最初にあたまが固まり、次にからだが固まる、そうして不調が生み出される。

自分のからだのことを知ることで “不調” はずっと良くなる

気になる超大型の台風24号の影響もなく、土佐清水でのグループワークも無事に開催できました。

エクササイズをしているようには見えないかもしれませんが、グループワーク中の一コマです。

不調を”快調”に変えていきたいのですから、まずは今のからだの状態を知ってもらいたいのです。

私たちはひとりひとり、からだの造りが違います。

それぞれに異なるからだを、快方へと向かわせたいのですから、各々がじぶんのからだにしっかりと責任を持って動いてもらう必要がありますよね?

なので、立っている状態、座っている状態、寝ている状態さまざまな条件の下、からだがどういった状態にあるのか、それが前後でどう変わるのかを観察するところから始まりました。

 

からだを感じる

グループワークでは”触覚”に集中し、じぶんのからだがどのように”感じている”かを中心に進めました。

ウエイトを使ったり、抵抗を使ったりしてトレーニングをするのも良いですが…

ウエイトや抵抗がなくても、からだは力を発揮することができるわけですから、その重さがないとトレーニングができないって、なんか変じゃないですか?

そもそもじぶんのからだにも”重さ”があるんですから。

じぶんのからだを自在に操ることができないのに、じぶん以外のものを上手に操ることなんてできるのでしょうか??

 

その足はしっかり大地に根を張っているか

もし、何かを始めるにあたり共通であるはずの認識に違いがあったらどうなるでしょう。

もう少し突っ込んでいうなら、前提条件が個人によって異なっていると結果も異なるということ。

例えば、1×1= 1というのは、誰でもわかることですが、1が本当に1なのか疑うことを多くの方はしないのではないでしょうか。

もし、その1が1.1を四捨五入していたとしたら…

1.1×1.1で、解は1.21になり、先に求めた解と比べて0.21の差が開いてしまいます。

今回のワークで確認すべき前提条件としては、「きちんと立つことができているのか」でした。

きちんと足の真ん中で立てているのか、その上に脚が伸びて、骨盤に行き着き、背骨を登り、頭蓋骨が上に乗っかっていて、腕はハンガーにぶら下がっているようにリラックスしているのか…など。

どうしてこんなことをするのか??

それは私たちにとっては「立つこと」は当たり前すぎて、さほど意識することがない動作ですが、

かの昔、つかまり立ちをしてやっとの思いで立った時は脚が震えて、足を出すことすら躊躇ってしまう動作だったのです。

そしてその当たり前にしている「立つ」にも大きな個人差があるからです。

家の柱が少しでも傾いていると、家は徐々に傾いていきます。

工事現場でクレーン車の土台が傾いたり、浮いたりするとバランスを崩し倒れることになります。

では私たち人間はどうでしょうか。。。

部分だけに目を向けるのではなく、全体として捉えて、全体で感じたことについて修正することで、部分へも修正を伝える。

そうして慣れ親しんだ自分の動きのパターン(癖)を知り、傾向を知った上で暮らしの中で自ら修正をしていく必要があるのではないでしょうか。

 

思考を変えれば、からだは変わる

決まったエクササイズを決まった回数・決まったセット数、形だけを真似したところで、それはただのパフォーマンスです。

私たちは考える生き物で、思考が行動を作り出し、行動が習慣を作り出します。

習慣を改めようとすると、思考から変えていく必要があり、そのためには習慣を作っている行動の前提条件(重力に合わせて)立つことができているかということを疑う必要があるのです。

常識を疑うことで見えてくる物事がある。

与えられるだけではなく、発見する楽しみがある。

そんな暮らしとからだを豊かにすることができるワーク、次回は10月6日の開催です。

ぜひ興味のある方はお誘い合わせの上、お越しください。

からだにはたくさんの叡智が備わっている

何歳になってもからだは良くなります!!

この日、ご紹介で来てくださったのは90代の女性

10年ほど前に転倒してから、常時、脚に痺れがあって

歩行はもちろん、日常生活で杖を手放すのが難しくなっていました。

一見すると姿勢も良く、歩行が困難な様子は伺えません。

左:ビフォー 右:アフター

しかし、ワークを終えて、改めて姿勢を比較してみると違いが明確になりました。

正面からみると、施術後の方がからだがふっくらとした印象になり、

デコルテが開いたことで、後方にあった重心も前方へと移ったことがわかります。

また、左右の足の重心もより均等になった様子が見て取ることができます。

 

からだは外部からの刺激に対して反応する

セッション中、からだを触れていると「あぁ、正常だと思っていたのにこんなに凝り固まっていたのか」とたびたび仰られていました。

脳は、からだに触れられることで、快適なからだの位置へのフィードバックを受け取ります。

からだで感じたことに対して、リアクションをし続けて私たちは安定して立っているのです。

ひとは、加齢と共にからだに対する負荷をかけないように、安全に安全に過ごす傾向があります。

もちろん、そのことは正解でも不正解でもありません。

ただ、からだにかかる負荷が小さくなればなるほど、からだが起こす反応も小さくなります。

重いものを持てば、からだは大きな力を出します。

大きな力を出そうとすると、より足元が安定していないと十分な力を発揮できません。

ちなみに、雪道でスタックした場合、タイヤの空気圧を少し抜くことで局面を打開することができるのですが、

これは、タイヤの空気圧を減らすことで地面との摩擦抵抗をより得られることができるからです。

加齢ともにからだへの負荷を減らすということは、地面へと伝える力(体重×加速度)を減らすということになります。

加齢とともに動きが少なくなったなら、からだへの負荷は増やし、関節もうまく使いながら地面へと伝わる力を大きくしてあげる必要があるということです。

からだは想像以上に繊細で巧妙なつくりをしている

重さに対しての耐性をつけるのではなく、重さに対していかに楽に動くかを感じ・考えながら動くのです。

そのためには自らの足でしっかりと大地を踏みしめている必要がありますし、

不安定な足元でも、からだ(強いては頭部)を安定させて立つことができる必要があります。

高齢者を対象とした運動指導に限らず、僕がいつも言っていることですが

からだにかかる負荷に対して、いくつもの動きの選択肢を備えることができるだけの知恵を身につけてください。

知恵というのは、こうなった時はこうするという一問一答のようなマニュアル的なものではありません。

いくつもの情報から、その場面に合わせた最適な解を導き出すことを言います。

そのためには「自分のからだがどう在りたいのか」を知ることから始めたほうが良いでしょう。

その上で、自分のからだの癖(行動・思考)に気づき、その癖を正すための処方を、自らの意思で行うことが必要になってきます。

いくつになってもからだは快方へと向かうことができます。

ただし、それは自分のからだに愛着と責任、そして勇気を持って、どこかで誤ってしまった動作・思考を再プログラミングしようとする覚悟があれば。。。の話です。

からだの不調は筋トレなんかしなくても良くなります!!

土佐清水市でのグループエクササイズのお知らせです

台風24号が接近していますが、、、

今週の土曜日は土佐清水市にある市立体育館でグループエクササイズを行います。

荒天の場合のみ、状況を判断して中止なる場合がありますので予めご了承ください。

からだの不調は筋トレなんかしなくても良くなります!!

むしろ誤った方法で筋トレなんかをしたりすると逆に悪くなることすらあります。

自分のからだのことを知らないでトレーニングをするのは、

地図を持たないで知らない街を歩くことと同じようなもの、、、

まずは一番良く知っている誰かに聞くことが近道だと思いませんか??

 

肩・腰・膝などからだに不調があって困っている方は、ぜひお誘い合わせの上ご参加下さい。

当日参加も可能ですが、受付をスムーズに行えるのでwebからのご予約をお願いいたします。

クービック予約システムから予約する

なんとも挑戦的なタイトルのワークショップでした、間違いだらけの体幹トレーニング。

間違いだらけの体幹トレーニング

なんとも挑戦的なタイトルのワークショップです。

20年前ぐらいから「コア」とか「体幹」「インナーマッスル」という言葉が出始めました。

インテルに所属していた長友選手の活躍もあり、一般的な言葉になりましたが

一般的になったと同時に、誤った認識が広がっているようにも感じるようになりました。

かくいう自分も、ずいぶんと長い間「体幹」というものを誤解していました。

だからこそ「体幹」とはどういったもので、どのように機能し、どうやったら能力を高めることができるのか、正しい情報を伝えたいのです。

 

誤った認識のもとに進められるトレーニングは望ましい結果を導きません。

もし、お腹を硬くして、息を止めて、からだをプルプルしながらやってるようなら…

残念ですが、体幹トレーニングにはなってない可能性が高いです。

体幹という言葉が作り出すイメージは、硬くて太くて強靭な木の幹を想像するかもしれませんが、

木の幹は鉄のように硬いわけでもないですし、太さも木々によって異なります、台風によって折れる木もありますが、柳や竹のようにしなやかに曲がり折れることが少ない木もあります。

もし体幹トレーニングと聞いて、息を止め、お腹をぎゅっと縮めて硬くすることをしているようでしたら、一度、冷静になって考えてください。

4本の足で立っている動物は、お腹を硬くしてプルプルしながら立っていますか?

はいはいを経て、2本の足でアンバランスな状態で立っている私たちですら、

立つときにお腹を硬くすることなくいるのに、体幹トレーニングをしようと手をついたからプルプルする…ってそんな話はおかしいと思いませんか??

本来、体幹が持つ機能というのは「状態を安定させること」です。

英語でいうと stabilize で、 日本語の体幹トレーニングに当たる英語は Stability training です。

どんな状態でもからだを安定させるために、必要なことを如何に効率よく(楽に)行えるかがポイントになります。

ワークショップでは3時間ほど、バランスボールを使って色々な動きを行いましたが

終わってみると、みなさん姿勢に良い変化が起きていましたね!

たった1日でマスターできるだなんて思ってないでしょうけれど、ワークショップで感じたことを日々の暮らしの中で実践して行ってくださいね◎

ワークショップで使ったバランスボール(スタビリティボール)はこちらで購入できます。

色はお好きなものでいいですが、大きさは55cmがベストですよ!

わからなくなったら個人セッションも行なっています、いつでもスタジオへお越しください◎

果たして僕は世界をあっと驚かすことはできるのだろうか??

世界は広い。

僕が知っている世界なんてちっぽけなものだと思う。

しかしのぞきこんでみると意外と深いのかもしれない。

いつだったか「世界は見ている人の数だけある」と言われた。

だとすると、僕がこれまで見てきた世界は誰も見たことがないものだ。

はじめに、世界は広いと言ったけれど

それは物理的な世界ではなく、ひとりひとりが経験してきた世界なのだろう。

そうした個人が経験してきたことで言うと、僕は、中東(シリア)でのキャリアがある。

生活習慣はもちろん信仰や言葉が異なるシリアでの生活は

意思疎通を図るためには、身振り手振りでのボディランゲージも使いながら

相手が理解しやすいアラビア語を使うことが、滞りなく物事を進めるための基本だった。

僕にとっては馴染みのある日本語でも英語でもない、3番目の新たな言語を使用するのは

苦労もあったけれども、面白く、そんな非日常での暮らしを経験してきたことは現在に活かされている。

それはセッションの時やトレーニング指導をするときも同じで、相手に伝わりやすいように

相手のフィールド(領域)でイメージを共有できるように、(自分の領域である)専門的なことばはできるだけ使わないようにすることであり

視覚・聴覚・触覚などの感覚を使ってシンクロして、相手を感じるということでもある。

僕が経験してきた世界と、そこで感じたこと、そしてそれを現在進行形で表現すること。

それが僕の場合、たまたまボディワークという形だった。

ボディワークとは、からだ感覚にアプローチすることで「何か」を感じてもらうことだ。

ひとことにボディワークと言っても、その表現方法や伝える内容はさまざまだ。

人によってはそれを正義とするかもしれないし、ビジネスにするかもしれない、、

どれもその人が感じたことだから正解だし、そのことに魅力を感じる人に支えられていく。

それらに共通しているのは「そのことが人生をより豊かにする」ための表現だということ。

一般的にはフィットネスやエクササイズというと「健康のため」ということが連想される。

しかし、感じることをうやむやにしてしまうと、健康のためのものが不健康のトリガーになってしまうこともある。

僕自身、健康づくりを推進している大手フィットネスクラブで勤務していたとき、

椎間板ヘルニアを患い、一時的に寝たきりになってしまいこの仕事を諦めたことがあった。

どんなにトレーニングをしても、からだの使い方を間違えると望まぬ結果になる。

そんな経験から復帰したこともまた、僕のボディワークには内在されている。

ときとして、それはエクササイズという形で大人数を対象に表現されるし、徒手療法という形にもなるが

伝えたいことは、

自分自身のからだに目を向けることができれば、より良い人生にすることができる

ということだ。

僕たちはひとりでこの世界を生きているのではない。

僕の見てきた世界、見ている世界、そこで経験したことが、僕の周りに集まってくれる方にとって有意義で、役に立つのであれば

からだを使って表現をするボディワーカーとしては、とても有難く思うし、それがまた仕事への情熱になる。

世界は広く、まだまだ知らないことがたくさんある。

30年そこそこ生きていても、身近な世界でも知らないことだらけだ。

生まれたばかりの赤ん坊のように、新しい刺激に敏感に、恐れることなく反応し

知らないことを知るため、やりたいことをやるためには

知らないことだらけの自分のからだを知ることから始まるということ

知らなかったことを知ることができると、これまでの常識が間違っていたこと

その常識に縛られていたこと、常識から解放されることで得られる自由があること

からだに信頼が持てることで、自分の人生は今よりアクティブになることができる。

そんなことをボディワークを通して表現し、伝えたい。