水とからだについての不思議

からだの60%は水分

具体的な数字は変わってくるかもしれないけれど、

 

「からだの何パーセントは水分だ」みたいな話を聞いたことはないだろうか。

 

初めて聞いた人は「そうなんだ〜!」ぐらいに思ってもらえたらいい。

60%が水分ということは、ペットボトルの水が半分以上残っているのをイメージするかもしれない。

 

しかし、冷静に考えてみてほしい。

 

容れ物に水が溜まっているのと同じように、私たちのからだも同じようになるだろうか?

 

からだの中で水分はどこにあるのか?

上の図には、からだの中での水分含有量(保有量)が示されているが、ダントツに高いのは95%の目だ。

 

次いで血液が94%、肺が85%、脳と腎臓が83%となり、心臓や筋肉は75%となっている。

 

水は一箇所に留まるのではなく、私たちのからだの中に分散して存在しているようだ。

 

目はともかくとして、からだの中でも内側の奥深くに在るというのは、地下にある水源のような感じだろうか。

 

目や、鼻、口は外気と触れ合うところだから水脈と繋がった、井戸みたいな感じかもしれない。

 

からだは固体なのか?液体なのか?

容器に収まった状態ではないにしても、私たちには「水」という意識がない。

 

むしろ「固体」としてのイメージの方が強いのではないだろうか。

 

では固体か?と問われると、ちょっと自信がなくなってしまう。

からだは固体と液体の性質を持ち合わせ、形を自在に変えることができるゲル状(半固体)とするのが良いのかもしれない。

 

フレッシュな水分が循環するからだ

そうすれば、生まれてからだんだんと水分が減っていき、植物と同じように枯れていく様子がわかる。

寒い時期に水分をからだに貯めておくと、熱が奪われるので冬場は水分を出そう出そうとする。

 

逆に夏場は水分を貯めて置かないと、熱がこもるので水の摂取が自然と増える。

 

からだは季節によって水分を蓄える量が異なる。

 

時として、私たちは水の出入りを数字で測って、体重が増えた減ったと騒ぐのだが

 

からだの組成や仕組みを知らずに、数字的にからだを捉えると大事なことが見えなくなる。

 

 

みんな骨盤の歪みは気にするけれど、意外と足については無関心だったりする

あまり気にされることのない「足」

からだの歪みについて、骨盤の歪みは良く注目されるけれど

 

多くの人があまり気にも留めないのが、足。

足の骨は、からだ全体の1/4からなる26個の骨から形成されていて、絶え間なくからだの重さを地面に伝えている。

 

 

足は地面を押しながら、地面にも押し返されている

力は、質量(重さ)×速度(加速度)で現ることができる。

 

足は26もの骨を、筋や腱、靭帯で繋ぐことによって重さを分散し立っているが

 

それと同時に、体重と同じ(あるいはそれ以上の)反力が加わる。

 

力は直進性を持つので、反力は骨を伝って頭蓋骨まで跳ね返ってくるということになる。

 

長いあいだ力が加わることによって起こること

学生の時、数学の授業で「入射角と反射角」というのを学んだのを覚えているだろうか。

 

足から地面に力が伝わる時、正常だと痛みはないが、変な角度で伝えると足が痛む。

 

それは力が足から地面へ伝わる際、入射角が(正常な骨格の位置から)ズレてしまうから起こる。

 

しかし、仕事上かかとが高い靴を履かないといけないなど、環境によって制約があったりすると

 

正しくないポジションで力が 徐々に 加わり続け、1年2年と時間が経過するのでなかなか気づかない。

そして気が付いた時には、足から脚へと伝わっている。

 

力は質量×加速度で表すことができるが、それに時間が加わることによって、力は変化として目に見えるようになる。

 

地面から足が離れることで、からだは不安定になる

私たちの足は、家でいうところの「基礎(礎石)」にあたる。

家は、基礎が傾くと柱も屋根も傾く。

 

人も同じで、基礎(足)が傾くと柱(背骨)も傾く。柱が傾けば2階3階そして屋根までもが傾く。

 

からだや骨盤の歪みを気にすることも悪くはないけれど、

 

改めて足元をしっかりと確認することをした方が良いのかもしれない。

動きでからだを整える

からだのがっこう 〈2019年1月〉

1月のテーマは「動きでからだを整える」

 

なぜこんなテーマなのか。

 

なんとか筋を鍛えるとか、なんとかのポーズをするとインナーマッスルが整うとか

 

確かにこんな感じの方が「やった感」は出るんですけど、やった感だけなんですよね。

 

そうじゃなくて、からだの不調はからだを動かしていないから起こっているんです。

 

例えば、たくさん食べてあまりからだを動かさなかったら…

 

肥満になりますよね。

 

腰が痛いのは腰が悪いんじゃないんです、腰の筋肉がうまく動かせていないから

 

からだの中での動きの不調和が不調として認識した結果、腰に痛みを感じてるんです。

 

何より私たちはからだを動かして生活をしています。

 

からだが静止している状態でバランスが取れてるのは当たり前で、それだけじゃダメなんです

 

からだが動いている状態、例えば、片手で重いものを持っているとき

 

足場が悪いところを歩いているとき、低い天井で腰をかがめて作業をしているとき

 

からだが動いているときに、一番安定していて欲しいんです!!

