体育の特別授業

今年も、高知県宿毛市にある小高い山の上にあるかわいい小学校で、キャリア教育の講師として声をかけてもらったので、体育の特別授業を行ってきました。

 

この小学校へ行くのは今年で3度目ですが、不思議と気持ちが落ち着くので毎年の楽しみだったりします。

 

毎年新しいことにチャレンジしてもらうようにしていますが

 

今年は「運動神経のいいからだ」になるための、からだの動かし方と理論を紹介しました

運動神経のいいからだというのは、筋肉が柔らかくて、力の出し入れを自在にでき

 

グミのような弾力性がある状態であることです。

 

そのためにはまず、からだに力を入れてギュッと硬くするのではなく、力が程よく緩んで張力が保たれた状態で、いつでも動く準備ができている状態に気づくことです。

 

からだは心(精神)に影響されますし、その逆もまた同様です。

 

例えば頭痛があって、なんだか気持ちまでイライラしてしまったということはありませんか?

 

または、すごく怒っているときにお腹にギューっと力が入っていたことはありませんか?

 

私たちのからだは知らないうちに、外部からの刺激(ストレス)に対して勝手に反応してしまいます。

 

黒板を爪でキーッと引っ掻いた音を聞くと、読むだけでも肩をすくめたくなりませんか?

 

と、こんな風にからだがどう機能しているかを知っていたら、

 

その性質を利用すれば簡単にからだを(反応がいい状態に)変えることができるです!

 

本質に近づくための目標と評価

授業では、今日の目標である「からだの柔らかさ」について説明をし、それを評価するための方法を紹介して、身近なもので行うエクササイズに触れていきました。

 

幡多青少年の家で行っている親子ワークショップでも、同じようなエクササイズをしていますが

 

子どもから大人まで、誰がやってもからだのパフォーマンス(柔軟性や強さバランス能力など)が高まることは、何かからだの本質に触れているから…だと思っています。

 

今日も、子どもたちより先生方の驚きが面白かったですが、こんなことでからだが変わるということを理解してもらえたら、先生からも2次、3次的に想起させることができるので、またの訪問が楽しみです。

 

おまけ

特別授業のあとは、お昼ごはんに給食をいただいてなんとも不思議な感覚に…

 

ごはんと牛乳。

 

子どものころは何も思わなかったけど、これってすごく不思議だと思いませんか?

 

だって定食屋でお茶の代わりに牛乳が出てきたら「え??」ってなりませんか?

 

ごはんと牛乳の組み合わせは、学校の7不思議に数えられるかもしれませんね。

まちあそびリアル人生ゲーム

商店街を舞台に人生ゲームで遊ぼう!

誰もが一度は遊んだことがあるんじゃないかと思う”人生ゲーム”

 

12月22日、その人生ゲームを実際の街でやってしまおうというイベントをやります

 

舞台となるとは、土佐の小京都として知られる四万十市中村の商店街

ルーレットを回して、出た数字だけ進み、普段はなかなか入らない面白い店を見つけたり

 

参加チームのメンバーで盛り上がったり、子どもと一緒に楽しめる面白そうなイベントです。

 

子どもと一緒に、住んでいる街を再発見!

今日は、このイベントに関わっているたくさんの方々が集まって最後の打ち合わせがありました。

主体となって動いてくれているのは「四万十玉姫の会」の方々で、それをサポートする形で県や市をはじめNPOなどの機関、そして本家本元のタカラトミーも加わっています。

 

このイベントの趣旨としては、商店街に人が集まるというのはもちろんですが、

 

昭和に育った私たちが子どもの頃、商店街である夜店や屋台に行くのが楽しみだったように、

 

商店街という場所で楽しい思い出を親子で作って、自分の住んでいる街を再発見してほしいというものです。

 

 

参加受付は先着300チーム、空きがあれば当日申し込みも可能です!

 

最近ではニュースやwebメディアでも話題になっていましたね

冬休みになったお子さんとその友達を引き連れて参加してみてはいかがでしょう!

 

ボディワイズも参加店になっていて、当日はこれまでにやったことのない新しいことにチャレンジしたいと思いますのでお楽しみに!!

 

あ!! ゲームが終わって上位チームには豪華商品が当たるみたいですよ!!

ヨガレッスン、始まりました!

レッスンスタート

今月からスタジオでヨガのレッスンが始まりました。

現在はネット告知だけなので、まだまだ伝わっていない人がいますが

 

こうしてゆっくり確実に広がっていくといいな〜と思っています。

 

ボディワイズは小さなスタジオなので、少人数で丁寧に教えてもらえるのがオススメのポイントです!

ヨガをするのが初めてでも、安心して参加していただける環境だと思うので

 

来年に向けて、今年のうちにできること始めてみませんか?

 

ゆくゆくはレベル毎のクラスができたり、いろいろな先生のクラスがあったり、

 

たくさんの方に、さまざまなアプローチでからだと向き合う方法を発信して行けるようゆっくりじっくり育っていきたいですね!

 

今日は都合で参加できなかった方は、来週もあるのでぜひご参加ください。

 

FUMIE先生、今日はどうもありがとうございました!

トレーニングについて、多くの人が間違っていること

からだを変えるために一番大事なこと

努力すること?

忍耐力や継続する強い意志?

 

自分のおかれている環境?

 

どれも正解だとは思いますが、一番大事なことは

 

自分の頭で考えること

ではないでしょうか。

 

だって、筋トレするときに出てくる「○kgで、○回を、○セット」って謎だと思いませんか?

 

かつてはそういう指導をしていたこともありますが、今は何を以ってそれを決めているのかわかりません。

 

もちろん競技でウエイトリフティングをしているとかなら、1RMを計測したのちにそうした値が決まってくるのもわかりますが

 

健康づくりのために、からだを変えるためにやっている人に、「何キロを何回…」というのはちょっと違うんじゃないでしょうか。

 

仕事や暮らしや、痛む部位や、症状なんかが違うのに、あの人はこうだったから…

自分のからだなのに、そんな適当なこと他人に決めさせちゃっていいんですか?

 

 

トレーニングは、からだの動かし方を学ぶための訓練だ

残念なのは、トレーニング=筋肉を大きくする、と思われていることです。

Training を辞書で調べてみてください「訓練」と書かれていませんか?

 

筋肉のトレーニング(訓練)の目的が、筋肥大でいいんですか??

 

あるいはトレーニングをしても、からだに変化がないのに満足してるんですか??

 

だとしたら、「痛みなく自由に動かせるからだ」よりパーツを交換できるヒューマノイドを目指した方が快適そうですね。

筋トレ、すなわち筋肉の訓練とは、からだを自由に動かすための訓練で

 

動きは、試行錯誤して、やっと生まれるものじゃないですか?

 

それを忘れないように繰り返し繰り返しおこなって、身に着くものだと思うのです

 

だから、筋肉を大きくすること(脂肪を極端に減らすこと)だけをトレーニングのゴールに設定しないようにして欲しいのです。

 

また、トレーニング成果を時間的に捉えるということは、成果はトレーニング量に比例して上がると期待している古典的な思考ということになりますから、

 

長時間トレーニングをして成果が現れるなら、ブラック企業はよほど成果が上がるのでしょうね。

 

でも実際はそうじゃない! 質なんです。

 

安かろう悪かろうって言うじゃないですか、トレーニング時間が長ければ集中なんて続かないんですよ。

 

集中の続かない惰性でやっているトレーニングなんて、何の役にも立ちません。

 

トレーニングの質については、練習の質はもちろんですが、トレーニー(被訓練者)の理解度と集中度が大切になります。

 

与えられた課題が全て正しいとは限らないし、毎回同じような展開になるスポーツなどありませんから、

 

その場で、瞬時に、これまでの日常動作から

ベストチョイスを無条件で選択する必要が、ずっと続くからです。

 

咄嗟にからだを動かせるようになるためには、その動きの有用性や関連性など、物事の摂理を理解しようとすることが欠かせません。

 

何より、非日常的なことへのチャレンジなのですから集中することなしにはできないはずです。

 

 

動きの本質に迫る!

先日、黒潮町総合センターでのグループエクササイズのワンシーンです。

この日は「バランス良く力を出す」と言うのがテーマでした。

 

なんとなく解る気もするけど、説明しようとしてもなかなか難しいんじゃないでしょうか。

 

僕の行うグループエクササイズでは、この動作を何回何セットといった古いことはしません。

 

動きに対して回数の設定をしないばかりか、エクササイズの時間と動きの説明をする時間が同じぐらいになるときも。

 

だって、理由がわからない動きなんてできっこないじゃないですか。

 

それにいくら効果があると言われても、思考を伴わない動作は少したったら記憶から抜け押しますからね。

 

毎回テーマを設けて、はじめに今日の目標を話して、動きのトレーニングを行なって、板書のプリントまで配っても家でやってくる方はわずかなんですから…

 

からだを変えるためには、心もからだも「今」に集中して、自分が何をしているのかを明確に捉えて、頭とからだで理解度を高めるトレーニングを行う必要があるのでは…ないでしょうか。

 

訓練の成果について、ただの数字によってのみ評価すべきではないと思いませんか?

LINE@で友達になる

Youtubeを見てトレーニングが面白そうだなと思えたら、ひとまずLINE@で友達になっておきませんか?営業時間内なら個別でメッセージ対応いたします。

徒手療法 〜変形性膝関節症への対応〜

変形性(膝)関節症

変形性の関節症の多くは、正しく力を伝えることができないことが要因になっている。

 

変形性膝関節症である方の場合、自由関節である膝に変形が現れるので、

 

股関節から伝わる質量(重さ)が性格に足の裏に伝わっていないことが原因になる。

 

基本的に、クライアントによってアプローチ方法が異なってくるが

 

運動療法でも徒手療法でも、股関節と下腿(膝より下の部位)そして背骨へのアプローチが考えられる。

 

決して太腿にアプローチはしない。

 

またコンドロイチンなどのサプリメントにも頼らない。

必要なのは、からだの中での重力への正しい適応である。

 

 

股関節の機能を邪魔するやつ

深層外旋六筋は、股関節の外旋(つま先を外へねじり開く動き)をコントロールする筋肉群の総称で、大腿方形筋(だいたいほうけいきん)、梨状筋(りじょうきん)、内閉鎖筋(ないへいさきん)、外閉鎖筋(がいへいさきん)、上双子筋(じょうそうしきん)、下双子筋(かそうしきん)という名前も聞いたことがない筋肉のことをいう。

 

わかりやすく言うと、

 

学校で習った「気をつけ」の姿勢をとったときに、ぎゅっと硬くなる部分だ。

 

名前も聞いたことがなければ、場所もわかるはずがなく、場所がわからないから動かし方もイメージできない。

違った方向から捉えると、動かし方を知らない=固まった筋肉ということになり

 

良い姿勢を取ろうと四六時中、ぎゅっと力を入れて固めていた筋肉ということになる。

 

お尻は外から固めてもいびつな形になってしまうので、外からではなく、内側から膨らませることでお尻はきれいな曲線を描けるのを想像すると、股関節の正しいポジションが解りやすいかもしれない。

 

つまり「お尻」をどう捉えるかで、股関節より下の脚の捉え方が変わってくるということになる。

 

 

深層外旋六筋への徒手療法(セラピー)と運動療法(エクササイズ)

股関節の機能を正常化するためには、2つの方法がある。

 

