一つとしてよく例に挙げられる)腸腰筋のみを動かそうとした場合、骨盤を介して太もも、さらには足までが連動して動くのがイメージできるのではないでしょうか。

からだには全体性があり動きは連動します。

しかし、私たちは学校に入ったころから座った姿勢が暮らしの多くを占めます。

成長に伴い、仕事をするようになってからは徒歩での移動も少なくなり、移動中も座った状態が長く続きます。

からだが連動する習慣が、暮らしの中からなくなっているのです。

 

表層の筋肉や関節の動きを感じ、からだの連動を高めることで不調は改善する。

今回のワークショップでは、強さではなく、柔軟性のあるからだになることをポイントとしています。

先ほどの振り子の継ぎ目が、錆びたのを想像してもらえるとわかると思いますが、柔軟性を欠くと、関節可動域は狭まり、からだの連動は低下します。

柔軟な筋肉から繰り出される、柔らかい動きがからだ全体に広がることで不調は改善されるので

ワークショップでは、柔軟性を作り出すために弾力性のあるバンドとボールを使いながら、からだの各部位の動きを確認しながら、柔軟性が生まれることで、不調が改善されるのを感じながら行います。

ゴムのように、しなやかで、弾力性のある筋肉(からだ)を手に入れて、ストレスフリーで創造的な暮らしを始めましょう。

お申し込みはこちらから⬇⬇⬇⬇みなさまのご参加をお待ちしております。

クービック予約システムから予約する

 


合気柔術講習会@四万十市

合気柔術講習会

この週末、四万十市で合気柔術の講習会が行われます。

僕自身、初めて合気柔術というものに触れるので詳しいことはわかりません。

写真で見るだけではわかりませんし、動画を参考にしてみて下さい。

武術に興味のある方、和の所作に興味がある方、護身術として興味を持った方

ぜひ一緒に参加してみませんか?

日時 6月17日(日)12:00〜17:00

場所 四万十市社会福祉センター 1階和室

料金 6,000円

内容 合気の技術を中心に「触れ合氣」を細かく伝えます。こちらから触れただけで合気をかけ、相手の体をコントロールします。合気とは何かを詳細に説明します。

日本伝合気柔術 金沢八景学院支部HPより引用

私たちに馴染みのある西洋ベースの体の動かし方とは違い、日本的な体の動かし方を知ることで日頃の生活のヒントになるかもしれません。

興味のある方はこちらからご連絡ください。


土佐清水市 40代からの筋力増強運動教室

土佐清水市 筋力アップ運動教室のご案内

気持ちは若いままなのに、からだを動かすとなんだか昔ほどのキレはない…

筋トレもやらなきゃいけないのはわかってるんだけれど、仕事に家庭に趣味にと忙しいし

実際どうやって取り組んだらいいのかわからない…


そんな40代 50代の男性を対象にした筋力アップ運動教室を行います。

教室の内容としては、正しいトレーニング方法の実践と応用と効果的なリカバリーです。

正しいトレーニング方法を学びたい方はもちろん、効果的な疲労回復の方法もお伝えします。

対象となるのは、土佐清水市に在住の40代〜50代の男性で、国保に加入している方です。

土佐清水市から運動教室の案内状が届いていると思いますので、忙しくてもお時間を作ってぜひご参加ください。

 

四万十市親子スポーツ健康教室:からだが柔らかくなる簡単タオルストレッチ

四万十市での親子スポーツ健康教室の2回目を終えました。

2回目の今日は、タオルを使って親子でできるストレッチを紹介させていただきました。

子どもたちにもやってもらいたかったのですが、集中力が続かず序盤で脱落…

四万十市のスポーツ推進委員さんたちが色々と遊んでくれていたので

お父さん、お母さんがたは集中してからだを整えることができたようです。

ストレッチと言うからには柔軟性が向上することが目標でしたが

はじめは体前屈で手が床につかなかった方も、終わるころには床にペタリと手がつくようになっていました。

股関節(骨盤)と肩関節(肩甲骨)は密接な関係性があり、姿勢にも大きな影響を与えます。

背中が丸まった状態(猫背)だと、疲れやすく、また見た目も年齢以上に見えてしまいます。

お子さんに「良い姿勢で!」という以上、お父さんお母さんも良い姿勢で子どもたちの「お手本」担ってもらいたいものです。

短時間であれだけの変化があったのですから、ぜひ日々の暮らしに取り入れてくださいね。

次回は、リクエストが多かった「腰痛・肩こり」についてもう一度行い、

最終回は「骨盤を整える」と言うことについて行う予定です。

その都度、お申し込みは受け付けていますので、興味のある方はぜひお越しください。


【申込・問合せ先】
四万十市教育委員会 生涯学習課スポーツ振興係 (担当:谷口、千谷)
Tel : 0880 – 34 – 2062     Mail : sport●city.shimanto.lg.jp (●を@に置き換えて下さい)

 

高齢者のための分かりやすい機能改善エクササイズ

“新たな試み” を始めました。

今年から、黒潮町で行われている運動教室で行われるエクササイズについて

「なぜ?それが必要(有効)なのか」の理由を提示することを始めました。

[toc]

 

例えば、腰痛には腹筋と背筋ということは何十年も前から言われていますが、腹筋と背筋で良くなるのなら国民病と言われるほどにはなっていません。

全国47都道府県男女50,000人に聞く、肩こり・腰痛調査(第一三共ヘルスケア)
引用:https://www.daiichisankyo-hc.co.jp/site_loxonin-s/gaiyou/common/pdf/research01.pdf

つまり、やり方が悪いのか、伝え方が悪いのか、はたまた考え方が根本的に違うのか…

椎間板ヘルニア(L5-S1)を患った自らの経験から言うと、考え方のスタートが根本的に違います。

 

知識とは経験を伴う実体験から生まれる

私たちは地面に足をつけて暮らしているので、足(脚)の使い方が間違っていると上体に影響を受けます。

「なぜ?そのエクササイズが必要(有効)なのか」を解説する狙いとしては

その足(脚)がどのように動いているのか、機能解剖学的な知識を学び、からだを動かすことによって理論的かつ感覚的に理解することで、からだの操作性を向上させることです。

 

関節の動きと、力の広がり方

先月は、からだの中心に位置する「骨盤」についてでしたが

今月は引き続き、骨盤と連動する部分について解説し、運動を行いました。

ポイントは球関節である股関節の動き、そして股関節と対をなす肩関節との連動でした。

文字にすると難解な感じがしますが、イラストにするとわかりやすくなります。

 

その場で変化するのは当然、大切なことは家でも継続できるかどうか

運動教室に来る方の多くは60歳をやすやすと越えた方々、80代の方もいらっしゃいます。

そこで求められることは、転倒予防のためのエクササイズや機能改善的なことが多いです。

細胞分裂の速度も弱まってきていますし、筋骨隆々になろうなんて思っていません。

体力の低下などが起因となり、日々の暮らしの中で痛みや動かしにくさなどを感じることのないからだ、つまり身体機能の改善が中心となります。

こうした場合、ただ闇雲に言われた通りに行うエクササイズより、

  • どうしてそのエクササイズなのか、
  • どこに効き、
  • どのような変化が生じるのか

を感じ・考えながら行うことが、自宅で運動を継続できるかのポイントになるのです。

 