 

からだが動いているときに、安定を崩す要因を考えると

 

足場の悪さなどの外的要因の他に、自分のからだの中で起こる反発する力を考えることができます。

 

からだが動いている状態の反発する力は、停止しようとする力です。

 

私たちは、誰かに基本的なからだの動かし方を習ったということはありません。

 

誰もが自分より経験がある人の見様見真似をしながら、動きを習得しました。

 

それを自分なりに磨いて、複雑な動きをすることが可能になったのですが

 

利き手利き足があったり、生活スタイルにいろいろと影響を受けたりするので

 

毎回同じ動きをしているつもりでも、少しずつ違うし

 

他人と同じ動きをしているつもりでも、全然違う動きになってたり

 

なので、道具を使って自分のからだと、その動きをじっくり観察しながら

 

「変化に気づき」ながら、積極的にからだの記憶を書き換えてもらうために

 

動きでからだを整えることを行うのです。

 

動きは難しいヨガのポーズのようなものではなく、子どもからお年寄りまで誰でもできる簡単な動きです。

 

子どもからお年寄りまで、万人ができる動きこそ、私たちの動きの基礎的な部分です。

 

立つ、歩く、座るができなければ、それ以上のことができません。

 

そして、その立つ、歩く、座るがきちんとできると、いつでもいい姿勢でいることができるようになる、つまりからだを安定させることができるのです。

 

からだを整えて、鍛える。

 

筋肉を鍛えるのではなくて、動きを鍛える。

 

誰かにからだを任せるのではなくて、自分のからだに愛着と責任をもつ。

 

これまでも、これからもずっと一緒にいる自分のからだのこと考えてみませんか。

 

ご予約はこちらから

ワークショップが新しくなって、グループエクササイズが登場!!

2019年スケジュール

今年はワークショップとグループエクササイズの日程がわかりにくかったので

 

2019年はできるだけわかりやすくします!

 

ワークショップ “からだの話”

ただ与えられた課題をこなすトレーニングではなく、あたまで考えながらからだを動かして「気づく」ためのトレーニング

 

なので、話半分、動き半分で進むワークショップです。

 

ワークショップ “からだの話” は次の日程で行います。

 

毎月第3週の日曜日、13:30〜16:30

 

初回は1月20日となりますが、参加はオンラインからのご予約をお願いします。

 

 

グループエクササイズ “からだのがっこう”

多くの方は早い変化を求めるかもしれませんが、これは1年かけてからだと向き合うためのグループレッスンです。

 

基本的なからだの整え方、動かし方から学び、1年後の新しくなった自分に出会うのが目的です。

 

グループエクササイズ “からだのがっこう” は3クラス(月2回)を開設します。

 

木曜日 13:00 〜 14:30

金曜日 19:00 〜 20:30

日曜日 10:00 〜 11:30

できれば月に2回参加してほしいのですが、都度参加もOKとします。

 

スケジュール詳細についてはこちらのカレンダーをご覧ください。

なお、1月は第3週の17日が初回となり、お申し込みはこちらです。

 

また、ワークショップや講師依頼などのご依頼がありましたらお早めにご連絡ください。

年末年始の営業について

年末年始の営業について

もう少しで今年も終わりますね。

 

今年もいろいろなことがありましたが、皆様にとってはどんな1年だったでしょうか。

いいこともあったり、悪いこともあったりしたと思いますが

 

一年の締めくくりは風邪など引くことなく、からだの痛いところもなく

 

美味しいものを食べて、暖かく笑顔で過ごせるといいですね。

 

スタジオの営業は、12月28日(金)が最終となり

 

年始は1月7日(月)からとさせていただきます。

 

これからは一段と日没も早くなり、暗く、寒い時間が多くなります

 

不調の原因になりますので、寒さで肩を竦ませたり、お腹を縮めて俯き加減になったりからだを縮こめないようにして過ごしてくださいね!

 

もしからだに何かトラブルがあったら、いつでも頼ってください。

 

新年が明けてから、グループワークも始まります◎

 

ゆっくりと時間をかけて、自分のからだで学びを深めましょう!  

動きをトレーニングするためのクラスはじめます。

からだが動くときこそ安定していたい

からだを横たえて静止していれば、からだは整うでしょう。

 

しかし、私たちはからだを動かして生活しています。

 

大切なことは、ベッドに寝転がったときだけ安定していることではなくて

 

仕事をしていて、スポーツをしていて、日常生活を送っていて、動きの中でからだが安定していることではないですか?

 

いくつになっても好きなことを続けていられるよう、アクティブなからだでいることではないですか?

 

自分のことを誰かに任せるのをやめて、責任を持って自由なからだを手に入れてみませんか?

 

動きを鍛える

来年、1月よりグループエクササイズのクラスを始めます。

 

このクラスは1年かけて、からだの動かし方を学び、今よりいい状態にすることを目的にします。

 

わかりやすく言うと、1年かけて2歳以上若返るためのクラスです。

 

例えば、腰痛や肩こりなどの不調がある方は、それを解消することを

 

スポーツをはじめ、からだを使って表現する趣味をしている方であれば、今より良いパフォーマンスが発揮できるようになること

 

自分だけが感じるからだの変化ではなくて、他人から見てもわかる変化をしたいのです。

 

 

鍛えるためには、からだを「整えて」動きを「繋げる」

クラスでは動きをとおして、柔軟性の向上、バランス能力向上、筋力アップそして体幹力の強化を図ります。

筋肉の量を増やすわけでも、大きくするわけでもなく、基本的なからだの使い方を学びます。

 

トレーニングはしているけれど効果を感じにくい方、これからトレーニングを始めたい方、

 

スポーツや、楽器を演奏、ダンスなどをやっていて、もうひとつ上のプレーをしたい方

 

姿勢が悪くて悩んでいる方、加齢による体力の低下を感じる方、術後のリハビリをもう少し続けたい方

 

農業や林業などからだを使う仕事をしている方、睡眠不足や疲労がたまってからだがガチガチに感じる方、、、など

 

ゆっくり時間をかけてからだを動かすことで、今より状態を良くしたい方ならどなたでも参加いただけます。

理論と体感、あたまとからだで理解を深めて、自分にとってかけがえのないからだを作りませんか?

 

からだをみる

からだを見る、観る、診る、看る

 

「みる」というのは色々あるけれど、相手とコミュニケーションをとるときに、その人がどこか一点を凝視していたら、

 

この人とはちょっと会話しずらいなと思うのではないでしょうか。

 

これはトレーニングやコンディショニング、ヨガやピラティスなどのエクササイズや、セラピーなども同じで

 

どこか一点にしか目が行かなくなると、からだ全体が見えなくなります。

 

それはインストラクターにも、参加者にも言えることなのです。

 

レッスンの時に「あぁ今日帰ったらあれやらなきゃな…」なんて考えていたら台無しです。

 

せっかくからだを良くするためのヒントを見逃すことになります。

 

『木を見て森を見ず』という諺がありますが

 

私たちのからだは、腹筋や(不思議な名前の)インナーマッスルだけで動いている訳ではありません。

 

自分で思ったようにからだを動かせるように “連動” を作り出すことに集中したり

 

論理的に考えながら、からだで感じたことに正確に反応してみたり

 

表とか、裏とか、右とか左とか、そんな単純なことではなく、もっとからだの動きを全体的に捉えながら「観る」ということに意識を向けてみませんか?

ちなみに冒頭の写真は、開脚ができるようになるために

 

徒手療法を用いて、背骨へと介入しているところです。

背骨は、あたまから足まで力を伝え、構造を支えていますから

 

背骨が動かせるようになるということは、安定した状態で四肢を自由に動かせるようになるということです。

 

わかったような気にさせてくれる便利なことばを使った、体幹トレーニングではなく

 

しっかりとからだを捉えることができる、動きのトレーニングでじぶんのからだと向き合ってみませんか。

からだの歪み

骨盤の歪み

からだの歪みと聞くと、

「ぎくっ」と感じたり、「あ、わたし!!」と思う方も少なくないのでは…??

 

なかには「骨盤が歪んでる!」と不調の原因であることは推測しているけど、

 

自分ではどうにも出来なくてと訴える人は多いように思いますが、このブログを読んでいる方はどうでしょうか?

 

からだが歪んでいる人、歪んでいない人

からだの歪みを気にするということは、歪んでいない状態を知っている必要があります

 

では、最後にからだが整っている(歪んでいない)と感じたのはいつで、どんな状態だったか思い出して下さい。

 

おそらく、誰も、からだが整っている状態というのを感じたことがないのでは…?

 

そもそも生まれてからハイハイや掴まり立ちをして、私たちは二足歩行を始めたわけですが、どの状態でそのバランスが整ったのでしょうか?

 

あるいは、臓器の位置が左右対称でなかったり、

 

利き手利き足など日常的にからだを動かす上でも左右差があるし、

 

衣服やアクセサリーなど身につけるもので左右の質量が変わってしまうのに

 

「からだの歪み」を気にするというのは、なんだか荒唐無稽だと思いませんか?

