やってもらうだけじゃ何も変わらない。

からだを整えたからもう安心ですか?

からだは常に変化しています、いくらベッドに寝転がって誰かにからだを触ってもらっても、

 

ひとたび立って動き始めると、これまでの習慣で動くので、元に戻ってしまうのです。

 

だってそうじゃないですか?

 

自分以外の誰かに「これが正しい姿勢ですよ!」と言われて

 

「はいそうですか。意識してキープするようにします」なんてちょっと無理じゃないですか?

 

できませんよね。

 

そもそも正しい姿勢を意識できるなら、他人にからだを整えてもらう必要なんてないわけですし

 

仮にそれが電気を流すとか、揉むとか、そんなことで正しい姿勢になれるのなら…ねぇ

 

自分のからだを型にはめようとすることよりも、自分のからだに合った型を作る方が良いんじゃないでしょうか。

 

自転車の乗り方を学んだとき、お箸の持ち方を覚えたとき、違う言語を覚えたとき、野球やサッカーでボールに回転をかける方法を練習したとき、、

 

全部自分のからだで繰り返し繰り返し練習をして、時としてそれはしんどかったりもしたけれど、

 

そのことができるようになりたいからと、からだも頭も使って一所懸命に取り組みませんでしたか。

 

じぶんのからだは、じぶんで管理しないと!

 

管理という表現は好きではないですが、じぶんの体調を管理してくれるのがお医者さんだと思っている方はほぼいないのではないでしょうか。

 

まして近年は医学部の不正入試が話題になってますし、健康そうなお医者さんていないイメージですし…ねぇ

 

 

からだについて双方向の情報交換をしよう

お医者さんをはじめ、からだに関わることをやっている人は、健康づくりに関しての知識では大きなアドバンテージがあると思いますが

 

自分にはアドバンテージがないという理由で、ただそれを「やってもらうだけ」では何も生まれません。

 

先にも言ったように「じぶんでも」取り組むことで、からだに対する知識(からだリテラシー)を高める必要があります。

 

例えば、大学に行きたいからと予備校に通っても、通うだけで目標の大学にいけるだなんて誰も思いませんよね。

 

それと同じです。

 

からだに対する情報を理解するための、最低限のことを身につける必要があるのです。

 

それを身につけることで、からだに対する理解度はさらに高まり、じぶんのからだの特性などがわかってきます。

 

勉強と全く同じです。全ての物事に共通していることだとは思いますが

 

じぶんのからだのこととなると、解ってるつもりになってしまうのです。

 

これではせっかくの時間もお金も、学ぶ機会も失うことになり、与える側と与えられる側という関係性に終わります。

 

そうではなく、与える側と受け取る側として、双方に細かい確認を行いながら、段階をへて理解を深めていくことで

 

「解ったつもり」が「解った」に変わり、じぶんのからだに対する理解度が増すわけです。

 

いかに主体的に取り組むかということは、からだのことだけに限らず、自分のパフォーマンスを高くするために大切な要素になります。

 

 

からだは常に変化しているからこそ、変化に敏感でありたい

私たちのからだは、ほんの少しのことで変わります!

 

だって20分でこれだけ変わるのですから!!

 

誰かが何かをやってくれたら楽でいいかもしれませんが、それでは自分のものになるはずがありません。

 

自分から情報を調べ、理解しようとしないと、自分のものにはならないのです。

 

双方向のコミュニケーションを行いながら、からだが変わっていく様子をクライアント(西村惣一さん)の了承を得て一部公開します。

ここで変わったからだを持続させ、さらに高いパフォーマンスに移行しようと思うと

 

ここからさらに復習をし、じぶんのからだにフィットさせていく必要があるのです。

 

じぶんのからだのことですから「やってもらって終わり」じゃないんですね。

 

ダンサー / トレーナー / アクロバット指導と多岐にわたる活動をしている、西村惣一さんもチェックしてくださいね!

 

動画は年末年始、時間のあるときにゆっくり観てください。

 

動画を観ながら一緒にやってみると、からだの変化を感じることができるようになるかもしれませんよ!