グラウンディングする 〜大地に根ざす〜


地方創生と言われ始めた数年前、企業のCSRの一環として開墾が取り上げられていたのは記憶に新しいですが、

その後も、それらのプロジェクトは継続され、開墾を続けているのでしょうか、

それとも開ききったので、次なるプロジェクトへと移行したのでしょうか。

ともあれ数十年前までは人の営みがあった土地が、野に戻るのはあっという間。

田舎では過疎化(少子超高齢化)とともに、耕作放棄地が徐々に増えてきました。

草木が生い茂ったり、周りの杉林が伸びきって日照りが悪かったり、獣害があったりと様々なことがあるとは思うのですが、

先代の人たちが苦労して築いた土地が、野に帰って行くのを見るのはなんとも悲しい気持ちになります。

人手不足になると、農作業は効率化を図ろうと農薬の力を借りなくてはならなくなります。

ミツバチを撹乱させるネオニコチノイド系の農薬や、悪名高いラウンドアップなどの除草剤(枯葉剤)を使用するのも止む終えないのかもしれません。

田舎に住んでわかることですが、出荷され商品になる野菜と、自家消費の野菜は作り方が違います。

見た目が綺麗な野菜の方が、商品としての価値が高くなるから農薬や除草剤を使うのです。

オーガニックの野菜を食べよう、地球環境を守ろうなどと言うのは簡単ですが、そこにかかる手間や労力を知ろうとすることはなかなか簡単ではないような気がします。

そこで山のなかできれいな空気と水、薬剤が使われていない耕作放棄地を開墾して、じぶんが安心して食べることのできる野菜を作ってみることにしました。

重さ5キロほどの草刈機をふりまわし、ツルハシを使って茅萱や低木の根を掘り起こし、耕運機を使い、そこからまた手作業で畝を立てて荒れた土地に命を吹き込みます。

まだ6月とはいえ、日差しは厳しく屋外でからだを動かしていると身体中から汗が吹き出し、下手なトレーニングよりからだに効きます。

漁師から農家へと転身を遂げた友人の「土は動かない」という言葉の意味が少しわかったような気がします。

もちろん農家として生業にしている方からすると、まだまだ超初心者レベルですが、これでひとまず有機的な土壌にタネを落とす準備ができたはずです。

しかし、こうすることでからだを使って畑をすることのタフさを実感できましたし、こうしたからだの使い方に対するコンディショニングやセルフケアについて考えることもできました。

見た目が良いからだということも否定はしませんが、からだの各器官が有機的に機能する働き者のからだでいた方が、長期的なビジョンで持続可能であると思われます。

都会ではなかなか求められる場がないかもしれませんが、田舎では興味関心がある方が結構いてくれるのではないかと思いますし、何より自分が育てた作物を食べることができて、実労働で効率よくからだを動かして暮らすことができるのは、何より健康なのではないでしょうか。

四万十市親子スポーツ健康教室:腰痛・肩こりを改善するためのセルフケア



今日は四万十市で “子育て世代を対象とした親子スポーツ健康教室” の講師をしてきました。

「からだを鍛えること」は意識するようですが「からだを整えること」はまだまだ…といった感じでした。

筋肉に対するある種の”信仰”のようなものは、ずいぶん根強いものですね。

そんな中、今日は腰痛と肩こりの改善をテーマにセルフケアの指導をしてきました。

私たちは日々、からだを使って(動かして)生活しています。

自動車や、包丁といったツールは、使ったら整備に出したり、研いだりメンテナンスをしないとだんだんと性能が悪くなることはみなさん知っていますが

からだは寝てる間に勝手に回復するとでも思っているのでしょうか。

はたまた、加齢による性能の低下は仕方がないと思っているのかもしれませんが、

からだもメンテナンスをすることで、回復は高まりますし、性能だって高まります。

仕事に育児に忙しいので、メンテナンスに行く時間がないのもわかりますが、自分でできることは色々あります。

講座は30分という短い時間でしたが、からだの変化を体感していただけたことが何よりの証明です。

ぜひこの機会を活かして、自分のからだを自分で整えることを始めてみては如何でしょうか。

次週は、親子でできるストレッチを紹介します。

まだ空きがあるようですので、興味のある方は四万十市教育委員会までお問い合わせ下さい。

【申込・問合せ先】
四万十市教育委員会 生涯学習課スポーツ振興係 (担当:谷口、千谷)
Tel : 0880 – 34 – 2062     Mail : sport●city.shimanto.lg.jp (●を@に置き換えて下さい)