無知の知

痛くしているのは自分

からだに責任、もってますか??

からだは生まれてこのかたずっと一緒、ひと時も自分を離れることはありません。

 

怒ってばかりいると、お腹にぎゅっと力が入ったり

落ち込んだ気持ちでいると、首が落ちて、肩がすくんでしまったり

からだのどこかが痛いとき、そこを庇いながら生活していたり

ずっとからだを動かすことをしなくて、いつの間にか体重が増えていったり

 

からだは、いつ、どんな時でも自分と一緒にいてくれて、いろんなことを記憶しています。

 

でも、私たちは、往々にして、からだへ気を配ることがありません。

特に若いときには、気に留めることすらしません。

そういう自分も、むかし、スケートボードをしていて靭帯を傷めたとき、ほっておけば自然に治ると思っていました。

時間が経って、怪我をしたことすら忘れていました。

しかし、あることがきっかけで、足に不調を感じるようになり

その不調を改善しようと、何年も時間を費やしていくなかで、その怪我を思い出しました。

いま考えると、当時の自分がとった行動は、ほんとうに自己中心的で愚かなものでした。

 

私たちはからだについて多くを知らない

私たちは、太陽系の惑星がどれだけあるか知っているけれど、筋肉や骨がどれだけあるか知りません。

月が地球に作用することを知っているけれど、感情がからだに及ぼす影響を知りません。

からだの歪みを正すことは好きだけれど、歪んでない状態を知りません。

瞑想もし、精神論やスピリチュアルなことを話したりもするけれど、実体としてのからだについて知りません。

痛み止めの薬の名前は知っているけれど、痛みや治癒のメカニズムについて知りません。

 

死ぬまでずっと使い続ける自分のからだについて、多くのことを知らないのです。

 

知らないものをうまく使えるはずがない

からだを通して感じ、感じたことに対して反応することは、より良い人生を生きるためには重要なことです。

ヨガをして、呼吸と動きのつながりを感じたことも

ウエイトトレーニングをして、自分の壁に挑戦したことも

自然の中を歩いて、周囲の環境から様々な影響を受けていることを感じたことも

マッサージを受けて、からだのつながりを感じたことも

 

からだは、無意識のうちに、表現しているのです。

無色透明な世界で、変化もなく生きているのなら、からだについて知らなくてもいいかもしれません。

 

だけど、私たちは変化に富んだ、ながいながい人生を、ひとつのからだで生きています。

からだのことに限らず、何も知らなくても生きていけますが、知っていることでより良く生きることはできるのではないでしょうか。

 

無知であることに気づくことができれば、そこから学びは始まります。

しまんとの暮らしに合わせた体幹エクササイズのお申し込み

土佐の豊穣祭2018 × 第2回四万十市産業祭特別ワークショップ

 

体幹から、からだ全体のバランスが整った状態になると…

仕事に趣味そして日々の生活の中で、からだが楽で動きやすくなる。

 

"四万十市"の暮らしに合った体幹エクササイズを3つのテーマに分けて行います。

 

9:30〜10:30

子育て世代を対象に、実体験として子育てをサポートしてわかったことを交えながら

子育てで疲れたからだを自分で整えるための簡単なエクササイズを紹介します。

頭痛・肩こり・腰痛などから、産後の骨盤底筋群のコンディショニングまで、幅広く対応のできます。

武道館に育児スペースはありませんが、お子様とご一緒に来ていただくことができますので

 

ご気軽にご参加ください。

 

11:30〜12:30

スポーツや武道を楽しんでいる方を対象に、自分の中心軸「体幹」を感じる体感トレーニングを紹介します。

体幹トレーニングを

 

ただお腹をぎゅっと硬くするだけ、からだをぎゅっと硬くするトレーニングだと思っていませんか??