からだは自由になりたい

ひとりひとりの暮らしがあるのでからだはそれぞれ違う。

 

なんとかメソッドとか、なんとかテクニックなんてものは、型にはまるためのもの。

 

与えらえれたものは、結果としてドグマに縛られてしまう。

 

クリエイトすることができる私たちのからだには、自発的にからだが動きを伝えられる自由度が大切だ。

 

抽象的になるが、言葉にすると

 

からだに作用する重力に動きを合わせて、動きを中心から末端への延び広がるように

 

力が伝わっていく道のり、筋肉、を感じて、等張性の上を滑らすように重心を動かす。

 

 

刻々と変化する中で、重心がぶれることなく体幹から四肢へと力が伝わる動きは、それを表している。

 

からだは、自分だけのオリジナルな動きを表現し、何かをクリエイトするのが得意だ。

腹筋を縮める動きがからだに与える影響

腹筋が縮まる動きがからだにどのような影響を与えるか、考えてみたことはありますか?

 

まぁ、ほぼ考えることはないですよね。

 

でも、体幹という言葉を聞くと “腹筋” を連想するのではないでしょうか。

 

いつの日か学校で習った腹筋運動が強い体幹を…と信じているからだと思います。

 

その!!腹筋運動の動きこそが、腹筋を縮める動きであって、思っている以上に私たちのからだに強く影響しているのです。

 

冒頭で、腹筋を縮める動きがからだに与える影響ということを言いましたが

 

腹筋を縮めることで、骨盤と頭蓋骨の位置が大きく変化し、それに伴い背骨の状態も変化します。

 

本来、からだはまっすぐに立っていたいので、前にも後ろにも左右どちらかにも傾いていたくないはずですよね。

 

ここでいうまっすぐとは、背骨の状態ではなく、からだの中心が頭頂部から足裏にまで整っている状態のことです。

中心を外れてしまうと、からだがいずれかの方向へと傾いてしまうのですが、

 

私たちのからだはとても賢いので、カウンターをあててバランスを取ろうとします。

 

つまり、四六時中、お腹を硬く縮めていると、その反力は反対側の背中側に現れてくるのです。

 

腰痛や、肩こりをはじめ、坐骨神経痛、痔なんかもそうでしょうね。

 

2015年12月25日、ウォール・ストリートジャーナル紙でも腹筋が時代に合っていないという記事が紹介されています。

 

体幹を強くするための腹筋がどうして…??

 

それはこの動画をみてもらえると、腹筋を縮めることで、骨盤と頭蓋骨の位置が大きく変化し、それに伴い背骨の状態が変化するのがわかると思います。

二足歩行をするためには、その前の四足歩行がしっかりと行える必要があります。

 

その四足歩行をするためには、からだの体重をしっかりと地面へ伝える必要がありますし、前方を見る必要があります。

 

腹筋が縮んでいる状態の方は、背中が丸くすくんでしまって地面にしっかり重さを伝えれてない感じがありますし、顔は下を向いてしまっています。

 

なんだか怯えた犬のような姿勢で、強さは感じられません。

 

腹筋を縮めているのに。。。

 

腹筋運動が悪いというつもりはありませんが、腹筋はもっと動かすことができて良いのではないでしょうか。

 

基礎ができていなければ、応用はできません

人だけがこれだけ動きが異なるのはどうしてだろうか Facebookにこんな投稿が上がっていました。   トレッドミルにのって、マラソンでWRを出した選手のランニング速度にチャレンジする企画ですが、   …

バイブプレート に乗るとからだが変わるわけとは…

まちあそび人生ゲーム NPO法人出雲まちあそび研究所の方が考案した 「じぶんの住む街を舞台に、まちを遊ぶ」体験型イベントに参加しました。   30代以上の方は、誰もがいちどは遊んだことがある、あのボードゲームの …

第1回 四万十市まちあそび人生ゲーム、前日。

明日は いよいよ第1回まちあそび人生ゲーム 住んでいる街を舞台に、リアルなすごろくをするのが、まちあそび人生ゲームの最大の特徴で、住んでる街の面白い人や場所、普段気になるところなんかに、ゲーム感覚で入れちゃったりできるん …

からだの感受性を磨く

からだが変わるのに時間はいらない、必要なのは物事に対する正しい理解だ。 からだの性質を知る 野生の動物が筋トレをするという話は聞いたことがない。   彼らはおそらく自分以外のものになろうと思うことはないだろう。 …