からだは自由になりたい

ひとりひとりの暮らしがあるのでからだはそれぞれ違う。

 

なんとかメソッドとか、なんとかテクニックなんてものは、型にはまるためのもの。

 

与えらえれたものは、結果としてドグマに縛られてしまう。

 

クリエイトすることができる私たちのからだには、自発的にからだが動きを伝えられる自由度が大切だ。

 

抽象的になるが、言葉にすると

 

からだに作用する重力に動きを合わせて、動きを中心から末端への延び広がるように

 

力が伝わっていく道のり、筋肉、を感じて、等張性の上を滑らすように重心を動かす。

 

 

刻々と変化する中で、重心がぶれることなく体幹から四肢へと力が伝わる動きは、それを表している。

 

からだは、自分だけのオリジナルな動きを表現し、何かをクリエイトするのが得意だ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう