2018-07

BODYWISE

続:柔軟性を高めるためのワークショップ

8月のテーマは『重力』を味方につける! 強さというのはともかく、からだの柔らかさやしなやかさに重力がどう関係するのか? ぜひ参加して答えを見つけてくださいね!! 重力に負けない強さをもつ、柔らかくしなやかなからだになりましょう!!
BODYWISE

からだについて学び、実践し、日常に活かすエクササイズ教室

こうした機会を設けてくれるのはとても有り難く、トレーナー冥利に尽きます。と同時に、こうした機会をこの場限りで終わらしてしまうことももったいなく感じるのです。日常に活かすことを考えるともっとオープンな場にしないといけないように思います。
BODYWISE

私たちは翼の動かし方を忘れてしまった

力の伝達には可逆性(作用と反作用)が伴うので、骨盤の動きがなければ肩甲骨も動かない。 良い姿勢、悪い姿勢、どちらでも私たちは生活することはできるが、 腕が翼になった時に気持ちよく羽ばたくことができるのは背骨が自然なアーチを保ち、 骨盤と肩甲骨がスムーズに連動している方に違いない。
BODYWISE

どのように動くかを感じながらからだを動かす

トレーニングはどれだけ筋肉をつけるかではなくて、 外の世界の変化に合わせてからだをどれだけ正確にコントロールできるかであるべきです。 そのためには、まず感覚を元に自分を知ることがとても有益になります。
BODYWISE

ワークショップ:硬いからだを柔らかく。

からだの中心から末端へと力が伝わることが理想的なのですが、私たちのからだは60%が水分で構成されているので、重力を受けるとからだの中心は常に変化します。 そのためにはまず、対になって動く面の、端と端を知ることが重要になります。
BODYWISE

5周年のご挨拶

日頃は、Conditioning Studio BODYWISE をお引き立ていただきまして誠にありがとうございます。 おかげさまでBODYWISEは、本日 7月13日を以って開業5周年を迎えることができました。 これも皆様のご愛顧の賜物と心より感謝申し上げます。
BODYWISE

高いパフォーマンスが発揮できる、からだが整った状態とは

手脚を交互に動かしながら、ハイハイをする赤ちゃんの頭や目線が手脚の動きに合わせてぐわんぐわん揺れたりしませんよね?そしてハイハイをしている赤ちゃんは力んだ様子はありませんよね?つまり、あの状態が(体幹が)安定しているです。なので、お腹がぎゅっと力んだりしている状態(からだのどこか一部でも萎縮して縮んだ感覚)が...
BODYWISE

柔軟性を高めるためのワークショップのお知らせ

昔はからだがガチガチで、前屈も指先をつけるのがやっとだった僕ですが...今では、自分でも別人じゃないかと思うほどの柔軟性を手に入れました。書店に置いてある"開脚本"には書いていないことを一つ一つお伝えしたいと思っていますのでからだを柔らかくしたい〜!!!と思ってる方は是非ご参加ください。
タイトルとURLをコピーしました