 

動きを不自然に止めてしまう力

そもそも骨盤を代表とする「骨」も、それらが動かないことには、からだに力が伝わりません!

確かに、筋肉はちからを発揮しますが、骨にひっついているからできることなのです。

 

仮に、筋肉だけが動いても、動きを伝える関節で骨が自由に動くことができなければ、ちからを伝えることはできないので

 

「骨盤の歪み」というのは、筋肉が長期にわたって固まって、

 

その結果、骨盤(骨)が左右非対称になってしまい、本来あるべき動きの範囲から、骨の位置がずれてしまった状態が継続されることとされる。

 

よって「からだの歪み」は、筋肉の異常な収縮が原因であるということになる。

 

からだに無意識に力が入ることによって、歪みが生じるのであれば、その力みを抜いてやることが歪み改善のためにすることであって

 

そうすると筋肉を収縮させることではなく、筋肉を伸展(弛緩)させることが、

 

骨を不自然な位置で固定していることから解放するための方法であって、からだの歪みを改善する方法でもあるわけです。

 

安定するためには “固めない”

からだ(の筋肉)を固めてしまうことで、私たちは自分でからだを動きづらくさせている。

 

安定した状態というのは、固定された状態ではない。

 

不安定な状態の中で、柔らかく力強い動きの連動によって変化に対応できる能力が、安定を作り出すからだ。

筋肉は固めるのではなく、自由に動かせるように、からだが拡がっていく

 

そんなイメージを持ってからだを動かし、変化を感じれる頃になると、からだの歪みに対する捉え方も変わってきているに違いない。

 

どんなことを表現しようとしていますか??

表現をするからだ

からだは自分が意識している以上に、何かを表現している…のではないでしょうか。

 

先日の小学校での特別授業でも、今日の「親子で楽しくからだを動かす魔法」のワークショップでもこんなことを考えていました。

からだを鍛える、トレーニングする、コンディションを整える…

 

いろんな表現がありますが、どれも「その人がやりたいことを、気持ちよくできるように」アプローチすることには違いありません。

 

場合によって、やりたいことを達成できなかったり、人によっては合う合わないがあったり、目標設定や本人のモチベーションによって達成するまでの期間に違いもあったりすると思いますが

 

目標を達成するまでのプロセスはからだに動きとして記憶されます。

 

言い方を変えれば、原因と結果というひとつの経験ということです。

 

腰が痛い人は腰が痛い姿勢をしていて、便秘がちな人は便秘になりそうな生活習慣を送っているということ。

 

引っ込み思案な人は、どこか背中が丸くなって顎が出ていたり、怒りっぽい人は、お腹やお尻など常にからだが硬直するほど力が入っているということです。

 

 

あなたのからだはどんなことを表現してますか?

今、あなたの身体はどんな状態ですか?

どんな姿勢ですか?

 

呼吸は深いですか?浅いですか?しっかりお腹が膨らんでいますか?

 

気持ちは落ち着いていますか?そわそわしていますか?

 

からだに不調や痛みはありますか?

 

あるとしたら、それはいつ頃から?どのあたりがどのように?

 

転んだ時の傷が消えても、記憶が残ってたりするように、

 

記憶には残らない些細なことも、積み重なるとゆっくり確実に蓄積していき、やがてそれはからだによって表現されます。

 

多面的にからだを捉えていますか?

私たちは目が前にあるので、どうしても正面ばかり気にしてしまいます。

 

なので、横や後ろからからだを見た時、どんな風に動くかをイメージできる方のほうが少ないのではないでしょうか。

 

だから「後ろ姿がきれい」と言われると、ちょっと嬉しく感じるのではないでしょうか。

 

もちろん、からだを多面的に捉える=後ろ側の身体意識というのは短絡的すぎますが

後ろ、横、斜め、上下、左右、さらには内外とあらゆる位置から、動きをイメージができた方がより多面的であり “からだに対する意識が高い” ということが言えると思いますし、

 

からだに対する意識が高まると、感じることが変わり、表現することが変わります。

 

例えば、演奏をしているときにからだが動くのと、動かないのでは、伝わり方に大きな変化が現れます。

スポーツ、武道、アートなど…

 

私たちの身体活動は「思い通りにからだを動かすこと」ができるかどうかで、受け手の印象が変わります。

 

鏡を見ながら観察したり、動画を撮影するなど、自分では見ることの出来ない視点(他人はの視点)から自分を見ると、

 

自分が知らない間に創り出した「思考や動きの型枠」に気づくことがあるかもしれませんし、

 

そのことで立体感が得られたなら、からだからはこれまでと違った表現をするようになるかもしれません。

 

あなたのからだはどんなことを表現しようとしていますか??