 

硬くすることが強くて健康なからだを作るのであれば、

 

普段私たちが口にしているお肉は相当不健康な状態なのでしょうね…

 

体幹トレーニングを独学で行なっている方はもちろん、

 

肩こり・腰痛などの突発的な不調または慢性的な不調に悩んでいたり、

 

競技パフォーマンスを高めたい方にはオススメの内容です!

 

14:00〜15:00

農林水産業やからだを動かす仕事に従事している方を対象に

疲れにくいからだになる体幹コンディショニングを紹介します。

 

慢性的なからだの疲れや、肩こりや腰痛

 

坐骨神経痛・頚椎ヘルニアなど手足の痺れなどに悩まされている方はもちろん

 

いつまでの元気に仕事を続けたいと思っている方にもオススメしたいクラスです!

 

参加申し込み

 

当日の申し込みも可能ですが、

 

それぞれ予約優先制となっていますので、お早めにご予約ください!

 

ご予約はこちら↓↓

今後、ワークショップのお知らせはLINE@で

楽しいことを発信します☆

昨日、アップした ” デコレーション ” のワークショップ

みなさんチェックしてくれましたか??

 

今日は、幡多山もりフェスに遊びに行ってきましたが

リースづくりのワークショップが大盛況でした!!

 

やっぱりじぶんで何かを作るのって楽しいし

新しい「なにか」ができるようになるって嬉しいですよね!

 

11月3日はスタジオで、デコ作りを行います。

作るのは、自立型のドリームキャッチャー!!

 

軸が6本なので、テンセグリティ構造のモノもできるかもしれませんね、、、

真ん中のあたりの編み込まれているあたりはどうやって作るのか、興味津々です☆

 

参加費はいらないので、ちょっと興味があって顔出そうかな〜と思ってる方々、お待ちしてまーす!

 

なお作って頂いたデコは、四万十市産業祭の際、児童公園内の装飾に使います。

 

一緒にデコ作りから、お祭りを楽しみましょう☆

 

 

BODYWISEのLINE@

 

今回は告知できませんでしたが…

 

LINE@を活用してワークショップの情報やスタジオでの催しなどの情報をお伝えします。

ご興味のある方は、ぜひこの機会にご登録よろしくお願いします。

デコレーション作りのワークショップとボディワーク

会場デコレーションの作成を手伝ってくれる方を探しています。!!

11月18日、四万十市安並運動公園にて、土佐の豊穣祭2018 第2回四万十市産業祭が行われます。

 

その会場内の休憩スペース(児童公園)を、デコレーション(ドリームキャッチャーなど)で飾り付けしようとしているのですが、

デコレーションの作成から当日の飾りつけなどに協力していただける方を探しています。

 

 

会場に自立する、テンセグリティ構造のような、こんな感じのものを作っていく予定です。

 

細かい作業のあとにからだをスッキリ!!

手と頭を使ったあとは、一条神社でデューク更家氏による奉納ウォーキングに参加して、からだをスッキリさせることもできます!!

 

からだと暮らしにいいものがたくさんの”中村暮らしを見直す会”を知らなかったという人はぜひこちらもチェック!!

 

この他にも、デコのワークショップに参加してくれた方には、VibePlateでセッションも…なんて考えています。(当日状況によって変更することがあります)

 

日時と場所

11月3日(土) 13:30 〜 18:00ごろ?! 

@Conditioning Studio BODYWISE (四万十市中村天神橋19 沢近ビル2F)

参加費などは必要ありませんが、

☆ハサミとライターを持参いただけると助かります☆

 

お手数ですが、ご参加いただける方は、下のFacebook投稿よりコメントを下さい。

体幹を感じることができると、知らないうちにからだが変化する

暮らしにあった体幹エクササイズ

 

第2回 四万十市産業祭 “しまんとのチカラフェスタ” では武道館を会場に

 

 

3つのテーマに分けて、しまんとの暮らしに合った体幹エクササイズを行います。

その気になるテーマがこちら↓

  1. 子育てを頑張っている方

  2. スポーツ武道を楽しんでいる方

  3. 農林水産業に従事している方  

この地域に必要なコト

 

高知に戻ってきて7年、四万十市でスタジオを始めて5年が経ちました。

いろいろなコトを、いろいろな場所で、いろいろな人たちと経験させてもらいました。

でもまだ、この地域でどんなことができるのが模索が続いています。

 

僕は、農業や林業など、街の暮らしで経験できないことを経験しライフスタイルも変化しました。

また、娘が生まれていろいろな視点が変わりました。

これらの経験を通してわかったことを、からだのスペシャリストとして

子育てをしている世代や、農業や林業にたずさわっている方々に伝えたいと思います。

普段からだの疲れを感じることが多いと思うので..

 

じぶんのからだを感じる

 

クルマを車検やメンテナンスに出すように、

生まれてからこれまで、文句ひとつ言わず、24時間休まずに動いてくれているからだを

からだの気持ちになって、労ったことはありますか?

 

 

長い間生きていると、姿勢の変化などが原因で、力がかかりすぎて構造である骨が変形することがあります。

 

下半身のトラブルが、腰椎や胸椎の椎間板ヘルニアやストレートネックなど、全体の構造に影響を与えることもあります

 

筋肉は骨と骨を支えるために高い伸縮性を持っているのですが、使いすぎることで、そのバランスが崩れ、構造の崩壊へと繋がっていくのです。

今回のワークショップでは、構造が崩壊したいように、姿勢に気をつけながら暮らしに取り入れることができる体幹エクササイズです。

 

その体幹を感じながら、からだに変化を感じることができる”しまんとの暮らしに合わせた体幹エクササイズ”

とってもお得な内容なので、お誘い合わせの上ぜひご参加ください☆

 

四万十市産業祭にてワークショップを行います

ワークショップのお知らせ

 

11月18日、四万十市安並運動公園にて行われる四万十市産業祭において、ワークショップを行います。

 

テーマは…

体幹から、からだ全体のバランスが整った状態になると
仕事に趣味そして日々の生活の中で、からだが楽で動きやすくなる。
  "しまんと"での 暮らしに合った体幹エクササイズ

 

申し込み方法などは、四万十市から詳細が発表され次第、Webページでもアップしますので、11月18日はぜひ安並運動公園へ足を運んでくださいね☆

 

じぶんのからだを意のままに操ることもまた筋トレだ

筋トレをしないと筋肉がなくなるのか??

 

トレーナーという立場からこんなことを言うのは、矛盾しているように感じる方もいるかもしれませんが…

 

 

筋トレをしなくても、筋肉はなくなりません。

正確に表現するならば、筋繊維(筋肉)が細くなるだけです。

「在るもの」がなくなることはありませんから、もし筋肉がなくなると思っている方は安心してください。

 

例えば、在ることを忘れてしまっていた銀行口座があったとして…

あるときふと思い出して、預金がなくなっていたら大変ですよね。

 

私たちのからだも同じです。

ベンチプレスや腕立て伏せをしなかったから、大胸筋がなくなってしまっては大変です。

 

使っていない分だけ動かし方を忘れてしまい、動かし方を忘れて動かさなくなった分だけ筋繊維は細くなり、細くなった筋繊維は発揮する力を失ってしまうのです。

 

困ったことに、それがどこでどう間違ったか

筋トレをしないと「筋肉がなくなる」みたいな表現になってしまうのです。

 

筋トレをする前に…

 

筋肉がなくならないと聞いて少し安心しましたか?

 

かといって、筋トレをしなくて大丈夫という話でもないんです。

 

一般的に筋トレというと、からだに体重にプラスアルファの負荷をかけて行われるものですが、負荷をかける目的は、からだへの気づきを促すためです。

 

 

筋トレをする動機はさまざまですが、膝が痛い、腰が痛いなどからだに不調がある場合、

じぶんの体重すら支えることができていないからだに、負荷を加える必要はあるでしょうか?

 

 

先に述べましたが、筋肉の動かし方を忘れてしまうことで、力を発揮できなくなるのです。

 

それならば、自分のからだを重力に対して正しいポジションで動かせること、

四肢(手脚)を動かしても、胴体(体幹)が安定した状態で動かせることなど

じぶんの暮らしの中でからだ(体重)を正しくコントロールするトレーニングを

日常的に反復した方が効率的ではないでしょうか。

 

骨盤の底にある筋肉たちがユルユルしてくると、からだはしっかり機能する

骨盤底筋群の動き

 

インナーマッスル、コア、体幹

 

不思議な言葉が、さも解っているかのように語られていますが、

果たしてそれらの言葉がさすものを、それらを知ることなく鍛えることができるのでしょうか。

 

仮に鍛えることができるかもしれませんが…

言葉のイメージが漠然としているほど、鍛えている効果を感じることができないでしょう

 

それらの曖昧なニュアンスで使っている言葉に含まれる、比較的有名な筋肉で考察をしてみましょう

 

 

写真は骨盤底筋群と言われる、その名のとおり骨盤の下部にある細くて小さい筋肉です。

 

ちまたでは骨盤底筋群を閉めることがよく言われていますが、

 

骨盤底筋群は果たして骨盤の底の部分を閉めるように動くのでしょうか?

 

骨盤底筋群は、空間の下にあってハンモックのような働きで内臓をしっかり受け止めています。

水分をしっかり含んだ内臓の重さをしっかり受け止めるということは、

 

それらの筋肉にどれだけ負荷がかかっても千切れることなく限界まで伸びることができないといけないということです。

 

骨盤の底は、骨盤底筋群だけでなく様々な筋肉や靭帯ととても緻密に結びついています。

 

構造でいうと、巾着袋のような感じでしょうか。

 

袋に使われている生地は、縦糸と横糸で構成されていて、あるいはそれらの構造を斜めにすることでストレッチ効果があるかもしれません。

 

つまり、巾着袋のそこだけをぎゅっと絞っても、袋の中身の重さは伝わりません。

 

骨盤底も同じように、閉めてしまうと内臓を受け止めるための機能が低下します。

 

なぜなら、内臓がある外側から圧力が加わるために、内臓は上へと押し挙げられてしまうから。

 

つまり骨盤底筋群と言われる筋肉群は、縮めるのではなく

 

伸ばすことで、筋肉が持つダイナミックでしなやかな動きを取り戻すことができるのです。

 

お尻に力を入れて、股関節から骨盤底を閉めてしまっていては、安心してバランスボールにも座ることはできませんし

 

ボールに伝わらない重さが、からだの中心軸を通って、足から地面へと伝わるわけがありません。

 

 

地に足が着かずにふわふわしていたら、からだを動かすことが困難になります。

 

からだを動かす自由度が下がると、体幹が弱いねなどと言われることになります。

 

 

なんとなく解っているつもりでやっているその習慣、本当に解ってやってますか?

 

からだの動きや構造を知るということは、じぶんのからだに責任が持てるようになるということ。

 

より良い暮らしのために、ひとつ上のクオリティでからだを動かすこと意識してみませんか?

からだに動きの選択肢を増やすことは大切です

トレーニングでは動きに選択肢が増える

 

動きの選択肢を増やすこともトレーニングです☝️

 

からだはちょうどいい位置で動きたいんですから、

 

肩肘に力が入ってたらそりゃ肩も凝ります…

肩と腰は仲良しですから、肩が凝ると、とうぜん腰にも影響がおよびます。

 

 

からだはもともと柔らかくて強くしなやかなもの。

 

肉も魚も新鮮な状態のものは、弾力があって、水分を含んでいて、引っ張ってもちぎることは難しいでしょ?

それと同じように、からだ中の組織に水分が含まれていて、弾力があって、伸びたり縮んだり動きたいんです。

 

トレーニングによって動きが制限されるということは、何かが変だということに他なりません。

 

 

「からだ」をこのように動かせますか?

 

 

ただし、掌はずっと上向きで✋