ひとつは徒手(カイロプラクティックやマッサージなどのように手を使う技術)によるアプローチで

からだの地図の新しいエリアを覚えるような感覚で、部位と動きをからだでしっかり感じてもらうことが目的になる

もうひとつが運動によるアプローチで

正しい動作を習得するために反復してエクササイズを行い、からだを新しい動き方に適応させることが目的になる

これまで動いてなかった(動かせていなかった)からだに気づきを持つことと、その気づきを継続させるため、意識的にからだを動すこと。

 

からだは徐々に変わっていったのなら、良くなるのにも相当の時間がかかる。

 

そのために必要なのは、病院に行くことでも、サプリを飲むことでも、がむしゃらにトレーニングをすることでもなく、

時間をかけて、からだを理解し、新しいことを学びながら、真剣にからだと向き合うことではないだろうか。

 

 

見えないものが信じられますか?

見えないものが見える川

NHKスペシャル「見えないものが見える川~奇跡の清流 銚子川~」2018.11.11放映

川の流れの中に違う流れがあって、水は地中を通ることによって浄化されているらしい

からだの中にも同じように無数の流れがあるのを想像できるだろうか。

 

からだには物理の法則が当てはまる

上から下へ、下から上へとからだにも無数の流れがある。

 

その流れの源流はどこなのだろうかと考えていると、古典物理学の限界にたどり着く。

 

そこで新たに生まれたのが量子物理学で、この世界の物質は粒と波の性質を持つとしている。

そして近頃、陽子の質量は小さな小さな素粒子の反応だったということが判明した!

 

主観と客観、そして体感

目には見えないけれど、私たちのからだを構成していて、私たちのからだに影響を与えているものと

目には見えていて、私たちと同じように物質として存在するけれど、私たちのからだに直接影響を与えないもの

 

こうした見えるものと見えないものの関わりがわかると、もっとからだが自分にフィットしてくるんだと思う。

 

つまり、そのトレーニングやモチベーションが、

 

誰かに強いられているものではなく、自分から生まれたものであると言えることだ。

 

自分にフィットするからだは、自分の体感からしか生み出されない。

 

家族も、仕事も、暮らしもこんなにも違うのに、平均的になろうとするのではなく

もっと自分に合ったからだとの向きあい方ができるようになれば、楽になるのに

寒いときにこそからだを動かそう!!

寒いからこそからだをアクティブに

 

あっという間に師走になってしまって、気がつけば今年は残すところ31日!

今年は暖冬ですが、これから急に寒くなってくると、

 

肩がすくんだり、お腹にちからが入ったりしてからだが縮み、呼吸が浅くなります。

 

呼吸が浅くなると口呼吸になって、より風邪などをひきやすいコンディションになってしまいますし、何より疲労が抜けにくくなります。

ゆっくりと深い呼吸で自分のからだを伸ばしたり膨らましたりできるヨガや、ストレッチなどのエクササイズが有効です。

 

ヨガレッスン

スタジオでは、12月5日と12日(水)の午前中にヨガレッスンがあります。

レッスンを行なってくれるFUMIE先生は、関西(京都・北山)でも活動をしていて

 

たくさん経験もしているので、楽しそうなヨガレッスンになりそうです

 

お一人様でも、初めての方でも安心して参加していただけます。

 

今年、ヨガを経験することで2019年は新たな何かが拓けるかもしれませんよ!

 

グループエクササイズ

来年から、1年かけてからだを変えるグループレッスンを始めますが

どんなことをやっていくか、体感してもらえるように「体験クラス」を行います。

日程:12月8日(土)15:00〜16:00 

定員:8名

料金:¥1,000- 

申込:予約ページより

文字や言葉では伝えることができないものを、体感しにきてください!

 

もしご要望などありましたら、LINE@でメッセージください。

他にもちょっと面白そうなワークショップや、たまに届くお知らせを受けとりたい方はLINE@で友達になってくださいね☆