暮らしのなかにエクササイズを

日常がトレーニングでありたい

不健康な食事をし、不健康な生活を送り、そのツケを払うかのようにジムで運動に勤しむ。

なんだかとても効率が悪い気がするのですが、どう思いますか??

 

1日は24時間、睡眠時間が8時間だとしたら、起きている時間は16時間。

8時間〜10時間が労働時間だとして、残りの6時間で食事をして風呂に入り、通勤をして自分のプライベートな時間があって…

 

ジムで運動をする時間なんてありますか??

 

そもそも、運動しようという意欲は湧いてきますか??

 

田舎と都会では暮らしのモデルが全然違う

都市部の沿線の街なら、駅近にジムがあって、女性専用やフリーウエイトが充実していたり、プールが充実していたり、あらゆるニーズに対応できるのかもしれませんが…

違和感満載のイメージ写真w

車で移動するのが基本の田舎ではそうはいきません。

移動距離が長いのが田舎

平均すると30分から1時間程度の通勤時間になるでしょうし、聞いた話では、中には片道2時間の運転で通勤をしている方もいるそうですから、睡眠時間を削りでもしない限りなかなかジムで体を動かすということは難しい。

 

もちろん一所懸命努力している方がいるので、できない訳ではありませんが

よっぽど強い意志で取り組まないと、よほどのことがない限り三日坊主になる可能性の方が高いのではないかと思います。

 

田舎だからこそ、田舎でしかできないこと、田舎での強みを出す

だからこそ、エクササイズ的要素がある暮らしを日常にしたい訳です。

 

ありきたりではあるけれど、実益を兼ねて畑をしてみるとか…

 

良い姿勢で過ごしてみるとか、できるだけ脚を使って稼いでみるとか…

そもそも移動に時間がかかり、運動するのに割ける時間がないから「自宅」

あるいは誰かに教えてもらうことなく「一人」でできるようになりたい訳です。

 

それこそやる気がある人だけになってしまうのですが…

 

一人でやるために、自宅でやるために必要なこと

やる気はめちゃくちゃあるんだけれど、やってもやっても結果が伴わない。

そのうちにやる気が出なくなって…

そんなことがあるのではないでしょうか。

そこで一つ考えて欲しいことがあります。

それは..

やる気と結果は一致するのか?

ということ。

仕事でもなんでも、やる気があれば結果が出ると考えがちですが…

やり方を間違えると、思っていた結果とは程遠い結果に終わることがあります。

やる気はもちろん大事ですが、やり方はもっと大事だということです。

その方法が明確であればあるほど、結果に反映されるということになります。

つまり全ては、やり方(HOW TO)なので、そのやり方を身に付けたいのです。

 

体幹と四肢をつなぎ正しくからだを動かす方法

これまで独自に臨床を重ね、数々のからだの変化を促したオリジナルメソッドを

今週末、高知市で開催されるカーニバル00で、お伝えしようと思っています。

国内でまだ誰も言っていない、どの雑誌にも書かれていないオリジナルメソッドです。

興味のある方はぜひ会場に足をお運びください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう