BODYWISE

一歩先の世界へ

投稿日:2018年8月31日 更新日:

いつの時代にも

「常識」というものがある。

その常識を構成しているのは、マジョリティつまり「多数派」である。

このことは、多数派は常識に縛られていると言い換えることもできる。

中世ヨーロッパの宇宙観は、地球の周りを惑星が回っている天動説だったが

コペルニクスは太陽を中心とし、地球は自転しながら公転している地動説を唱えた。

当時は「非常識」だったものが、現在は「常識」として受け入れられている。

その時代の常識に囚われてしまうと

せっかく解りかけた新たな事象を見失ってしまうことになる。

多数派が正しいのではなく、少数派が正しいのでもなく、自ら経験したことが真実なのだ。

先の天動説から地動説へ常識が正されたことを例にあげると、現在の宇宙観はこうなっている。

おそらく、太陽も回転をしながらさらに大きなフレームの軌道に乗っているに違いない。

僕が思うに、、、

誤った認識が真実を見えにくくさせる。

堀江貴文氏の著書すべての教育は「洗脳」である 21世紀の脱・学校論 (光文社新書)でも同じようなことが言われている。興味がある人はぜひ手にとってみてほしい。

友人に言わすと「(僕が読むには)意外な本」らしいが、

変化する時代の中で「変わらない何か」があること、そしてそれが常識として無条件に人々に受け入れられているなら、それは思考を止めていると言っても過言ではないのではないだろうか。

ひと昔前は

「うさぎ跳び」なる運動が、トレーニングとして行われていたが、現在はほぼ目にする機会はなくなった。

ウォール・ストリートジャーナル 2015年12月25日

そして今は「腹筋運動」がなくなろうとしている。

腰痛で病院に行くと、医者に「腹筋と背筋のバランスが…」なんてことを言われるかもしれない。

だけどそこで間違っても「腹筋運動」をすることのないように!

ウォール・ストリートジャーナル(金融・経済情報誌)ですら、こうした見出しをつけているのだから、、、

時間は常に流れていて、時代はいつも移り変わっている。

「常識」という誤った認識で、(何事も)フレームを制限することのないように。

Adsense

Adsense

-BODYWISE

執筆者:

関連記事

気持ちよくからだを動かせる1DAYスペシャルレッスン!!

  自分のからだのことを少しずつ知りながら じかんをかけて丁寧にからだと心と変えていきませんか? 2か月で!と期限を定めるのもいいんですけど 「なんのために?」というシンプルな問いかけをして …

カラダ、在りますか?

こんにちは、高知でコンディショニング トレーナーをしている小林です。 だんだん陽光が温かくなり、春が近づいてきていますね そろそろ寒くて縮こまっていたカラダをほぐして、心もカラダも軽く春モードになりま …

コンディショニング セッションの様子

からだの声を聴く セッションでは、マッサージベッドを使うことが多い。 立った状態の方が、からだのバランスの変化を感じやすいのだけれど、 関節を大きく動かしたりするとき、どうしても不安定になってしまうの …

2016年はピラティスでキレイなからだになろう

昨年から始まった「美活ピラティス」 今年も美活ピラティスseason3が始まりました◎ ピラティスに限ったことではなくカラダは激変しません 少しずつ気づきがあって、変化があって 日々の積み重ねだけがカ …

bodywise for everybody

日々いろいろと考えて暮らしていますが、考えたことを実行にうつすのが意外とムズカシくて、ひとは自分にいいわけをして心にゆとりを持たせています。 ぼくもそうです。 ぼくの場合は頭で考えてしまう癖があって、 …

気になるワードを記事から検索

オススメアプリ

プロフィール

Hirota Kobayashi
ボディワーカー・パーソナルトレーナー
友だち追加

おすすめ記事

良く読まれている記事

【よく読まれている記事】

腹筋について思うことあれこれ

鍛えるのは筋肉ではなく脳・思考・空間把握能力

生きるということ

Facebook page