2019-01

BODYWISE

からだ、独立していますか?

感覚と動きのズレについては、意識的に上書きをしなければならないのですが、このときにこれまでの習慣が邪魔をするわけです。
BODYWISE

卒業することを目指す

楽をして何かが変わることはありません。 変わったとしても「少し」の変化で終わるでしょう。 これまで色々やってダメだったこと、新しく慣れないことにチャレンジすること いろいろなことがありますが、何事も大きく変化するときは「大変」なのです。
BODYWISE

寒い日は、日向ぼっこをしながら本を読もう

じっくり本を読む時間がとれそうなので、気になっていた本を数冊まとめ買いしましたが、専門書の類になります。まずは解剖学者 三木成夫さんの著書ですが、着眼点が面白いんです。はるか昔に、生と死の中でからだ全体をシステムとして捉えていた方がいたのは驚きですし、さまざまな視点から人のからだを捉えた素晴らしい本でした。
BODYWISE

からだの歪みの正体とは…

からだを固めるということ、特に筋肉を固めるということは重心の移動ができなくなるということになりますから 重心移動ができない動く物体は、動く(歩く)たびに、その反力がからだの中にひずみとして残ってしまうということが言えるのです。 つまり...
BODYWISE

からだの話:骨盤と呼吸

骨盤について、それを構成する「腸骨」「恥骨」「坐骨」それぞれの役割と働き、それらがどのように連動してどのようなシステムとして機能しているか、それによってからだがどう変化するか興味がある方は、からだの話に参加してみてくださいね!
BODYWISE

新しいシーズンが始まりました!

骨盤と呼吸の話についてはまた後日改めてエントリーを書きたいと思いますが、からだのことについて3時間じっくり話を聞いてみたいという方は、ぜひワークショップにご参加ください。
BODYWISE

「脳」をアップデートすれば1分でからだは変わる

僕のオリジナルアプローチで、三半規管に対するワークです。ただ筋肉を動かすのじゃなく、脳-神経をハックすることでからだの動きを変える。
BODYWISE

骨盤を締めようとすることで生じる悪循環、おなかはポッコリ膨らんでたい!

考え方を変えてみましょう! 一般的に骨盤を締めるということは、左右2本ある足(軸)を1本になるかならないかぐらいに締めるという行為をさします。 昔、学校で習った「気をつけ」の姿勢です。 脚の(骨格的な)始まりは股関節ですから、骨盤を締めるという行為で2本ある軸を1本にし、そして不安定になるのです。
BODYWISE

お尻はギュッとしているより、ぷりんっとしてた方がかんたんに開脚ができる。

股関節は、背骨から膝まで影響を与える大きな関節だからこそ、 特的の筋肉を緊張させることなく、全ての筋肉がリラックスした状態で、 つまり、立ったばかりの子どものようにお尻がプリンとした状態でいたいのです。
タイトルとURLをコピーしました