BODYWISE video オススメ トレーニング 高齢者

開脚のススメ

投稿日:

自分のからだ、思うようにコントロールできますか?

 

自分のからだを思うようにコントロールできているかと聞かれたら、

 

多くの人が「はい」と答えるのではないでしょうか。

 

指先での細かい作業もしっかりできてるし、その気持ちもわかります。

 

だけど、からだって手先だけじゃないんですよ。

 

というのも、私たちが認識しているからだというのはこの程度です。

 

感覚が優位になっている部分は、顔と手先に集中しています。

 

生存に関わる器官が集まっているからわからなくはないんですが

 

これだと腰や肩など、からだの中央部に不調が出るのも納得できませんか?

 

からだの中心にあるマストのような背骨、そこにこびりついている無数の小さな筋肉

 

四肢は背骨を介して動きを伝えますから、背骨に関わる部分を動かしてなんぼなんです

 

そんなのは、からだが柔らかいから言えるんだと思うかも知れませんが

 

僕はからだが固かったのもあって、10数年前には椎間板ヘルニアにもなりました。

 

からだに不調を来たすのは、からだの使い方が間違っているからです。

 

正確にいうと、からだの末端、または一部しか使えていないからです。

 

こういうと筋トレを頑張らなきゃという風に思うかも知れませんが

 

そうじゃないんです!

 

からだの中心を介して動きが伝わるのですから、

 

からだの中心にある背骨、そこから広がっている空間をコントロールしたいのです

 

赤ちゃんの頃は、誰もが驚くほどのからだの柔らかさを兼ね備えているのに

 

大人になっていくとそれが見事なまでに失われていくのはどうしてでしょうか

 

多くの方がそのことを疑問に持つことなく過ごしていますが、そのことの方が驚きです!

 

背骨を動かすことができるようになることは、四肢のコントロールを高めることができ

 

四肢と背骨とのつながりを高めることは、動きに選択肢を増やすことにも繋がります。

 

いくつになっても、からだがイイ状態でいられるように筋トレではなく

 

「開脚」をやってみるのはどうでしょうか?

 

 

開脚とは言わずとも、からだについて興味のある方はLINE@にもご登録ください。

 

 

ワークショップの情報や、たまに届くお知らせが受け取れます☆

Adsense

Adsense

-BODYWISE, video, オススメ, トレーニング, 高齢者

執筆者:

関連記事

2014.02.05 四万十町グループワーク

急遽2014.02.05 四万十町窪川のふるさと未来館にてグループワークを実施します。 詳細はFacebookのファンページにて!    

LINE@はじめてみました。

こんにちは、全米ストレングス&コンディショニング協会認定パーソナルトレーナーの小林です 中学校の運動部のこどもたちもスタジオを利用してくれているのですが、驚くことがありました 何とiPhone …

Kindleを使うと読書はもっと楽しくなる

読書のススメ 読書は好きですか? ここ最近、本の紹介をするのが楽しくなってきました。 僕は意外に思われるかもしれませんが、専門書はもちろん、ビジネスや文芸、実用書など幅広く読みます。 もちろん、活字だ …

"四万十市"の 暮らしに合った体幹エクササイズ

「体幹」をテーマに暮らしに合わせたワークショップ おいしい秋。スポーツの秋。ワクワクてんこもりの1日! そんな四万十市産業祭で「体幹」をテーマに暮らしに合わせたワークショップやります!!   …

鍛えるのは筋肉ではなく脳・思考・空間把握能力

前回筋肉が少ないから…ではないという話をしました。 大学で解剖学や生理学など専門知識を学んでも「筋肉を鍛えよう」としていたので、その気持ちも分からなくはないんですが、鍛えるのは筋肉ではない …

気になるワードを記事から検索

スケジュール

プロフィール

Hirota Kobayashi
ボディワーカー・パーソナルトレーナー
友だち追加

おすすめ記事