今日は四万十市で “子育て世代を対象とした親子スポーツ健康教室” の講師をしてきました。

「からだを鍛えること」は意識するようですが「からだを整えること」はまだまだ…といった感じでした。

筋肉に対するある種の”信仰”のようなものは、ずいぶん根強いものですね。

そんな中、今日は腰痛と肩こりの改善をテーマにセルフケアの指導をしてきました。

私たちは日々、からだを使って(動かして)生活しています。

自動車や、包丁といったツールは、使ったら整備に出したり、研いだりメンテナンスをしないとだんだんと性能が悪くなることはみなさん知っていますが

からだは寝てる間に勝手に回復するとでも思っているのでしょうか。

はたまた、加齢による性能の低下は仕方がないと思っているのかもしれませんが、

からだもメンテナンスをすることで、回復は高まりますし、性能だって高まります。

仕事に育児に忙しいので、メンテナンスに行く時間がないのもわかりますが、自分でできることは色々あります。

講座は30分という短い時間でしたが、からだの変化を体感していただけたことが何よりの証明です。

ぜひこの機会を活かして、自分のからだを自分で整えることを始めてみては如何でしょうか。

次週は、親子でできるストレッチを紹介します。

まだ空きがあるようですので、興味のある方は四万十市教育委員会までお問い合わせ下さい。

【申込・問合せ先】
四万十市教育委員会 生涯学習課スポーツ振興係 (担当:谷口、千谷)
Tel : 0880 – 34 – 2062     Mail : sport●city.shimanto.lg.jp (●を@に置き換えて下さい)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

1 のコメント

  1. ピンバック: 子育てをしているおかあさんのためのボディワーク – 快適に暮らすためのボディワーク

コメントは締め切られています。